fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



「トリスタンとイゾルデ」 METライブビューイング その3
メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)制作のオペラ生演奏の映像のリアルタイム配信事業
【METライブビューイング】 での
リヒャルト・ワグナーの壮大オペラ 「トリスタンとイゾルデ」 レビュー3回目。

【第三幕】

第二幕の最後に、メロートと闘い剣で刺され倒れたトリスタンであったが、命は取りとめて居たようで、自らの領地に戻っている。(このオペラには、領地に戻る描写は無い)
瀕死の重傷だと言うのに、良く帰って来られたものだ。
それは、さておき、
瀕死のトリスタンは、名医・イゾルデを待っている。
その瀕死の歌がまた長々とした心理描写。
ようやく、イゾルデがやってくるが、後を追うようにマルケ王が部隊を引き連れて進軍してくる。
トリスタンの従僕・クルヴェルナルは、マルケ王がトリスタンを追討するために攻め込んできたものと思い、抗戦の準備に取り掛かる。
ところが、マルケ王は、トリスタンとイゾルデが逢引していたのは、ブランゲーネが調合した「愛の妙薬」の為せる技だと聞き、彼らを許すために来たのだった。
 しかし、マルケ王がトリスタンとイゾルデの前に現れたときには既に二人は息絶えていた。
ここで、全3幕が終了。
*****************************
上記は、私が感じ取った内容であり、正確さは保証しかねます。
で、
瀕死のトリスタンが息絶えたのは致し方ないが、イゾルデがなんで息絶えたかは良く解らなかった。

休憩もいれて5時間15分のオペラビューイングだったが、楽しめたのは、幕間のインタビューと舞台裏探訪の方だった。

正式な?ストーリーは、「Wikipedia」
マニアによる解説は、ここをクリック

 【METライブビューイング】 公式サイト(松竹)は、ここをクリック 

 ワーグナー『トリスタンとイゾルデ』
世界でもっとも有名なワーグナー・ソプラノのひとり、デボラ・ヴォイト(ソプラノ)が、イゾルデをメトロポリタン歌劇場で初めて演じます。相手役に迎えるのは、アメリカ人テノール歌手ベン・ヘップナー。ジェームズ・レヴァインの指揮により、ワーグナーの美しい愛と死の物語をお楽しみ下さい。

[指揮]ジェームズ・レヴァイン
[演出]ディーター・ドルン
[出演]
イゾルデ:デボラ・ヴォイト
ブランゲーネ:ミケーレ・デ・ヤング
トリスタン:ロバート・ディーン・スミス
クルヴェルナル:アイケ・ヴィルム・シュルテ
マルケ王:マッティ・サルミネン 


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

【その2】は、ここをクリック

関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック