fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



現代版 「蟹工船」 闇の密漁組織  クローズアップ現代
 国谷裕子さんがナビゲーターを務める良質の番組「NHK・クローズアップ現代」が『密漁問題』を取り上げていた。

 このブログでも以前、小林多喜二の「蟹工船」が、非正規労働の若者の共感を得て読者が広がっていることを書いたが、それはキャノンやトヨタなどの史上空前の利益をあげている企業やその下請け、あるいはそういう大企業に派遣している『非正規・工場労働者」の中での話しだった。

 しかし、昨日の「クローズアップ現代」が取り上げた【闇の密漁組織】では、まさに現代版「蟹工船」そのままの話が紹介された。

 番組の中心テーマは、漁業者が栽培漁業として漁期や大きさを限定して漁業資源を維持管理しながら漁を行っているところを、密猟者が根こそぎ採り尽くしてゆくという問題であった。

 海上保安庁が全力で摘発を進めているが、密漁の広域化とあまりの多さに追いついていない事態も紹介されていた。
 漁業者で自衛組織を作って監視や「密漁」追い払い活動を行っているが、摘発する権限が無いことと相手が暴力団であることが解っているので安易に手出しできないジレンマを語っていた。

 その背景として、中国での日本産の安全な魚介類が高級食材として高額所得者に人気となっており、そこに目をつけた暴力団が、漁獲(密漁)⇒加工⇒流通⇒密輸⇒中国での販売の全てのルートを確保して“事業”を行っていることが紹介されていた。

 「密漁」という最初の不正を除けば、立派な事業だとも見える。

 現代版「蟹工船」と冒頭に書いたのは、その最初の『関門』である密漁に、仕事にあぶれている若者を酷使しているということにある。

 昨日の番組では10代後半から20代の若者が、日雇い派遣よりは『高収入』になることに騙されて非合法な業務をさせられているのである。
 紹介された漁獲対象は、ナマコやアワビなどで、漁獲後直ちに加工するということであるから、「カニ」が「ナマコやアワビ」に替わっただけで、まさに「蟹工船」の世界である。
 おそらく、カニ漁の季節には、文字通り「蟹工船」で無権李状態で働かされる若者も居るのであろう。

 こういう若者が自らの意志に関わらず、密輸や麻薬など非合法な仕事に手を染める有様は、TVドラマや映画でも見た覚えがある。

 国谷さんは、こういう事態を強く憂慮し、打開策を行政も一体となってとるべきであると話ていた。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

*******************************
NHK クローズアップ現代         2008年5月12日(月)放送

【闇の密漁組織】

今、全国各地の海で悪質な密漁事件が相次いでいる。その数はこの3年で1.5倍に急増。今年1月にも、島根と宮城で大規模な密漁グループが摘発された。漁業者によって保護されてきたアワビやナマコといった高級海産物を根こそぎにしようとする犯行の背後には、若いフリーターなどを操る暴力団の存在が浮かび上がっている。国は、今年4月に改正漁業法を施行し罰則を強化したが、人員や予算が限られる中で対応し切れていないのが実情である。相次ぐ密漁事件を手がかりに、高齢化し疲弊する地方の漁村で今、何が起きているのかを明らかにする。
(NO.2578)

スタジオゲスト : 足立 倫行さん
    (ノンフィクション作家)
スタジオ出演 : 太田 雅志
    (NHK松江局・記者)
関連記事

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック