FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



Terra Cafe 憲法 今日は『韓国平和の旅に参加して』
2019年3月19日(火)

毎週火曜日に福岡市中央区の光円寺・門徒会館で開催される
勉強会【Terra Cafe 憲法】の今日のテーマは韓国で100年前に起った
3.1独立運動の記念行事を視察した横田つとむ氏による写真を使った
『韓国平和の旅に参加して』でした。

二百枚以上の写真をスクリーンに投影しながら韓国で遭遇した人々や
イベントについて語りました!

なお、私はこの『韓国平和の旅』には参加していません。


20190319231147828.jpg
スライドを投影する前に説明する横田つとむ氏


20190319231150d09.jpg
写真を投影したスクリーン(あまり大きくは無いが充分見られた)


20190319231151559.jpg

参加者の皆さま(十数名の参加)

20190319231151353.jpg


2019031923115271d.jpg

**************

横田つとむさんの投稿からコピペ

テラ・カフェ憲法
あんくるトム工房 - March 20 [Wed], 2019, 1:44

3月19日 テラ・カフェ憲法では、下記のような内容でお話ししました。

2月28日から3月4日まで 韓国へ行きました。
旅行の目的は、①ソウルで3.1集会に参加すること ②板門店を見ること ③ソウル、大邱、プサンの街の雰囲気を感じ、地域の方々と交流すること 等でした。
板門店は 政治的理由で 残念ながら 立ち入りができず、臨津閣の訪問に変わりました。

旅程
28日 福岡から ソウルまで。 1時間半
    仁川 ソウル ユースホステルまで 2時間
    大気汚染 かすんでいる
    平和フォーラムに参加  
1日 ソウルで 3.1独立宣言の100年記念集会を見学。
   ソウルの街を散策  友人 金さん 木下さん  
   慰安婦のプラカードを持った女学生 慰安婦の少女像 
   仁寺洞 市役所前 大漢門 光化門広場
   夕食 焼肉 金さん李さん夫妻  
2日 漢江に沿って北上  川岸に有刺鉄線 
   約1時間で 臨津閣に着く。
   38度線の境界の川を見る。
   板門店には入れず 緩衝地帯パジェの営農地区で昼食 
   臨津閣から 大邱まで バスで5時間 
   夕食 交流会 協同組合の食堂 「バカの家」
人権派の弁護士 市民運動家 崔鳳泰(チェ・ボンタイ)さん
3日 大邱(テグ)から 陝川(ハプチョン)までバスで1時間
   陝川(ハプチョン) 原爆資料館 介護施設を見学
   陝川から 釜山へバスで移動 約2時間 
   釜山 強制動員資料館 見学
4日 釜山 少女像 徴用工の像 を見る
   釜山から 福岡へ 約1時間



関連記事

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック