FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



歌姫・ホイットニー・ヒューストンを追ったドキュメンタリー映画!
2019年1月22日(火)

 この前の日曜日(2019/1/22)、中洲大洋で【マスカレード・ホテル】を見た後、
KBCシネマに移動して15:20上映開始のドキュメンタリー映画
【ホイットニー】~オールウェイズ・ラヴ・ユー~
   (原題:WHITNEY)を見ました!

WHITNEY_20190120.jpg

 2時間ほどのドキュメンタリーですが、随分内容豊富でした。

 この手のドキュメンタリー映画の定番らしい方法で、
本人のコンサート映像やその前後の舞台袖の様子、
そして数多くあるプロモーション・ビデオ(PV)等を活用し、
本人没後に関係者へインタビューした映像を繋ぎ合わせた
ものでした。

その関係者へインタビュー部分が結構長く繰り返しも何度も有って・・・

しかし、私はケヴィン・コスナー主演の映画【ボディガード】で
ホイットニー・ヒューストンを初めて知ったような程度であり、
彼女の歌も余り聴いたことの無い状態で見たので私的には
結構興味深い部分もありました。

特に、ホイットニー・ヒューストンの母親が同じく当時一世を風靡した
エンターテイナーの シシィ・ヒューストンで、父親もミュージシャンであり、
母親に徹底的にしごかれ鍛え抜かれて、あの張りの有る美声と
息の長い『ロングトーン』を創り上げられたことが判りました。

薬物中毒で、48才の短い生涯を閉じたとのこと。

彼女だけでは無く、取り巻きの殆どが薬物常習者であったことが
描かれています。 
アメリカのポップス界は殆どみんな薬物に汚染されていたようです。

数十曲の楽曲の断片が次から次に出てきましたが、私が知っている
楽曲はほんの僅かでした  (-_-;) 。

観客は、30人前後だったように思います。


   【WHITNEY】公式サイト
     http://whitneymovie.jp/




   Movie Walker による作品紹介

 「ラストキング・オブ・スコットランド」のケヴィン・マクドナルドが歌手ホイットニー・ヒューストンの素顔に迫るドキュメンタリー。
 膨大な映像記録や未公開のホームビデオ、家族や友人らの証言を紡ぎ、ゴシップにとらわれることなく彼女の真の姿を映し出す。

【作品データ】
原 題 : WHITNEY
製作年 : 2018年
製作国 : イギリス
配 給 : ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES 
提 供 : 東北新社
上映時間 : 120分
公式サイト : http://whitneymovie.jp/

【あらすじ】
 圧倒的な歌唱力でポップス史上に名を残す歌姫ホイットニー・ヒューストンは、80年代から90年代の全盛期には、メディアを通して常に溌剌として眩いばかりの笑顔を弾けさせていた。しかし、映画「ボディガード」の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題や複雑な家族問題ばかりが取り沙汰されるようになり、48歳という若さで不慮の死を遂げた。メディアの前では陽気なスターだが、心の奥底は傷ついた少女だったホイットニーは、その複雑な感情をさらけ出し、波瀾万丈な人生と重ね合わせて歌にぶつけていた。世間に溢れたゴシップにとらわれることなく、膨大な映像記録を丹念にリサーチし、また初公開となるホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源とともに、家族、友人、仕事仲間などの証言を紡ぎ、彼女の知られざる素顔に迫る。

【出演者】
ホイットニー・ヒューストン
シシー・ヒューストン
エレン・ホワイト
メアリー・ジョーンズ
パット・ヒューストン
ボビー・ブラウン
クライヴ・デイヴィス
ジョン・ヒューストン
ケヴィン・コスナー
ケニー“ベイビーフェイス”エドモンズ

【スタッフ】
監  督 : ケヴィン・マクドナルド
製  作 : サイモン・チン 、 ジョナサン・チン 、 リサ・アースパマー
製作総指揮 : ニコル・デイヴィッド 、 パット・ヒューストン 、
   ウィル・クラーク アンディ・メイソン 、 マイク・ルナゴール 、
   ザンヌ・ディヴァイン 、ローザンヌ・コーレンバーグ 、
    ジョー・パトリック
撮  影 : ネルソン・ヒューム
共同製作 : ヴァネッサ・トヴェル
編  集 : サム・ライス=エドワーズ



関連記事

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック