fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



小津 2K デジタル修復版 【麦秋】を中洲大洋で見ました!
2018年11月30日(金)

おととい・11月28日、【SONG & DANCE】を見る前に
中洲大洋で、小津安二郎監督の1951年制作の映画
【麦秋】2K デジタルリマスター版を見ました!

201811301930220cf.jpg
(画像は公式サイトより)

先日、 NHK テレビでデジタル修復の様子が紹介されていましたが
ひとコマひとコマ手作業で(とは言えコンピューターですが)
修復して行く気の遠くなるような作業を続けるのでした。

この番組を見ていなかったら、この映画も見にこなかったと思います。

制作年・1951年と言うと私が生まれる前のこと。

その頃、既に東京には『高層』ビルディングが立ち並び、
ビルの間には多数の自動車が動き回り、
『コカコーラ』と云う飲み物も流行しているようでした。

『麦秋』と云う題名に因んだ風景は映画の最後に映し出される
田舎(劇中では『やまと』と呼んでいるのでおそらく奈良辺り)
の光景でした。

特に大きな波乱もない日常風景でした。

ヒロインは原節子さんで、淡島千景さんや杉村春子さんも脇を固めていました。

男性陣では、あの笠智衆さんが若いイケメンでした(笑)。
佐野周二氏も若い魅力的な上司を演じていました!

観客は二十数人ほどでした。
【麦秋】は、この日、1日だけの上映だったようです。


映画.com (https://eiga.com/l/n6yq)による作品紹介

小津安二郎 【麦秋】デジタルリマスター

【解説】
製作は「自由学校(1951 渋谷実)」「虎の牙」に次ぐ山本武。脚本は「宗方姉妹」と同じく野田高梧と小津安二郎との共同執筆。監督は「宗方姉妹」に次ぐ小津安二郎作品。
撮影は常に小津作品を担当する厚田雄春。
出演者は、「西城家の饗宴」の菅井一郎、「自由学校(1951 渋谷実)」(松竹)の笠智衆、淡島千景、杉村春子、高橋豊子、「白痴」の原節子、東山千栄子、「天明太郎」の佐野周二、「あゝ青春」の三宅邦子、「恋文裁判」の二本柳寛、「初恋トンコ娘」の井川邦子などである。

【ストーリー】
間宮周吉は北鎌倉に住む老植物学者である。
息子康一は医者で東京の某病院に通勤、娘紀子は丸ノ内の貿易会社の専務佐竹宗太郎の秘書である。
佐竹の行きつけの築地の料亭「田むら」の娘アヤは紀子と学校時代からの親友で二人共未婚であるが、安田高子と高梨マリの級友二人はすでに結婚していて、四人が顔を合せると、未婚組と既婚組とに対立する。
折から間宮家へは周吉の長兄茂吉が大和の本家より上京して来たが、紀子の結婚談が出る...
同時に佐竹も自分の先輩の真鍋という男との縁談をすすめる。
間宮家では、周吉夫婦をはじめ康一たちも佐竹からの話に乗り気になり、紀子も幾分その気になっているが、古くから間宮家の出入りである矢部たみの息子で、康一と同じ病院に勤めている謙吉が、急に秋田の病院へ転勤するときまったとき、謙吉こそ自分の結婚すべき相手だったことに気がつく。
謙吉には亡き妻との間に光子という三才の遺児があり、恒産もないので、間宮家では四十歳ではあるが、初婚で、善通寺の名家の出である真鍋との結婚を希望するが、紀子のたっての希望を通してやることにする。
紀子は秋田へ去り、周吉夫妻も大和の本家へ引きあげて行く。その大和はちょうどさわやかな麦秋であった。...

【作品データ】
製作年 :1951年
製作国 :日本
配給 :松竹
上映時間 :124分

【キャスト・スタッフ】

配役 : 役名
菅井一郎:間宮周吉
東山千栄子:しげ
笠智衆:康一
三宅邦子:史子
原節子:紀子
村瀬禪:實
城澤勇夫:勇
高堂国典:茂吉
淡島千景:田村アヤ
高橋トヨ:のぶ
佐野周二:佐竹宗太郎
二本柳寛:矢部謙吉
杉村春子:たみ
宮内精二:西脇宏三
井川邦子:安田高子
志賀真津子:高梨マリ
伊藤和代:矢部光子
山本多美:西脇富子
谷よしの:「多喜川」の女中
寺田佳世子:看護婦
長谷部朋香:病院の助手
山田英子:會社事務員
田代芳子:「田むら」の女中
谷崎純:冩眞屋

スタッフ
監督:小津安二郎
脚本:野田高梧、小津安二郎
製作:山本武
撮影:厚田雄春
美術:浜田辰雄
音楽:伊藤宣二
録音妹尾芳三郎
照明:高下逸男
編集:浜村義康
衣裳:斎藤耐三
監督助手:山本浩三
撮影:助手川又昂

関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック