FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



博多座【魔界転生】(上川隆也主演)を観ました!
2018年10月14日(日)

今日は、博多座10月公演【魔界転生】(ソワレ)を観ました!

20181015003420eca.jpg

四重の周り盆(博多座の回り舞台ではなく)を舞台の上に
設置した舞台装置。それぞれに同心円状のドーナツが付いていて
そのそれぞれがスロープ構成になっていました。

魔界の妖怪?の魔法?を表現するフライングも多用されていました!

他にはビデオ・プロジェクションを行うための数多くの
透視スクリーンが場面に合わせて昇降して魔法の演出を
行っていました。

ストレート・プレイの演劇とも言えず、ミュージカルでもなく
コメディーとも言えず、アクションプレイとでも言うのでしょうか?!

アンサンブルの男性陣は殺陣だけではなく、トンボ返りや側転
空中前転、バック転などアクロバティックな動き!

201810150034218d1.jpg

配役には松平健さんや浅野ゆう子さんら所謂大御所が居るのですが、
主役は、「島原の乱」の総大将・天草四郎【溝端淳平】でもなく、
柳生十兵衛を演じた上川隆也さんでした。

カーテンコールの挨拶で
昨日と今日の土日は、昼夜連続公演で2日で4公演で
このカムパニーでは『世界初』(笑)の取り組みだったとのこと。

この激しい演目を2日で4公演とは、さすがに言うだけのことはある!


演目の内容を予習せずに行ったのですが、
舞台は、『島原の乱』の始まりから徳川家光暗殺陰謀まで。

主に島原と長崎、そして幕府のある江戸です。

地図や戦闘の様子、部分的な解説などは映像で補完されます。

テレビ放映を舞台に移植したように映像が多用されていました!

17:00開演 21:00終演。中休み30分の長時間公演。

2018101500342260d.jpg


客席は立ち見席が出るほどで満席!
(座席に空きがある時は立ち見席は出さない)






・・・・・・・・・

博多座公式サイトより【魔界転生】作品紹介

堤幸彦 演出×上川隆也 主演で贈る退廃と混沌が渦巻いた山田風太郎の最高傑作! !

豪華絢爛、アクションとカルトとスぺクタクルの世界が融合した壮絶、壮大なエンターテインメント時代劇!

『魔界転生』は、1967年(昭和42年)に『おぼろ忍法帖』として単行本化された、山田風太郎の人気伝奇小説で、壮大なスケール、雄大な歴史ロマン、そして、奇抜かつ摩訶不思議な展開、時空を超えたアクション・エンターテインメントの最高傑作と云われています。1981年の映画化以降、舞台、漫画・アニメ、ゲームなど、数多くのジャンルでリメイクされた、山田作品の最大のヒット作です。その本作を、ドラマ『SPECシリーズ』、映画『20世紀少年』等、多くの名作を手がけた巨匠・堤幸彦が演出を手掛け、演劇界の重鎮・マキノノゾミが脚本を担当し、新たなるスペクタクル時代劇として再び甦らせます。
2014年に大ヒットした舞台『真田十勇士』を生み出した堤幸彦 演出×マキノノゾミ 脚本という強力タッグを迎えた本作。ド派手なアクション、変幻自在なフライング、プロジェクションマッピングを駆使し、実力と個性が冴え渡った華のあるキャストでスペクタクル時代劇の決定版『魔界転生』に挑みます。

【あらすじ】

徳川幕府に反発するキリシタン一揆が肥前国(長崎県)南島原の原城に立て籠もり、寛永15年(1638年)4月12日(旧暦2月28日)に幕府軍の総攻撃により、落城し、およそ3万7千人が惨殺されるという悲劇が起きた──。

やがて、「魔界転生」という死者再生の術によって、「島原の乱」の総大将・天草四郎【溝端淳平】がこの世に蘇る。
四郎は怒りと憎しみに燃え、幕府への復讐を決意する。

隻眼の剣豪・柳生十兵衛【上川隆也】は江戸の屋敷で、北条主税【松田凌】、小栗丈馬【栗山航】、戸田五太夫【丸山敦史】ら、配下の「柳生衆」たちと日夜、剣術の稽古に明け暮れていた。
幕府惣目付の父・柳生宗矩【松平健】は「島原の乱」後の視察を十兵衛に命じ、怪しい動きを見せる軍学者・由比正雪【山口馬木也】を息子・柳生又十郎【木村達成】に探らせる。
長崎に赴いた十兵衛は、「真田十勇士」の生き残り・根津甚八【村井良大】と出会い、捕えられていた四郎の姉・お品【高岡早紀】を救い出す。

一方、「魔界転生」の妖術により、荒木又右衛門【猪塚健太】、田宮坊太郎【玉城裕規】、そして宮本武蔵【藤本隆宏】まで、歴史に名を残す猛者たちが次々と甦る。
武蔵の呼び出しに応じ、宗矩は剣を交えるが、無念の想いから魔性の者に転生する。
四郎は大坂城に眠る淀殿【浅野ゆう子】の霊を呼び覚まし、遂に「魔界衆」としてこの世に姿を現す──。

錚々たる強敵が黄泉の国から転生し、魔物たちに対して、柳生十兵衛を中心とする勇猛果敢な「柳生衆」が立ち向かう。
十兵衛は魑魅魍魎が跋扈する悪魔の恐ろしい企てを阻止すべく、「魔界衆」と激突を繰り返す。
悪鬼として甦った父・宗矩と十兵衛との闘いの結末は?
四郎の本当の狙いは何なのか?
果たして、十兵衛は魔界衆を討ち滅ぼせるのか…?




関連記事
テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック