FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



韓国映画【1987、ある闘いの真実】をKBCシネマで見る!
2018年9月25日(火)

先日、KBCシネマで『沖縄スパイ戦史』を見たのに続いて
韓国映画【1987、ある闘いの真実】を見ました。

2018092420373090a.jpg


民主化運動を進める若者や宗教者の文字通り命懸けの壮絶な闘いと
全斗煥政権による運動家殺戮も含む弾圧のエゲツなさを描いた映画でした。

さすがに今の日本ではあれほど非道な大弾圧は不可能でしょうが、
戦前には共産党弾圧で殺害された人たちは小林多喜二を始め、
千数百人に及ぶと言われています。

そのような先人の闘いがあってこその日本国憲法の制定で有り、
基本的人権の尊重や戦争放棄条項に反映されているのです。

韓国でも1980年代に戦前の日本のような弾圧が行われ、
それに抗して闘ってきた成果がこの数年の大集会と
朴政権打倒に繋がっているのでしょう!

映画.com による作品紹介

【解説】
「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。
警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。
また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。

パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。

【作品データ】
原題 : 1987: When the Day Comes
製作年 : 2017年
製作国 : 韓国
配給 : ツイン
上映時間 : 129分
映倫区分 : G
オフィシャルサイト : 日本語サイト
http://1987arutatakai-movie.com/

【キャスト】
配役 : 役名
キム・ユンソク:パク所長
ハ・ジョンウ:チェ検事
ユ・ヘジン:ハン・ビョンヨン
キム・テリ:ヨニ
ソル・ギョング:キム・ジョンナム
パク・ヘスン:チョ・ハンギョン
イ・ヒジュン:ユン・サンサム
カン・ドンウォン:イ・ハニョル
ヨ・ジング:パク・ジョンチョル

【スタッフ】
監督:チャン・ジュナン
撮影:キム・ウヒョン
編集:ヤン・ジンモ
音楽:キム・テソン

関連記事

テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック