FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



苫東厚真発電所のような大被災が泊原発や玄海原発や川内原発だったら?!
2018年9月12日(水)

北海道の地震で苫東厚真火力発電所が大破し
北海道の電力の半分が失われたと言う!

ひとごとではない!

まだ知られていなかった断層が動いたのが今回の地震だった
そうだが、そう言うまだ知られていない断層は日本全国にあり
いつ動くか判らないのだと言う。

川内原発は、熊本地震の際に動いた断層の延長線上にあるし、
玄海原発と言うか日本の全ての原発は遠くない処に断層がある。

苫東厚真火力発電所のような事態が発生したら、
福島第1原発どころではない大惨事になるだろう!

不幸中の幸いで、苫東厚真発電所は原子力発電所では無かったので
あれだけの大災害にも関わらず、発電所周辺住民に避難指示は
出なかった。 地震と土砂崩れによる避難民は多数出たが。

これが原子力発電所であったなら、北海道の全域に避難指示が
出たかも知れず、北海道の壊滅!と云う事態も起こり得た。

泊原発 も地震には見舞われたが幸い大破壊には至らなかった。
しかし、9時間に渡って交流電源が途絶えたと言う。
ある意味で福島第1原発事故の悪夢もあり得たのである。

一刻も早く、全ての原発を廃炉してほしい。

20180915164932aca.jpg


私の facebook 投稿より

⇒ 北海道全体の電力供給力の約半分を負担する『苫東厚真火力発電所』が
 緊急停止したことが北海道全土での『全域停電』をもたらしたとされる。
 その『苫東厚真火力発電所』は今回の震源の直近であったため、損傷が
 激しく、再稼働は「1週間先か何カ月先か判らない」と言っている。

 それでも、休眠中だった火力発電所や水力発電所が電力を供給開始した事で
 節電すれば対応できる程度の電力が供給可能となっているようだ。

 民間の電力事業者や再生可能エネルギーを活用すれば充分対応可能だろう。

 すなわち『泊原子力発電所』を再稼働することなく、北海道の全電力を
 賄えることが改めて確認できた訳である。
 「泊原子力発電所再稼働を』と言う声が一部から出ているらしいが、これは
 再稼働ありきの前提での『やらせ』のようなものである!

 むしろ、原発のために多くの発電所インフラを休眠させていたことが
 『勿体無い』話しである!

     ***********

北海道地震
企業、北海道でそろり始動 正常化へ節電にも備え
 日本経済新聞・ビジネス 電子版 - 2018/9/10 6:30

 北海道で震度7を観測した地震で影響を受けた企業の活動が徐々に正常化している。広い範囲で発生した停電がほぼ全域で解消したためで、工場の再稼働や店舗の再開が相次ぐ。ただ、電力の供給量は需要ぎりぎりの状況が続いており、北海道電力などは改めて節電を呼び掛けている。週明け以降、企業は節電や計画停電への対応を迫られそうだ。
(以下略;有料記事)

関連記事

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック