FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



「バルナ国際バレエコンクール」で10代の日本人4人が入賞!
2018年7月30日(月)

今日もバレエの話題ですが・・・

ブルガリア東部のバルナで開かれていた、
世界最高の権威を誇る「バルナ国際バレエコンクール」で10代の日本人4人が入賞!

ジュニア男性部門で2位に五島温大さん(18)
201807302056050e1.jpg
ベルリン国立バレエ学校在籍


シニア女性部門3位に高森美結(みゆ)さん(19):竹内みさよバレエアカデミー
20180730205609bc1.jpg
ハンガリー国立バレエ学校在籍


ジュニア女性部門で3位に井関エレナさん(16)
201807302056082f2.jpg
ベルリン国立バレエ学校在籍


ジュニア男性部門で3位に大森一樹(いつき)さん(18):京都バレエ専門学校
20180730205607418.jpg
ポルトガル国立バレエ学校在籍

(写真は日刊スポーツ配信分をコピペ)

******************

バルナ国際バレエコンクールで日本人4人が3位以上に入賞!

男性ジュニア部門2位:五島 温大さん(18)ベルリン国立バレエ学校
男性ジュニア部門3位:大森 一樹さん(18)ポルトガル国立のバレエ学校
女性シニア 部門3位:高森 美結さん(19)ハンガリー国立バレエ団
女性ジュニア部門3位:井関エレナさん(16)ベルリン国立バレエ学校

****************

バルナ国際バレエコンクール 熊本出身の五島温大さんが2位
NHK-ニュース - 2018年7月30日 8時13分

ヨーロッパ南東部のブルガリアで開かれたバルナ国際バレエコンクールで、熊本県出身でドイツの国立バレエ学校に通う五島温大さん(18)がジュニアの男性部門で2位となりました。

1964年から続くバルナ国際バレエコンクールは、若手の登竜門として知られ、今回は世界各国から119人が参加しました。

29日、受賞者が発表され、ジュニアの男性部門では、熊本県菊陽町出身でドイツのベルリン国立バレエ学校に通う五島温大さんが2位となりました。

また、岡山県岡山市出身でポルトガルのリスボンにある国立のバレエ学校に通う大森一樹さん(18)も3位に入りました。

一方、女性では、シニアの部門で、神戸市出身でハンガリーのブダペストにある国立バレエ団に所属する高森美結さん(19)が3位、ジュニアの部門では、横浜市出身で五島さんと同じベルリン国立バレエ学校の井関エレナさん(16)が3位にそれぞれ選ばれました。

このコンクールでは、1974年に日本を代表するバレリーナの森下洋子さんがシニアの部門で1位となっていて、前回の2016年でも3位までに日本人が4人入っています。

五島さん「観客を感動させられるダンサーに」
2位になった五島温大さん(18)は、「世界三大コンクールの一つで2位になれてうれしい。今後の所属先を決めるうえでも役に立つ賞で、観客を感動させられるようなダンサーになりたい」と受賞の喜びを語りました。
3位の3人も喜びの声
3位になった岡山県岡山市出身の大森一樹さん(18)は「ただただ、うれしく、今後の自信につながります。将来はいろいろな役をこなせるダンサーになりたい」と話していました。

一方、シニアの女性部門で3位に入った神戸市出身の高森美結さん(19)は、「シニアの女性部門では最年少だったので夢のようで信じられないです。これからにつながる受賞で、観客の心をつかめるようなダンサーになりたい」と笑顔で話しました。

女性のジュニア部門で3位になった横浜市出身の井関エレナさん(16)は、「小さい頃からいちばん憧れていたコンクールで、受賞できてすごく幸せです。お客さんに楽しんでもらえるようなダンサーになりたい」と述べ、喜びを隠せない様子でした。



バレエ
シニア女性3位の高森さん恩師「頑張りのご褒美」
毎日新聞 - 2018年7月30日 16時17分
https://mainichi.jp/classic/articles/20180730/k00/00e/040/200000c

入賞者による公演で踊る五島温大さん(左)と井関エレナさん
=ブルガリア東部バルナで2018年7月29日、ロイター

「バルナ国際バレエコンクール」授賞式

 ブルガリア東部のリゾート、バルナで開かれていた、世界最高の権威を誇る「バルナ国際バレエコンクール」の授賞式が29日夜(日本時間30日未明)に行われた。関西に縁のあるダンサーらの受賞が決まり、関係者に喜びが広がっている。


バルナ国際バレエコンクールのシニア女性部門3位に輝き、
ガラ公演で踊る高森美結さん
=ブルガリア・バルナで2018年7月29日、ロイター

 シニア女性部門3位の高森美結(みゆ)さん(19)=神戸市出身=の恩師、竹内みさよさん(70)は「子どもの頃から感性豊かで努力家。今回の受賞はこれまで頑張ってきたことへのご褒美でしょう」と声を弾ませた。高森さんは、竹内さんが主宰する「竹内みさよバレエアカデミー」(神戸市)で小学2年の頃からバレエを始めた。「先輩たちが海外のコンクールに挑戦する姿に触発され、彼女も国内のコンクール出場を目指すようになった」と竹内さん。ハンガリー国立ダンスアカデミーへ留学し、4年間、ハンガリー語を学びながらバレエに打ち込んできた。ハンガリー国立バレエ団への入団も決まり、竹内さんは「プロのダンサーとして歩んでいく上で受賞は自信になるはず」と話した。

ジュニア男性で銅の大森さん 専門学校校長「さらに飛躍を」
 大森一樹(いつき)さん(18)=岡山市出身=はジュニア男性部門で3位に選ばれた。中学卒業後に進んだ京都バレエ専門学校(京都市)の有馬えり子校長(63)は30日朝、大森さんから電話で受賞の報告を受けた。「体が柔らかくてジャンプ力がある。技術が高いダンサー」と有馬校長。入学当初の大森さんは食が細く「ご飯を食べなさい」と叱咤(しった)したこともあったという。専門学校でパリ・オペラ座バレエのダンサーらから直接指導を受けたことが刺激となり、約1年前、リスボン国立コンセルバトワールに留学した。有馬校長は「海外でもまれて、彼の良い部分が伸びた。受賞をきっかけにさらに飛躍してほしい」とエールを送った。
【倉田陶子】

バルナ国際バレエコンクール
日本人4人ら入賞者を発表
会員限定有料記事 毎日新聞2018年7月29日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180729/ddm/041/040/116000c



五島温大さんが2位 バルナ国際バレエコンクール
日刊スポーツ ー [2018年7月30日9時27分]

29日、バルナ国際バレエコンクールのジュニア男性部門で2位を受賞した五島温大さん(共同)

29日、バルナ国際バレエコンクールのジュニア男性部門で3位を受賞した大森一樹さん(共同)

29日、バルナ国際バレエコンクールのジュニア女性部門で3位を受賞した井関エレナさん(共同)

29日、バルナ国際バレエコンクールのシニア女性部門で3位を受賞した高森美結さん(共同)

 ブルガリア東部のリゾート、バルナで開かれていた世界三大バレエコンクールの一つ、バルナ国際バレエコンクールの授賞式が29日夜(日本時間30日未明)に行われ、ジュニア男性部門で五島温大さん(18)が2位に輝いた。

 同部門で大森一樹さん(18)が3位、ジュニア女性部門で井関エレナさん(16)が3位を獲得した。シニア女性部門で高森美結さん(19)が3位となり、日本人4人が栄冠を手にした。

 五島さんは「ただただうれしいです」と喜びを語り「心から楽しんで踊ることが大事だと思っていたので、パートナーとしゃべって楽しむよう心掛けた」と約2週間のコンクールを振り返った。

 最終選考で五島さんは井関さんと「ドンキホーテ」を好演。2人は共にベルリン国立バレエ学校に通っており、同校からの同コンクール入賞は初めてという。高森さんはハンガリーのダンサーとペアを組み、大森さんはソロの演目でコンクールに臨んだ。

 バルナ国際バレエコンクールは1964年に始まり、74年に森下洋子さんが金賞(1位)を受賞した。隔年で開催されており、前回2016年にも日本人参加者5人が入賞した。(共同)

関連記事

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック