FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季【魔法を捨てたマジョリン】広島公演を観る!
2018年7月23日(月)

劇団四季が小学生を中心に低料金でミュージカルを見せる
ファミリー・ミュージカル『こころの劇場』の一つ
【魔法を捨てたマジョリン』を広島市の上野学園ホール
(広島県立文化芸術ホール)で見ました!

福岡出身で私の友人である井上壽夫門下の木村帆香さんが、
重要な役どころブツクサクを演じています。
(私は公演を観るまで『ブックサス』と思っていましたが、
ぶつくさ言うと云う意味の『ブツクサス』である事が判りました)

結構早口で膨大な台詞を澱み無く語る必要があり、
歌もダンスも相当程度の技量が必要です。
その難役を相当な訓練稽古で克服したのでしょう!
滑舌よく極めて明瞭に伝わって来ました。
劇団四季のメソッドとして有名な『母音方』の訓練の
成果なのでしょう!
歌も相当上手くて張りがありました。
お婆さん役としては、声が若いですが(25歳位か)
主役はマジョリンなのですが、役柄的にも出番が多く、
殆ど主役以上に活躍する役どころです。


20180724004650394.jpg

201807240046525ff.jpg

『魔法をすてたマジョリン 全国』 
http://www.shiki.jp/cast/weekly/0049
今週のキャスト情報(2018/07/23 更新)
マジョリン :澁谷陽香
ブツクサス : 木村帆香
ニラミンコ : 丹下博喜
ダビッド :武藤洸次
オカシラス :前田貞一郎
プレッツェル婆さん :大石眞由
ステファン :平井佑季
タツロット :塚田正樹
花嫁 :菅谷有希

【男性アンサンブル】
諏訪友靖,影山 徹,髙草木健二,岩村暁斗,荻野永基,

【女性アンサンブル】
渡邊友紀,熊谷春花,榊山玲子,前田更紗,
岡本直子,田川光希,古木 瞳,小菅 舞



劇団四季公式サイトによる作品紹介
http://www.shiki.jp/applause/majorin/

ファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』は、魔女のマジョリンと人間たちとの心と心の交流を描いた、劇団四季オリジナルミュージカルです。
1982年に日生名作劇場として初演を迎えて以来、劇団のレパートリーのひとつとして繰り返し上演され、多くの子どもたちに感動をもたらしてきました。

【ストーリー】
わたしは魔女のマジョリン。年は123才、でも魔女の世界ではまだ小学生なの。

年に1度、魔の山で開かれる魔女の夜祭りがどうしてものぞいてみたくて、こっそりお祭りにもぐりこんだの。すると......恐ろしい魔女たちが、どんどん集まってきたわ。
わたしは魔法を使って隠れてながめていたけれど、見つかっちゃった。
夜祭りに忍び込んだ子どものバツとして、きざんでしぼってカクテルの材料にされてしまう!
でも、1週間後に行われる魔女の試験に合格すれば、ゆるしてもらえることになったの。


わたしとばあやのカラス・ブツクサスは、さっそく人間の村に忍び込み、試験勉強を開始!
魔女は人間とちがって、悪いことがたくさんできたほうが優秀。「一日一善」じゃなくて、「一日一悪」がモットー。村の人たちを困らせるためにがんばらなくちゃ!


でも、わたしの魔法のせいで、魔女と疑われた旅人の身代わりになろうとする、不思議な人間を見つけたの。彼の名は、ダビッド。
わたしはなんだか胸が苦しくなって、ダビッドを救うために自分の正体をばらしちゃった。

いよいよ、魔女の試験の日。合格しなければ大変なことになる。でも、頭の中はダビッドのことでいっぱい。
そんな時、目の前にダビッドがやってきたの。とある男の子が病気で苦しんでいるので、薬草をとりに魔の山まで来たのだけれど迷ってしまったみたい。



2018072400465361e.jpg
会場には、先日7月13日に亡くなられた劇団四季創設者の
浅利慶太さんの写真が置かれ花が捧げられていました。


関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック