観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



西南学院チャペル オルガンコンサート【バッハへの道】を聴く!
2018年6月23日(土)


きょうの午後2時から西南学院 チャペルで開演の
パイプオルガン演奏会【バッハへの道】を聴きました!

演奏者は欧州で研鑚を積んだオルガン奏者の山本真希さん。

殺伐とした世の中ですが、心洗われる演奏会でした!



会場の西南学院大学 チャペル






演目チラシ

20180629182040b3e.jpg
観客は結構多く、会場の7割くらいの入りか?!
1階の前方は結構埋まっていました!

ステージの上手寄り奥に大型モニターが置かれ、
オルガン奏者の手元や音質を決めるストップの部分が
観客から見えるようにされていました。
その上、この画面は見たく無いと云う方がたは
上手バルコニー席に移動していただければ音楽そのものを
楽しめます、と云う御説明も。

20180629182030cb6.jpg
演奏の合間に、演奏した楽曲とこれから演奏する楽曲の
解説をオルガン奏者の山本真希さん自らが解り易くされました。

こうして見るとパイプの太さや長さが如何に大きいものかがわかり易い!

20180629182033e8e.jpg

演奏された楽曲は、最後のバッハの『パッサカリア』以外は
初めて聴くものばかりでしたが、バッハ以前から高度に完成された
オルガン曲が欧州各地で創作され演奏されていたことが判りました。

私は、2階バルコニーのほぼ中央の1列目と云う最高の席に
陣取り(全席自由席)大型モニターをオペラグラスで見ていました。

そこで解ったことには、鍵盤は3段プラス脚鍵盤の4段あり、
ストップの選定によっては独立して又は連動して動くのです!

中段の鍵盤で演奏している時に、ある時は上段の鍵盤が一緒に
あるいは、下段の鍵盤が一緒に。

ある時は、下段の鍵盤が手の動きとは無関係に動いているようでした。
脚鍵盤と連動しているのかも知れません。









関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック