FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【ファントム・スレッド】をKBCシネマで見る!
2018年6月18日 (月)

 おとといの6月16日・土曜日、ディーン・フジオカ主演の
【海を駆ける】を朝に見た後、同じKBCシネマで午後1:55から
映画【ファントム・スレッド】を見ました!


Fantom-Thread_Top.jpg


 私的には良く判らない映画でした。

 なお、これまで映画 【イヴ・サンローラン】【プラダを着た悪魔】など、
実在のデザイナーをネタにして脚色した映画が幾つも上映されていますが、
この映画は実話ベースではなく、全くの創作ストーリーのようでした。
 
   ****************

 オートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックが
ウエイトレスの『イモ姉ちゃん』の素質を見初めて自らデザインする
衣装のファッションモデルに育て上げながら愛人にもすると云う
今の世なら、後で『セクハラされた』と訴えられそうな話し。

まぁ『マイ・フェア・レディ』的要素もあるが『イモ姉ちゃん』は
それほど洗練されず、ウッドコックに毒キノコを食べさせて体調不良(死に掛け)
に陥れて、看病することに快感を覚えると云う倒錯した性格に『成長』。
二度目は、ウッドコックも毒キノコを盛られていることに薄々気づきながら
食べて再び不調に陥ると云う双方とも変態気味の関係・・・

その『イモ姉ちゃん』の雰囲気は、顔立ちは全然違うのですが、
何故か 桃井かおり に似ていました。 役柄のせいか?役者の雰囲気か?

どこが、アカデミー賞6部門にノミネートかサッパリ解らず。
アカデミー賞『衣装デザイン賞』を受賞したと云う衣装もそれほどでも・・・

まぁ、私に観る目が無いと言われればそれまで (-_-;) (笑) !

**********************

【ファントム・スレッド】(PHANTOM THREAD)公式サイト
 http://www.phantomthread.jp/


  映画.com による作品紹介
https://eiga.com/movie/88314/
 

 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが2度目のタッグを組み、1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛が描かれる。「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「リンカーン」で3度のアカデミー主演男優賞を受賞している名優デイ=ルイスが主人公レイノルズ・ウッドコックを演じ、今作をもって俳優業から引退することを表明している。

1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

********************
【作品データ】
 原 題  : Phantom Thread
 製作年  : 2017年
 製作国  : アメリカ
 配 給  : ビターズ・エンド、パルコ
 上映時間  : 130分
 映倫区分  : G
********************


【キャスト・スタッフ】
    配   役   :   役    名
ダニエル・デイ=ルイス : レイノルズ・ウッドコック
ビッキー・クリープス : アルマ
レスリー・マンビル : シリル
ブライアン・グリーソン : ロバート・ハーディ医師
カミーラ・ラザフォード : ジョアンナ
ジーナ・マッキー : ヘンリエッタ・ハーディング伯爵夫人

監  督 : ポール・トーマス・アンダーソン
製  作 : ジョアン・セラー、ポール・トーマス・アンダーソン
ミーガン・エリソン、ダニエル・ルピ
製作総指揮 : アダム・ソムナー、ピーター・ヘスロップ、チェルシー・バーナード
脚  本 : ポール・トーマス・アンダーソン
撮  影 : ポール・トーマス・アンダーソン
美  術 : マーク・ティルデスリー
衣  装 : マーク・ブリッジス
編  集 : ディラン・ティチェナー
音  楽 : ジョニー・グリーンウッド



**************

以下は、KBCシネマ内のスタッフが作成した作品紹介ディスプレイ
















関連記事

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック