観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



文房具のクレヨンと絵の具の『色名称・肌色』は 平成19年までに無くなった!
2018年5発28日(月)

 初めて聞いて驚いた!
 
 肌色(はだいろ)と云うカラー名称が無くなったとのこと。

 NHKの特集記事のWEB版で たまたま見つけた記事


クレヨンから消えた“肌色”
 NHK特集 - 2018年5月25日 16時55分


NHK_20180525_Hadairo-Issue.jpg


 何でも『差別的だ!』と云う風潮の行き着く先!
 僅かな消費者から「差別的だ」と批判が寄せられたことから・・・
 その『色』は無くならないのに名称だけが無くなる!
 メクラ ⇒ 視覚障碍者
 ツンボ ⇒ 聴覚障碍者
 となったからと言って、人々の意識が変わらなければ、
名称を変えたら差別が無くなると云う話しでは無いと思うが?

JIS規格で、色鉛筆は平成12年、クレヨンと絵の具は平成19年に
使用しない事となったらしい。

【旧・肌色】
 日塗工番号 : 15-80F
 マンセル値 : 5YR8/3(YR=黄赤)

【関連サイト】


日塗工番号 15-80F 肌色(はだいろ)
http://www.yuzu-tosou.com/iromihon/15-80f/


     *************

クレヨンから消えた“肌色”
 NHK特集 - 2018年5月25日 16時55分
 https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20180525/k10011452251000.html


(長い特集記事の一部)

子どもたちのクレヨンや色鉛筆をのぞくといつのまにか、“はだ色”がなくなっていました。

かつての“はだ色”の呼び方は別の名前に変わり、色の名前として使わなくなっていました。差別という指摘が出てきたからです。でもこの色をめぐって仕事や立場で思いはさまざまです。(ネットワーク報道部記者 飯田耕太)

【“うすだいだいいろ”の驚き】

“はだ色”が話題になったきっかけは、新学期に子どものクレヨンに名前を書いていた母親のツイートでした。

「いつからかクレヨンの色鉛筆の旧はだいろが『うすだいだいいろ』になってる」
このツイートへの反応がたくさんありました。

「僕も無自覚に『はだいろ』という言葉を使っていたのでドキッとさせられる」

「実際に幼稚園行ってみると『はだいろ』が肌の色じゃないお友達ってふつうに何人もいる」

【文房具店に行ってみた】

文房具店でクレヨンや絵の具を見に行きました。
確かにどれを手にとっても「はだ色」はありません。
昔、はだ色と言っていた色には「ペールオレンジ」「うすだいだい」など別の色の名前がついていました。

   (中略)

【メーカー側の対応は】

では、こうした日本の「はだ色」はいつごろから消えたんでしょうか?

「お客さまからの要望を受け平成11年からクレヨンなどすべての製品の色名を『ペールオレンジ』に変えています」

「海外にも生産拠点があります。国際的な感覚は大事ですし、お客さまが不快に思うものを作るわけにもいかない」(「ぺんてる」生産本部担当者)

【色名から消える】

実は日本では、JIS=日本工業規格が定める色が全部で269もあります。この中には、はだ色は残っています。

ただ、これとは別に、クレヨンや色鉛筆など製品によって使える色名を決めています。
JISでは、こうした身近な製品から“はだ色”という色名を使わないことにしたのです。

色鉛筆は平成12年、クレヨンと絵の具は平成19年、もうかなり前のことだったんです。

関連記事

テーマ:お絵描き教室 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック