FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ヤクザと同じ?!組長と若頭が三下に敵の玉を取ってこい!と
2018年5月22日(火)

日本大学アメフト部の選手が関西学院大学の司令塔とも言える
クォーター・バック の選手を『潰してこい』と監督に迫られ
実行し、実際に大怪我を負わせて試合から離脱せざるを得ない
状況に追い込まれた。

監督は、「 選手が監督の意向とは乖離した捉え方をしていた」
と責任転嫁を謀っていたが、それは嘘であった。

何か安倍晋三が平然と嘘を吐く状況と似ている。

当に日大アメフト部は、暴力団であり、監督は組長。
コーチは若頭であると例えれば分かり易い。

今回の暴力事件は、組から追放されそうになった三下が
どうにか組みに残れる方法がないか考え込んでいたら
若頭が「組長が相手の幹部の玉を取ってこいと言っている」
と教えて、やむなくそれを実行させたようなものである。

とはいえ、『一流の』ヤクザにしてみれば、そんな三流ヤクザの
ようなやり方に比喩しないで欲しい!と云うかも。

それほど、非道なことである。

この組長と若頭のせいで、日本大学の社会的信用は地に落ちた!

日大教職員組合は、事態打開を求めた声明を出したとのこと。

日大教職員組合らが理事長、学長に声明文/原文まま
 日刊スポーツ [2018年5月21日15時54分]
 https://www.nikkansports.com/sports/news/201805210000641.html


以下、私のfacebook 投稿より。

私は、宮川泰介選手はパワハラ監督やコーチの『犠牲者』と考え、
この方を貶めるような立場を取りません!
事件直後に相手方選手の処に直接謝罪に行こうとして宮川選手が
内田前監督に申し出たところ「止められた」という経緯も。
宮川泰介選手(20)の『告白』
内田正人監督(当時)
「やる気がないならやめろ。相手のQBをつぶすなら試合に出してやる」
監督、井上コーチ
「1プレー目からQBを潰しに行け。」
井上コーチ
「できなかったじゃ済まされない」
QB:クォーターバック(司令塔のような重要なポジション)
自分だけに責任を転嫁する監督・コーチが許せないのだろう!
当然のことだと思う!
自ら相手に謝罪に行こうとしたのを監督に止められたとも言う。
既に最寄りの警察署に「被害届」も出しているとのこと。

***************
日大選手、コーチから「できなかったじゃ済まない」
 日刊スポーツ - 2018年5月22日16時34分
https://www.nikkansports.com/spor…/news/201805220000535.html
 アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた日大の選手の会見が22日、都内の日本記者クラブで会見が始まった。
 会見に出席したのは日大の宮川泰介選手(20)。丸刈り頭で報道陣の前に現れた。
 今月11日には宮川選手が親と直接謝罪したいと日大の内田正人前監督に申し出たところ、止められたという。そのため、代理人弁護士に相談するに至ったという。西畠正弁護士は、今回の会見について「顔を出さない謝罪はないと会見を決意した」と説明。また「反則行為の指示があったことを明らかにするのが会見の趣旨」と述べた。
 宮川選手は冒頭で関学大の選手関係者へおわびの言葉を続けた上で
「やる気がないならやめろ。相手のQBをつぶすなら試合に出してやる」
と指示されたことを明かした。
内田前監督に対し「QBを潰すので試合に使ってくださいと伝えたところ「やらないと意味がないよ」と返されたという。
さらに「監督、井上コーチから『1プレー目からQBを潰しに行け。』試合前に井上コーチから『できなかったじゃ済まされない』と言われた。秋の関西学院大の試合でQBがケガをしていれば得だろう」
などと生々しく当時の追い込まれた状況を語った。
 また、今月上旬には日本大学選抜を辞退するよう内田前監督から命令されていたという。その内田前監督については「意見できる存在ではなかった」と話した。


【関連記事】

アメフト日大選手が顔出し会見「監督から反則指示」
 日刊スポーツ - 2018年5月22日14時45分
https://www.nikkansports.com/spor…/news/201805220000003.html

日大選手「指示があったにせよやったのは私」
 日刊スポーツ - 2018年5月22日15時52分
https://www.nikkansports.com/spor…/news/201805220000539.html

反則行為に至った経緯説明「やらなきゃ意味ないよ」
 日刊スポーツ - 2018年5月22日16時9分
https://www.nikkansports.com/spor…/news/201805220000582.html
 4月末から当該の試合に至る経過詳細 (前略)

◆5月6日 関学との定期戦当日。
宮川選手は「ここでやらないと後はない」と試合会場へ向かう。スタメンには宮川選手の名前はなし。試合前練習時にコーチから監督に「言ってこい」と指示され、内田前監督に「相手のQBを潰すんで出さして下さい」と申し出る。内田前監督から「やらなきゃ意味ないよ」と声をかけられる。井上コーチに監督とのやりとりを伝え、「思いっきりやってこい」といわれる。試合前の整列で井上コーチから「できませんじゃすまされないよ」と念を押される。反則行為直後は何も考えられない状況となり、相手選手が代わったことに気づける余裕もなかった。

アメフト日大選手の直接謝罪、内田前監督が止める
 日刊スポーツ - 2018年5月22日14時47分
https://www.nikkansports.com/spor…/news/201805220000500.html

謝罪したい旨話すも止められる/日大選手の経過
 日刊スポーツ - 2018年5月22日16時30分
https://www.nikkansports.com/spor…/news/201805220000490.html

事件後の経過
◆5月11日(金) 本人・両親が監督を訪ねる。
個人として直接謝罪したい旨の話をしたが、止められる。
◆5月18日(金) 本人・両親が、被害選手とその両親、
 関学大アメフト部ディレクターに面会して、謝罪。



日大教職員組合らが理事長、学長に声明文/原文まま
 日刊スポーツ [2018年5月21日15時54分]
 https://www.nikkansports.com/sports/news/201805210000641.html

写真:声明文提出後に取材に応じる、
日本大学教職員組合の菊地執行委員長

 アメリカンフットボールの日大の選手が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題で21日、同大の教職員組合、執行委員会、各学部の支部などが理事長、学長に対し真摯な対応を求めて声明文を発表した。

 全文は以下のとおり(原文まま)。

    ◇    ◇    ◇    ◇

日大アメフト部による反則事件に関する声明文

2018年5月21日

学校法人日本大学理事長 田中英壽殿
学校法人日本大学学長  大塚吉兵衛殿

日本大学アメリカンフットボール部による重大な反則事件に関する声明文

日本大学教職員組合
執行委員会委員長 菊地香
文理学部支部長 初見基
経済学部支部長 木暮雅夫
商学部支部長 竹内真人
船橋支部長 吉田洋明
湘南支部長 清水みゆき

 2018年5月6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦において、本学アメリカンフットボール部選手が関西学院大学チームのQB(司令塔)に対してきわめて危険な反則プレーを行い負傷退場させる「事件」が起こってしまった。このことをめぐって、連日、新聞・TV・ネットなどで大きく報じられ、その行為のみならず、本学の示した事後対応が不透明・不誠実であるとの批判・非難の声が強まったのは周知の事実である。

 本学が教育機関であることを踏まえれば、上述した外部からの批判・非難の有無にかかわらず、本学の選手がなぜあのような悪質極まりない言語道断な暴力的行為におよんでしまったのかに関しては、第三者機関による調査活動とは別に、大学当局が自浄作用を働かせて公正かつ厳正な調査を実施して、真相を徹底的に究明しなければならない。また、被害者や関学アメフト部をはじめとする関係者の方々に納得していただくことができる説明と謝罪、ならびに補償と再発防止に向けた具体的な取り組みが示されなければならないことも当然である。

 5月19日(土)の報道によれば、アメフト部の内田正人監督がすべての責任を認めて謝罪し、監督を辞する旨を表明した。だが、その対応は遅きに失し、もっとも肝心な点が一切言及されなかったため、監督の辞任だけでは済まされない状況を自ら作ってしまったと言えよう。さらに、今回の事件に関して、内田監督が本学の人事担当の常務理事という要職に就き、学内で絶大な権力を行使する立場にあることから、一スポーツ部の一監督や一選手のあり方ばかりか、本学の大学としてのあり方、なかんずく外部の関係者に対する「姿勢」(不誠実と呼ばざるを得ない対応)や「体質」(有無を言わせずに従わせる上意下達の体育会的気風)や「社会構造」(学内の意思決定のあり方、権力構造や人的資源の配分構造)にまで関連させて問題視する指摘が各方面から相次いでなされるようにもなってしまった。今回の事件は、こうした本学の抱える看過できない問題性が、図らずも衆目にさらされることとなったのである。

私たちは、スポーツマンシップ以前に人間としての基本姿勢に反する事件が起きたことに対して、高等教育機関であり、知の共同体であるべき本学の教職員一人一人が、この大学を創っているのだということを反省的に捉え返し、今後の歩みに生かしていく必要があるだろう。その上で、理事長、理事会と大学学長に対して、以下の諸事項の履行を強く求めるものである。

(1)付属学校も含めた本学における健全なスポーツのあり方を再検討し、すべての競技選手に対してあらためてフェアプレイ精神の重要性を再教育すると同時に、ラフプレーを行った当該選手が個人的な攻撃に見舞われないよう大学として最大限に配慮すること。

(2)第三者機関の徹底した真相究明に全面的に協力し、協力した者への如何なる圧力も禁じること。

(3)専断的でなく民主的な大学を創るために、一人一人の学生及び教職員を、それぞれ独自の意思を持つ人格的な存在として尊重し、権力を行使し得る立場にある自分たちと同等に位置づけ、多様な声に絶えず耳を傾けて、それを最大限に大学運営に反映させる制度を確立すること。

(4)運動部だけでなく、日本大学の全組織を挙げて、上意下達の体質を改め、パワーハラスメントになりやすい権力行使を抑制する仕組みを構築して、風通しの良い学内環境を醸成しつつ、自主創造の精神が十分に発揮される生き生きとした大学に再生させる行動計画を策定すること。

(5)本学のあり方(姿勢・体質・構造)に対する厳しい批判を真正面から受け止め真摯に反省し、人事及び人心を一新すること。

連日メディアでセンセーショナルに報道されているこの問題によって、本学に対するイメージと社会的信用は深く傷つけられてしまった。学生の勉学意欲や様々な対外活動、学部生・大学院生等の就職活動、教職員の士気、さらには受験生の本学に対する見方や教職員の採用に至るまで深刻な悪影響が懸念される。ひいては、このことが本学の教育を誠実に支えてきた教職員の労働環境悪化にもつながりかねないことを危惧するものである。

早急に本学の社会的信用を回復すべく、理事長、理事会と大学学長は直ちにことの真相をあますところなく明らかにして、関西学院大学の関係者に対してはもちろんのこと、上述した本学のイメージと社会的信用の低下に直面せざるをえない本学学生と教職員にも説明責任を果たすことが不可欠である。そして、この状況を踏まえた大学改革の道筋を、教職員からの声を充分に聞き届けたうえで社会に提示し、それを滞りなく推進していくべきである。

 以上、問題の深刻さと社会的広がりをふまえて、現時での私たちの見解を表明しておくものである。



関連記事
テーマ:アメリカン フットボール - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック