観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ベトナム旅行5日目にして最終日! 『ハロン湾クルーズ』ほか
2018年3月4日(日)

ベトナム旅行5日目にして実質的には最終日!

朝、5時50分に起きて宿泊しているホテルのプールに試しに
入って見ました。 しかし、ハノイはホーチミン市から2千キロも
北にあり、殆どが鹿児島と北海道位?緯度の差がある。
なので、ホーチミン市のパームガーデンホテルのプールとは
全然条件が違い水が冷たい! おまけに、水は濁っている。
長らく使っていないのかもしれない?! (写真無し)
と云う訳で、早々に切り上げて朝食に。

・・・・・・・・

ツアー旅行の方は、世界遺産 『ハロン湾クルーズ』

今日は、朝イチでベトナムの風光明媚な景勝地であり
世界自然遺産にも登録されている
旧・北ベトナムのハノイ近郊にある『ハロン湾』を船でクルーズです。

20180305223053d99.jpg

この港は3年半前に開発されたばかりのようですが、
港湾建設中は、ベトナム戦争中の激しい空爆の残渣である
機雷や地雷、不発弾などが大量に出てきて大変だったそう。

その港を出て十数分で、次々と凹凸の激しい島を見ることが
できます。地質学に憧憬の深い『ぶらタモリ』のタモリさんが
見たら大喜びするでしょう!

20180305223054de2.jpg

20180305224853040.jpg

201803052248560a4.jpg

柱状節理も見事に浮き出ています。

『ハロン湾クルーズ』のチケットを見ると40000don およそ200円! 安い!
ツアー費用に入っているので払う訳ではありませんが。
勿論、船内で出た海鮮の昼食は別だと思います。

さて、『ハロン湾クルーズ』の見せ場は HANG DAU GO 鍾乳洞
(ベトナム語特有のアクセント記号省略)の見学です。

20180305223102bae.jpg

多数の写真を撮りましたが、一部のみ掲載。

20180305223057436.jpg

20180305223058d09.jpg

20180305223059628.jpg

帰路には、海鮮の昼食。

以下は、ハロン湾の奇岩の群れ!

20180305223101127.jpg

2018030522310491e.jpg

20180305223104c0a.jpg

その後、今回の旅行で初めて国営企業の刺繍工場・直売所を見学。
枯葉剤などの被害(二次被害も含む)を受けた『障害者』の
人々に仕事の機会を与えるためにベトナム政府が運営している
とのことでした。

201803052231071ca.jpg
小さい原画を元に大きな刺繍をして行くようですが、
その原画は写真のプリントだったり、スマホ画面に表示だったり、
作業員の得意に応じて様々でした!
20180305223105934.jpg

1枚仕上げるのに数ヶ月はかかるというもので、
価格もそれなりに良い値段で、買うには至りませんでした!

御支援したい気持ちは山々でしたが・・・

・・・・・・・・・

なお、ガイドの話では、ベトナム戦争で疲弊し、貧民が多かったが、
ドイモイ(社会主義市場経済開放政策)により貧困層は基本的には無くなった
とのことでした。
しかし、少数民族にはまだ貧困層が残っているとのこと。
一方、国家公務員・軍人・医師などは、高額所得者になっているそうです。


トイレ休憩の陶器販売店で。
絵付け作業は職人の手作業。

20180305223109700.jpg

2018030522431853b.jpg

オバマ大統領(当時)、明仁天皇、ホーチミン主席
の写真は陶器製。
20180305224320b5d.jpg


この店舗も間口は小さく上と奥に長いベトナム特有の建物形状。

201803052231113c3.jpg

江戸時代に京都町屋税金が、間口幅に対して課税されたので、
所謂『ウナギの寝床』みたいになった経緯があるが、
ガイドの説明ではベトナム京都と同じ課税方法とのこと。

商店の形状は殆どが同じように幅が狭く中高層で奥行きが長い!
民間商店や住宅では7階建てまで許容されているとのこと。



関連記事

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック