FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【デトロイト】を見ました!
2018年1月29日(月)

きのう中洲大洋で映画【デトロイト】(原題:DETROIT)を見ました。

 実話を元に当時の目撃者の証言も含めて再構成した映画でした!

 心荒ぶ映画で目を背けたくなる処も多々あり。

 白人至上主義者のデトロイト市警察の下層警官が黒人に暴力を振るい
黒人少年3人を銃で撃ち殺したと云う実際にあった話です。

 州兵や州警察は、デトロイト市警察の下層警官の暴虐に心痛めますが
それに介入すると面倒なことになると、見て見ぬふりをしてしまう。
(それでも、余りの暴虐を見かねた州兵が助けに来たりしますが・・・)

 裁判では12人の陪審員は全て白人で、暴力も第一級殺人も『無罪』ち判定。

 この事件と裁判は、当時も大きな問題となりました!


 
      ******************

日刊スポーツの映画コラム(1/27)から
SBSH4911.jpg

   映画【デトロイト】公式サイト



   映画.comによる作品紹介より 

「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が、黒人たちの不満が爆発して起こった1967年のデトロイト暴動と、その暴動の最中に殺人にまで発展した白人警官による黒人たちへの不当な尋問の様子をリアリティを追求して描いた社会派実録ドラマ。67年、夏のミシガン州デトロイト。権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、暴動が発生。3日目の夜、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルの一室から銃声が響く。デトロイト市警やミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊たちが、ピストルの捜索、押収のためモーテルに押しかけ、数人の白人警官が捜査手順を無視し、宿泊客たちを脅迫。誰彼構わずに自白を強要する不当な強制尋問を展開していく。出演は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボヤーガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキーら。脚本は「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」も手がけたマーク・ボール。

作品データ
 原 題  : Detroit
 製作年  : 2017年
 製作国  : アメリカ
 配 給  : ロングライド
 上映時間  : 142分
 映倫区分  : G


【キャスト・スタッフ】
 配   役  :  役   名
ジョン・ボヤーガ : ディスミュークス
ウィル・ポールター : クラウス
アルジー・スミス : ラリー
ジェイコブ・ラティモア : フレッド
ジェイソン・ミッチェル : カール
ハンナ・マリー : ジュリー
ケイトリン・デバー : カレン
ジャック・レイナー : デメンズ
ベン・オトゥール : フリン
ネイサン・デイビス・Jr. : オーブリー
ペイトン・アレックス・スミス : リー
マルコム・デビッド・ケリー : マイケル
ジョセフ・デビッド=ジョーンズ : モリス
ラズ・アロンソ : コニャーズ下院議員
イフラム・サイクス : ジミー
レオン・トマス3世 : ダリル
ベンガ・アキナベ : オーブリー・ポラード・シニア
クリス・チョーク : フランク警官
ジェレミー・ストロング : ラング弁護士
オースティン・エベール : ロバーツ准尉
ミゲル・ピメンテルマルコム
ジョン・クラシンスキー : アウアーバッハ弁護士
アンソニー・マッキー : グリーン


監  督 : キャスリン・ビグロー
製  作 : ミーガン・エリソン, キャスリン・ビグロー,
  マシュー・バドマン, マーク・ボール, コリン・ウィルソン
製作総指揮 : グレッグ・シャピロ, ヒューゴ・リンドグレン
脚  本 : マーク・ボール
撮  影 : バリー・アクロイド
美  術 : ジェレミー・ヒンドル
衣  装 : フランシン・ジェイミソン=タンチャック
編  集 : ウィリアム・ゴールデンバーグ, ハリー・ユーン
音  楽 : ジェームズ・ニュートン・ハワード
音楽監修 : ジョージ・ドレイコリアス, ランドール・ポスター



関連記事

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック