観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【リュミエール】をKBCシネマで!
2018年1月21日(日)

昨日KBCシネマで上映中の映画 【リュミエール】を見ました!




この映画は、リュミエール兄弟が協力者であるカメラマンたちと
撮影した大量の動画フィルムの中から108本を選定して繋げ、
編集の中心となった方のわかり易いナレーションが付いています。

108本と云うと膨大なようですが、当時の撮影機(カメラ)に
収容できるフィルムの長さが17m(と言っていたと思う)だったので
50秒しか撮影できなかったようで、50秒x108本=5400秒
即ち90分です。間に多少解説が入ったりするので95分間でした。





しかし、この50秒の世界が凄いのです!
50秒でどれだけ世の中を切り取り表現できるか? です!

特殊撮影も含めて今でも楽しめる映像でした。

フランスの映像ばかりでは無く、欧州各国をはじめアメリカやアジアまで
重たいカメラを持ち込んで撮影していて、日本でも日の丸を掲揚した
神社風の建物の前で剣道を披露している場面も有りました。



現在のSNSネットワークを駆使して、この日本の映像の撮影場所を確定した
と云うニュースが、KBCシネマに掲示されていました。

又、ガクガクとぎごちないコマ撮りでは無くて、滑らかな映像でした。

エジソンのキネマトグラフが、1人でしか見られなかったのに対して、
リュミエールのシネマトグラフは、最初から大勢が見られる
現在の映画と同じプロジェクション方式だったとのこと。

当時のカメラには、ファインダーが無かったので、捉えている範囲は
経験的に掴んだもので、それでも絶妙な画面切り取りでした。

映画好きの方にはたまらない映画だと思います!


上映後、トークイベントがありました。

それもあってか、大勢の観客が詰め掛けていました!




     KBCシネマのスタッフが作られたディスプレイ










   映画 【リュミエール】 公式サイト



   Movie Walker による作品紹介 

 シネマトグラフを発明した“映画の父”ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が製作した1422本の短編作品から108本を厳選し1本にまとめて上映。
 1895年12月28日に世界で初めて有料上映された『工場の出口』や、120年前に京都で行われた剣道の試合などを収録。
 監督・脚本・プロデューサー・編集・ナレーションは、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー。共同プロデューサーを「田舎の日曜日」「ひとりぼっちの狩人たち」のヴェルトラン・タヴェルニエが担当。音楽は「さよなら子供たち」のカミーユ・サン=サーンス。
 日本語ナレーションを落語家の立川志らくが務める。
 第30回東京国際映画祭特別上映作品。

***********************
作品データ
 原 題 : LUMIÈRE!
 製作年 : 2016年 (元映像 1895~1905年)
 製作国 : フランス
 配 給 : ギャガ
 上映時間 : 90分
***********************

【映画概要】
 1895年12月28日パリ。ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』等が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした。1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟が製作した1422本の短編作品から、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモーが108本を厳選し、4Kデジタルで修復。ひとつの時代、そこに生きる様々な人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界が映し出されている。

【キャスト・スタッフ】

配 役:世界中の風景および市井の人々(一部は演出付きなので役者かも)

監  督 : ティエリー・フレモー
プロデューサー : ティエリー・フレモー
脚  本 : ティエリー・フレモー
音  楽 : カミーユ・サン=サーンス (音楽は本作用でオリジナルではない)
編  集 : ティエリー・フレモー
ナレーション : ティエリー・フレモー
共同プロデューサー : ベルトラン・タヴェルニエ



 
関連記事

テーマ:フランス映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック