FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード】を見ました!
2018年1月15日(月)

きのう昼前からKBCシネマで、
映画【プラハのモーツァルト】
(原題:INTERLUDE IN PRAGUE;プラハの幕合で)を見ました!




『誘惑のマスカレード(仮面舞踏会)』と云う副題は本筋に全く関係ありません。
「仮面舞踏会」シーンがあるだけの話です。

プラハで人気を博した『フィガロの結婚』や『ドン・ジョバンニ』を
ベースにした?全くの創作物語のようでした。
歴史的事実をベースにしたものでは無いようです。

前半途中でウトウト (笑)

観客は結構多く、半分以上の座席が塞がっていました。

  映画【プラハのモーツァルト】公式サイト



  Movie Walker による作品紹介

モーツァルト生誕260年を記念して制作された天才音楽家を巡る愛と陰謀のドラマ。プラハで『フィガロの結婚』のリハーサルと新作の作曲に励むモーツァルトは、若手オペラ歌手スザンナと出会い、惹かれあう。だが、パトロンのサロカ男爵も彼女を狙っていた。
出演は、「ダンケルク」のアナイリン・バーナード、「高慢と偏見とゾンビ」のモーフィッド・クラーク、「ハイ・ライズ」のジェームズ・ピュアフォイ。

【作品データ】
プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード
原 題 : INTERLUDE IN PRAGUE
製作年 : 2017年
製作国 : イギリス=チェコ (言語:英語)
配 給 : 熱帯美術館
上映時間 : 103分


【あらすじ】
1878年、オペラ『フィガロの結婚』の話題で持ちきりのプラハで、上流階級の名士たちがモーツァルト(アナイリン・バーナード)をプラハに招き新作を作曲させようと決める。そのころ、三男を病で亡くし失意のどん底にあったモーツァルトは、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるため、喜んでプラハに向かう。プラハにやってきたモーツァルトは、友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、『フィガロの結婚』のリハーサルと新作オペラの作曲に勤しみ、やがて、『フィガロの結婚』のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナ(モーフィッド・クラーク)と出会う。モーツァルトが彼女の美貌と才能に魅了される一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながらその天才ぶりに引きつけられる。二人は急速に距離を縮めるが、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵(ジェームズ・ピュアフォイ)もスザンヌを狙っていた……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名  :  配  役
モーツァルト : アナイリン・バーナード
スザンナ   : モーフィッド・クラーク
サロカ男爵  : ジェームズ・ピュアフォイ
Josefa Duchek : サマンサ・バークス

監  督 : ジョン・スティーヴンソン
製  作 : ヒュー・ペナルット・ジョーンズ 、 ハンナ・リーダー
脚  本 : ジョン・スティーブンソン 、 ブライアン・アシュビー 、 ヘレン・クレア・クロマティ
美  術 : ルチャーナ・アリギ
衣  装 : パム・ダウン


関連記事

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック