FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



有能な芸術家を陥れる過剰な 【#MeToo】 拡散! 寧ろ逆ハラスメントでは?
2018年1月5日(金)

 今日から仕事初め且つ会社の新年会!

 さて、アメリカの芸能界や映画界で始まったセクハラ告発運動
【#MeToo】 が大規模に拡散している!

 年末・年始に掛けては、それがクラシック界にも波及!


BBC_20171204_James-Levin.jpg
  メトロポリタン・オペラハウス名誉音楽監督、ジェームズ・レヴァイン氏

 世界最高峰の一つである【ニューヨーク・メトロポリタン・オペラハウス】の
名誉音楽監督、ジェームズ・レヴァイン氏(74)や
英国のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督でありNHK交響楽団の
名誉音楽監督も務めているシャルル・デュトワ氏(81)にまで嫌疑が掛かり、
年が明けてからは、これも世界最高峰バレエ団の一つである
【ニューヨーク・シティバレエ団】の芸術監督ピーター・マーティンス氏(71)が
匿名の『告発』により退団を余儀なくされている。

 いずれも数十年も前の1985年頃の話し。

 日本では、かつて殺人事件でも15年の時効があったのに、
 セクハラは時効も無く、一方的な告発で裁判も無しに地位を追われる!


セクハラ疑惑のレバイン氏、今季出演中止
 米メトロポリタン歌劇場

 AFP BB - 2017年12月4日 12:17


N響名誉音楽監督デュトワ氏 セクハラ疑惑を否定「身に覚えがない 根拠も全くない」
 スポニチ - 2017年12月24日 08:20


世界的指揮者 シャルル・デュトワ氏 セクハラ疑惑を否定
 NHK - 2017年12月24日 4時31分


ニューヨークの名門バレエ団の芸術監督が退団、セクハラ疑惑で
 REUTERS - 2018年1月4日 08:34


米でまたセクハラ疑惑辞任 世界最高峰バレエ団監督
 日刊スポーツ - 2018年1月3日9時36分

  「現役ダンサーからは擁護の声も上がっている。」 とのこと。

Nikkan-Sports_20180103.jpg

 実際には、上記の「世界最高峰」の一人とされてきた有能な芸術家が
本人は強く否定しているにも関わらず、事実上地位を追われている。

ジェームズ・レヴァインさんは、今期後半の公演の指揮を外された!
シャルル・デュトワさんも、米国等で予定していた指揮をキャンセルされた!
ピーター・マーティンスさんはニューヨーク・シティバレエ団を去った!


 クラシック界に取って重要なマエストロを数十年前の『セクハラ疑惑』で
世界は失ったのである。

 特に今回の一連の告発が三十数年前に起こったとされる事態について、
70歳を超える高齢の芸術家に対して行われていることに何か意図的な
ものを感じる。
 ジェームズ・レヴァインさんやピーター・マーティンスさんが、それぞれの
芸術監督や常任指揮者の地位を得たのが丁度その時期に重なっている?
ような気がする!

 それ以来、三十数年も最高位の地位を独り占めしていることが如何な
ものか?と云う声はあるかも知れないが、それは技術・才能等によって判断
されるべきであり、今回のような騒動で地位を追うのは筋が違うだろう!

 世代交代を望む『圧力』をこのような『冤罪』に代えて果たそうとしている
のではないか?!とさえ勘ぐりたくなる。


 一方で、さまざまな業界や社会では、いまだに「セクシュアル・ハラスメント」や
「パワー・ハラスメント」が横行している訳で、そういう犯罪や嫌がらせ 及び
そういうものを容認する風潮は糾さなければならない!
 日本では伊藤詩織さんらが行動を起こし、アメリカでもハリウッド女優などが
行動を起こしていると云う!
 これらの行動を私は勿論支持する!

ハリウッド女優ら300人行動
 セクハラ撲滅 女性労働者支援

 しんぶん赤旗 - 2018年1月4日(木)


     ********** 

 以下、私の facebook 投稿より 

(2017年12月24日)

N響名誉音楽監督デュトワ氏がセクハラで告発される|
日刊ゲンダイDIGITAL ー 2017年12月23日 15:53

▶️ 四半世紀以上前の話!
尤もデュトワ氏も80歳を超えているので仕事が無くなっても
困ることは何も無いと思うが、『告白』した女性も
“MeToo !” の時流に乗って発言したような気がする。

新聞記事にも書いていたが、こう言う『告発』が流行すると、
陥れたいと思う相手に架空のセクハラ事件を押し付けて
社会的に葬ると云うことが氾濫し兼ねない。
痴漢冤罪が多発しているように賠償金 目当てで『告白』する
不見識な輩も出てくるのでは無いか。

冤罪事件にならないように願いたい!


(2018年1月2日 23:50)
何十年も前の古い話で芸術的資質のある人々が
社会から追放されるのは如何なものか?
殺人事件でさえ時効が有ったのに、
セクハラには時効が無いのか?

映画【ブラック・スワン】の世界にいよいよ近づいてきた?!


(2018年1月3日)
‪このロイターのニュースによれば、
名指しされたニューヨーク・シティバレエ団芸術監督の
マーティンス氏は、
何十年も前のことを匿名で訴えている
と強く否定している。
匿名の告発で能力も地位もある人を陥れるのは
今後に大きな禍根を残すものである。

他人を妬んだ人々が、その地位から転落させるために
悪用しかねない!

取り沙汰された問題を否定したマーティンス氏も、
混乱を避けるためとして辞任し、事実上バレエ界から
葬られた結果となっている。
(三十数年も芸術監督の地位を独り占めしてきたことは、
 今回のこととは別問題であり、他の方法で解決すべき事)

それを流すニュースの見出しは、以下のような不利な表現!

【 ニューヨークの名門バレエ団の芸術監督が退団
 セクハラ疑惑で】

 ロイター ー 2018年1月4日(木)


(2018年1月4日 20:30)
著名な指揮者・ジェームス・レヴァイン氏や
シャルル・デュトワ氏や、このバレエ団の芸術監督も
本人は強く否定しているのに、一方的な『告発』で
有能な芸術家が次々に『事実上追放』されている。

こんな事を許していて良いのか?

こう云う動きが公認されると、政敵や仕事上のライバルを
陥れるために金で雇ってデッチ上げ冤罪を押し付ける事も
『拡散』して行きそうである

中には、セクハラやパワハラを認めて謝罪した人も居るが
冤罪で無実を証明する機会もなく『追放』される人も
出ているし今後も出てくるのではないか?!

痴漢冤罪も金目当ての所謂集団ヤラセ(つつもたせ)等
によって無実の人々が新聞・雑誌に名前を晒されている。
さらに、それがSNSによって拡散される!

上にも書いたように自分にとって邪魔者を脱落させるための
フレームアップがSNSなどで簡単にできてしまうのである。 



【 ニューヨークの名門バレエ団の芸術監督が退団 セクハラ疑惑で】
 ロイター ー 2018年1月4日(木)


‪【バレエ:米名門の監督退団へ セクハラ疑惑 本人は否定 ‬】
‪ 毎日新聞 ー 2018年1月2日(火)‬



     ******************


セクハラ疑惑のレバイン氏、今季出演中止
 米メトロポリタン歌劇場

 AFP BB - 2017年12月4日 12:17
 

【12月4日 AFP】
 米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Met)は3日、不適切な性的行為を繰り返していた疑惑が浮上した同歌劇場の名誉音楽監督を務める著名指揮者、ジェームズ・レバイン(James Levine)氏(74)について、今季のプログラムから外すと明らかにした。

 世界有数のオペラハウスであるMetによると、レバイン氏は今季いっぱいMetの公演には出演しない。また、Metはこの問題の調査を元米連邦検事に依頼したという。

 Metのピーター・ゲルブ(Peter Gelb)総裁は「一連の最新報道を受け、Metは調査結果を待つ一方、ただちに行動することを決めた」と声明で発表。「影響を受けたすべての人にとって悲劇だ」と述べた。

 ゲルブ総裁によると、Metは今回の一件の調査を元ニュージャージー地区連邦検事で、1990年代に「ユナボマー(Unabomber)」の異名で呼ばれた男が起こした連続郵便小包爆弾事件を扱ったことで知られるロバート・J・クリアリー(Robert J. Cleary)氏に依頼したという。

 レバイン氏は40年にわたりMetで音楽監督を務め、2015~16年のシーズン末にパーキンソン病のため退任した後も名誉音楽監督として指揮棒を振ってきた。

 しかし、米紙ニューヨーク・ポスト(New York Post)は2日、現在48歳になる男性が昨年、イリノイ州警察にレバイン氏を性的虐待で告発していたと報じた。この男性は、15歳だった1985年から何年にもわたってレバイン氏に性器を触られたり目の前で裸になって自慰行為をされたりするなどの性的虐待を受け、自殺を考えるところまで思い詰めたと訴えているという。

 Metによれば、昨年の時点でレバイン氏にこの告発内容について尋ねたが、レバイン氏は否定していた。また、Metではレバイン氏が音楽監督在任中に複数の疑惑があったことを認識していたという。




N響名誉音楽監督デュトワ氏 セクハラ疑惑を否定「身に覚えがない 根拠も全くない」
 スポニチ - 2017年12月24日 08:20
 

 過去にセクハラ行為を繰り返していたと報じられたクラシック音楽の著名な指揮者シャルル・デュトワ氏(81)が23日、「身に覚えがない。根拠も全くない」と疑惑を否定する声明を発表した。AP通信などが報じた。

 デュトワ氏は専門家から法的措置のアドバイスを受けており、対応を検討しているとした。

 疑惑はAP通信が今月21日に報道。証言したのはソプラノ歌手3人と演奏家1人。1985〜2010年にホテルの部屋やステージの控室、舞台裏、車の中などで被害を受けたという。

 ボストン交響楽団は客演指揮者の契約を打ち切ると発表。ニューヨーク・フィルハーモニックやシカゴ交響楽団も来年のコンサートの出演辞退を公表した。

 親日家で知られ、NHK交響楽団の名誉音楽監督も務めている。




世界的指揮者 シャルル・デュトワ氏 セクハラ疑惑を否定
 NHK - 2017年12月24日 4時31分

 世界的に知られる指揮者、シャルル・デュトワ氏が過去に女性歌手などに対し、セクハラ、性的な嫌がらせをしていたとメディアに伝えられたことについて、デュトワ氏は、「全く根拠がない」などと疑惑を否定する声明を発表しました。

 これはAP通信がデュトワ氏とともに音楽活動をしていたソプラノ歌手など女性4人の証言として、デュトワ氏が1985年から2010年までの間、控え室やエレベーターの中などで女性たちに対し、セクハラ、性的な嫌がらせを繰り返していたと報じたものです。

 AP通信によりますと、今回の報道についてデュトワ氏は23日、所属する事務所を通じて声明を発表し、
「私に対する申し立てはとてもショックだった。メディアで報じられたような行為は認識していない。強制的な身体の接触などの告発には全く根拠がない」
などとして疑惑を否定しました。
 そのうえで、デュトワ氏は法的な手段を取ることも検討しているとしています。

 デュトワ氏は、世界各地のオーケストラの音楽監督や首席指揮者を歴任し、現在はイギリスのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者やNHK交響楽団の名誉音楽監督を務めていますが今回の報道を受けて、近く予定されている複数の公演での指揮が中止になるなど、影響が広がっています。



ニューヨークの名門バレエ団の芸術監督が退団、セクハラ疑惑で
 REUTERS - 2018年1月4日 08:34
 

[ニューヨーク 2日 ロイター]
 米国バレエの名門であるニューヨーク・シティー・バレエ団の芸術監督、ピーター・マーティンス氏(71)は1日、同バレエ団を退団すると発表した。セクハラ告発を受けたためで、校長を務めるスクール・オブ・アメリカン・バレエからも退く。

1日付の書簡でマーティンス氏は、告発は匿名かつ何十年も前のことだとし、過ちを犯したことを否定し、今後も否定し続けるとした。 その上で「この混乱を終わらせるため、退く時だと決断した」と述べた。

同バレエ団は先月、マーティンス氏のセクハラを告発する匿名の手紙を受け取り、弁護士に依頼して現在調査を行っている。




米でまたセクハラ疑惑辞任 世界最高峰バレエ団監督
 日刊スポーツ - 2018年1月3日9時36分
 

 米国を中心にセクハラ被害を告発する「#Me Too(私も)」の動きは、年明けも収まらない。米ニューヨーク・タイムズ紙電子版は1日、セクハラ疑惑が浮上していた米国の名門バレエ団「ニューヨーク・シティー・バレエ団(NYCB)」の芸術監督ピーター・マーティンス氏(71)が辞任を決めたと報じた。NYCBは世界最高峰のバレエ団の1つで日本でも高い人気を誇る。同氏は83年から30年以上にわたり、同バレエ団を支えてきた。

 同紙によると、同氏は1日付の文書で「私は(疑惑を)否定してきたし、否定し続ける。いかなる暴行にも関与していない」と疑惑を否定。さらに「バレエ団の調査には協力した。近々完了する調査の結果は、私に掛けられた疑いを晴らすものとなると理解している」と報道に反論した。

 同紙は先月、現役ダンサー1人を含む5人のダンサーが1993年以降に言葉や身体的な暴行を、マーティンス氏から受けたと証言したと報道。バレエ団が調査を始めていた。

 複数の元ダンサーは、同氏は一部のダンサーと緊密な関係を持つことで知られており、そのダンサーたちはバレエでいい役をもらっていたと証言している。一方、現役ダンサーからは擁護の声も上がっている。




ハリウッド女優ら300人行動
 セクハラ撲滅 女性労働者支援

 しんぶん赤旗 - 2018年1月4日(木)
 

【ワシントン=池田晋】
 ハリウッドのトップ女優や映画監督、プロデューサーなどエンターテインメント業界の300人以上の女性らが1日、セクシュアルハラスメントの撲滅と職場における均等待遇の実現に向けたキャンペーンを開始しました。「タイムズ・アップ」(時間切れ)とのキャンペーン名で同日付の米紙ニューヨーク・タイムズに全面広告を掲載、ホームページも立ち上げました。

 米国では昨年、ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏による女優らに対するセクハラの告発をきっかけに、政界や産業界などにもセクハラ・性暴力を告発する動きが広がっています。

 「姉妹らへ」と呼びかける公開の書簡は「今や、以前までと違い、メディアや重要な政策決定者に対する私たちの声には、(セクハラに対する)真の説明責任と結果をもたらす潜在力がある」と強調しています。

 ホームページ上では、農場や工場など、とりわけ低賃金の条件下で働く女性らが職場での性暴力や搾取にさらされているとし、「もう沈黙しないで。もう待たないで。差別や嫌がらせ、虐待にもう我慢しないで。時間切れよ」と全業界の女性らに連帯を呼びかけています。

 「タイムズ・アップ」は、こうした弱い立場にある女性労働者を法的に支援する基金(現在約1300万ドル)の設立のほか、セクハラを容認する会社の処罰の立法化など、均等待遇を目指して活動するとしています。

 書簡には、女優のメリル・ストリープさん、グウィネス・パルトロウさん、ジェニファー・ローレンスさんらが名前を連ねています。



関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック