FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



トスカニーニの「反ファシズム」の心意気を示す『インターナショナル』の演奏!
2017年12月28日(木)

今日のNHK-FMの番組で、ベルディの「イタリア賛歌」の
最後の部分をトスカニーニが編曲して「諸国民の賛歌」として
演奏したものが放送された。
(2017/12/28, 8:20am 頃)

まだ第二次世界大戦でファシスト・イタリア=ムッソリーニ&
ナチス・ドイツ=ヒットラー&大日本帝国に対して連合国が
死闘を続けている最中の1943年の演奏会。
その「諸国民の賛歌」では、原曲の『イタリア賛歌』の処が
『裏切られたイタリア』と歌わせているとのこと。
そして、その最後に連合国の国歌が次々とコラージュされて
演奏される。
フランスやイギリスの国歌が様々に編曲・構成されて
楽曲が大迫力で終わったように思った直後に続けて演奏
されたのは『インターナショナル』(当時のソ連の象徴)。
それも、最初から最後までそのまま演奏された。

そして、それに続いてアメリカ国歌も最初から最後まで。

まだ、表向きには米ソ冷戦が始まっておらず反ファシズム
で連合国として協力していた時期。

大指揮者として、超然と政治から距離を取るのではなく、
「反ファシズム」の態度を明確にしたトスカニーニの心意気。

フルトヴェングラーやカラヤンがナチスに協力させられた
のとは対照的な態度であるが、トスカニーニが早くから
アメリカに招聘されて半ば永住していたことにもよるだろう。

************
NHK-FM
【トスカニーニ変奏曲 ≪第4変奏≫ 】
 トスカニーニの素顔~音楽は心の中に~ 
 http://www4.nhk.or.jp/P3809/21/


TOSCANINI.jpg

「諸国民の賛歌(1943年録音)」
(テノール)ジャン・ピアース、
(合唱)ウェストミンスター合唱団、
(管弦楽)NBC交響楽団、
(指揮)アルトゥーロ・トスカニーニ


12月28日(木)あさ7:25-9:15 第4変奏(第4日)
「トスカニーニの素顔~音楽は心の中に~」 

「聞きたいのは、音符ではない。 スピリット、心を聞きたいのだ。」と奏者たちに求めたトスカニーニ。全力投球の練習はまるで魔法のように奏者たちを動かしました。指揮台を降りた普段の生活にも触れながら、素顔のトスカニーニに迫ります。




関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック