FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



MET Live Viewing ベッリーニ【ノルマ】を見る! 中洲大洋で
2017年11月18日(土)

先週のロイヤルオペラ【魔笛】 に続いて、今日は中洲大洋で
MET Live Viewing ベッリーニ【ノルマ】を見ました。

内容は、巫女のお頭と巫女見習い そして将軍の三角関係と云う定番。

20171118220212a50.jpg
巫女見習い・アダルジーザ(左)と 巫女頭・ノルマ(右)

2017111822021334a.jpg

将軍・ポッリオーネ

三角関係を解説者は『Love Triangle』と話していた。

まず、結構長い序曲(第一幕への前奏曲)があるのだが、映像監督
(Camera Director)の好みの?美人の女性フルーティストを
何度も何度もクローズアップしていてちょっと辟易。
おそらく10回以上はドアップにしていた。
映像監督は相当このフルーティストが好きらしい!(笑)

物語のストーリーはさておき、タイトルロールの ノルマ は、
ソプラノ歌手に取って相当の難役らしく、世界数多く居る
ソプラノ歌手の中でも、この曲を通しで歌えるのは何人かしか
居ないらしい。

当初はMET常連のアンナ・ネプレクトがノルマを演じると
発表されていたのだが、本人が途中で辞退したとのこと。
初めて挑戦して練習して見たが困難であることが解ったとか。

これは、大変な事態であるらしく、METは配役に難渋。

と云うのは、 METとかロイヤルオペラのような大歌劇場では、
3年前にはキャスティングを決めておかなければ間に合わない
からという。

アンナが辞退したので、世界中のオペラ業界が大混乱。
幸い、この役を何度も演じて居るソンドラ・ラドヴァノフスキー
がロイヤルオペラで演じる予定の別のオペラを降板し、
そのロイヤルオペラの配役をアンナと交代。
ソンドラがMETの方に出演することで解決したと云う。

20171118220211306.jpg
ソンドラ・ラドヴァノフスキー

ロイヤルオペラとメトロポリタンオペラでバーターして
役を入れ替えたと云う究極の解決策だった。

この辺の事情を詳しく書いた記事が配信されていたのだが、
既に非公開になって居るようだ。

以下は、公式サイトによる作品紹介。

ベッリーニ 【ノルマ】

国将軍との禁断の恋に落ちた巫女ノルマを待ち受ける運命の三角関係!恋人の裏切りに彼女はどう応えるのか?女として母として「愛」を貫いた気高い女性を描いて感動を呼ぶベッリーニの大傑作が、シーズンオープニングを飾る!ノルマのアリア〈清らかな女神〉は旋律美の極致。ベルカントの二大女王、S・ラドヴァノフスキーとJ・ディドナートの競演は必見!伝統的な美感あふれるD・マクヴィガーの演出で、歴史絵巻を堪能しよう。

指揮:
カルロ・リッツィ
演出:
デイヴィッド・マクヴィカー
出演:
ソンドラ・ラドヴァノフスキー、ジョイス・ディドナート、ジョセフ・カレーヤ、マシュー・ローズ
上映時間:
3時間27分(休憩1回)
MET上演日:
2017年10月7日
言語:
イタリア語
《ノルマ》のあらすじ

紀元前1世紀、ローマ帝国支配下のガリア(現在のフランス)地方。ドルイド教の巫女ノルマは、敵方のローマ帝国将軍ポッリオーネとひそかに愛し合い、2人の子供をもうけていた。だがポッリオーネはノルマに飽き、若い巫女のアダルジーザをローマに連れ帰ろうともくろんでいる。恋人の裏切りを知ったノルマは、怒りに任せてローマとの戦いを宣言。そこへ、アダルジーザに会うため神殿に入って捕らえられたポッリオーネが引き立てられてきた。自分のもとに戻るなら解放するとポッリオーネに迫るノルマだが…。

関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック