FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



30分の右翼の脅迫で10年がかりの映画が上映中止
 TBS系の「ニュース23」が、映画「靖国 YASUKUNI」が上映中止になった経緯をフォローアップしていた。

YasukuniMovie.jpg

 それによると、最初にこの映画の上映を中止した映画館は、活動歴4年の たった“一人の”右翼青年(21)が、街宣車で行った僅か30分の脅迫的行動に屈服し、「近隣の迷惑になるので」という理由でトラブルを回避するために「上映中止」を決めたという。

 事実関係を知らないので、このニュースの報道が唯一の事実だとすると、組織的かつ大規模な上映阻止街宣が行われたものと思っていた私や他の多くの人々の理解とは大きく異なったものであると思う。

 私の誤解では、この映画上映を阻止するために、誰かに雇われた右翼・暴力団が東京に集結し、街中を街宣車が大きな音で、大挙して走り回り、住民に迷惑を掛けていた、と思っていた。

 一人で来た“右翼”の僅か30分の演説で屈服したのだとすると、恐ろしいことだ。
一つには、最近頻発している、「誰でもよかった殺人事件」や「無差別銃乱射事件」など、簡単に銃で撃つという風潮に対する恐怖もあるものと思う。

 この一つの動きが、波動として広がり、上映を予定していた映画館の全てが、右翼による暴力を怖れて、次々と「上映中止」を決めたのであった。
 よく言えば「君子危うきに近寄らず」であり、悪く言えば「臭いものには蓋」。
簡単に言えば、「ゴタゴタに巻き込まれたくない」 という意識であろう。

 このあまり聡明には見えない“右翼”青年が、この番組のインタビューに応じて、さまざま饒舌を吐いていたが、質問の最後に
「あなたの行動でこの映画を見られなかった人々への責任はどう取るつもりですか?」と問われ
この青年は答えられず、言わば絶句してしまった。
彼が行動を起したきっかけは、一つの週刊誌での報道によるものであり、彼自身この映画は見ていないようであった。
見もしない映画の上映阻止運動をするとは、何ともはや馬鹿げている。
ものごとの分別・知性のある人のすることではない。

 番組のキャスターは、
「蓋を開ければ、活動歴4年の一人の右翼青年の街宣車による行動が、10年掛けて創り上げた映画をいとも簡単に葬り去った」
という趣旨の発言をし、
また日教組の教研集会を「プリンスホテル」が直前に断ったことにも触れて
「右翼の行動に萎縮してゆく傾向があるのではないか?」と疑問を投げかけていたが、
 別のコメンテイターは、こういうことを許すことになるにあたっての
「メディアの責任は大きい」と批判していた。

関連記事


この記事に対するコメント

「右翼の正体」

右翼団体の多くは、騒音をまき散らしながら国民を威嚇して、愛国者 = 「変質者、危ない人」というイメージを植え付け、

さらに日の丸や、天皇陛下のイメージを汚しながら、企業に無理難題を押し付けて金銭を要求するなどの犯罪を行っています。

(参考URL)
http://www.geocities.jp/uyoku33/

【2008/08/14 22:25】 URL | 「右翼の正体」 #E6wUXrP2 [ 編集]


なるほど,そういうことだったのですか.でも言われてみれば,ありそうなことだと思います.自分の職場でももう何年も前から「臆病病」とでも言うような傾向が蔓延しているように思います.ご紹介された出典不明の似非格言「君子危うきに・・・」の悪影響も大きいと思われます.
極右の街宣車と言えば,私のブログで紹介した「ミサイル防衛」反対集会にも来ていました.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2008-03-24
しかし参加者の多くはもちろん動じる様子はありません.「景気付けに来てくれてますね」などと隣どうしで話していました.実は,私が会場が分からず道に迷っていたのですが,この街宣車が通るのが見え,それで会場にたどり着けました.もっと彼らに「慣れる」必要がありますね.

【2008/04/08 21:43】 URL | yamamoto #npZ2BW2I [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

映画そのものの破壊工作をする有村治子議員を罷免せよ

映画「靖国」への「検閲」でも飽きたらず,自民党の国会議員は映画そのものへの破壊工作を始めた.共同通信配信の記事を今日(10日)の西日本...
ペガサス・ミラー【2008/04/12 06:43】


アジェンダ設定力

「表現の自由」は無制限か? 反発する向きもあるようだが,「世に倦む日日」の論考には鋭いものがある.映画「靖国」上映問題をめぐる記事「...
ペガサス・ミラー【2008/04/10 08:31】