観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



映画 【心が叫びたがってるんだ。】 を見ました!
2017年7月29日(土)

 今朝 9時15分からトリアス久山ユナイテッド・シネマで
芳根京子 主演の青春映画
【心が叫びたがってるんだ。】 を見ました!


高校生が、毎年恒例の地域交流行事で、
初めて創作ミュージカルに取り組む物語で、
ヒロイン成瀬順には【表参道高校合唱部】や、朝ドラ【べっぴんさん】で
ヒロインを演じた芳根京子 さん

2017073018382925a.jpg


人を傷付ける言葉を吐くと、声が出なくなると云う地元の神社の伝説を背景に
小学生低学年の頃の出来事がトラウマになって声が出なくなった少女を描くが、
背景に、昨今問題になっている『ヘイトスピーチ』への批判的視点も見えた。

映画の中で、地域イベントの向けた創作ミュージカルの制作を
高校生になった成瀬順たちが取り組むのですが、そのクライマックスで
歌われるメロディが、『オズの魔法使い』から「Over the Rainbow」
ベートーヴェンのピアノソナタ『悲愴』第2楽章を組み合わせたコラボで、
それが、全くうまく嵌っていました!

201707301935538fb.jpg

その日の夜には、アニメ版もTVで放映されていて(西日本新聞記事↑)、
途中から見ましたが、アニメ版の方が使用楽曲は多いように思えました。
しかし、このクライマックスの2曲のコラボレーションは使われていました。



ストーリーも劇中ミュージカルの内容も楽曲も素晴らしい映画でした!


【心が叫びたがってるんだ。】 公式サイト



20170730183823ba6.jpg


  映画.com による作品紹介

【解説】
2015年公開のオリジナル長編アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」を、人気アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人主演で実写映画化。
他人と本音で向き合うことができない高校3年生の坂上拓実は、クラスの担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されてしまう。一緒に任命されたクラスメイトの成瀬順は、幼い頃のトラウマのせいでしゃべると腹痛に襲われるため文字でしか他人と意思疎通できず、同級生からは変わった子だと思われている。
担任の提案により、交流会の出し物はミュージカルに決定。そのヒロインを務めることになった順は、拓実のある言葉をきっかけに、これまで心に閉じ込めてきた自分の本当の気持ちを歌にして伝えることを決意する。

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で注目を集める芳根京子が順役をつとめ、「四月は君の嘘」の石井杏奈、佐藤浩市の息子で「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の寛一郎が共演。「近キョリ恋愛」「君に届け」など数々の青春映画をヒットさせてきた熊澤尚人監督がメガホンをとる。

【作品データ】
製作年 : 2017年
製作国 : 日本
配 給 : アニプレックス
上映時間 : 119分

【スタッフ】
監督:熊澤尚人 原作:超平和バスターズ
脚本:まなべゆきこ プロデューサー:日高峻・斎藤俊輔

【キャスト】
 配 役 :  役 名
中島健人:坂上拓実
芳根京子:成瀬順
石井杏奈:仁藤菜月
寛一郎:田崎大樹
大塚寧々:成瀬泉
荒川良々:城嶋一基
西山潤:三嶋樹






     ********

(当ブログ執筆者による映画導入部)

ヒロイン・ 成瀬順は、小学生低学年の頃、丘の頂上にあるテーマパーク風の
お城を本当の王子様の住むお城と思っていた。
ある日、そのお城から父親が母親とは別の女性と車で出てくる処に遭遇。
母親に、「お父さんが王子様になってお城から出て来た。
       一緒に出て来たのはお母さんでは無かったけど」と
 疑いもなく話す。

母親は、驚いて「今のことは、誰にも言っちゃダメ!」と怒る。

数日後、父親が幼い成瀬順に、
「お前のおしゃべりのおかげで出て行かなくてはならなくなった」
   と、 自らの不倫の責任を娘に転嫁して怒って出てゆく。

その、丘の上の西洋風お城は、地元では有名な 『ラブホテル』 だったのだ。

「人が傷つくことを願うと声が出なくなる」 との
地元神社の伝説を聞いていた成瀬順は、声が出なくなるのだった。

そして祟りだと信じている順は、声の出ないまま高校生となる。
高校では、『声を出せないちょっと変わった女子』 とされていて
仲間外れ状態。

それを察してか、担任の教師が、地元の交流イベントの実行委員に選ぶ。
辞退しようとした順だったが・・・

(以下は、ネタバレになるので・・・省略)
関連記事
テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック