観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



映画 【いつまた、君と】を見ました!
2017年7月9日(日)

 昨日、映画 【いつまた、君と~何日君再来~】 を
トリアス久山ユナイテッド・シネマで見ました!

201707092349246d1.jpg

尾野真千子さんが主役と云うのを見て
この映画を見る気になりました!

日本の誤った国策で 中国などに村ごと移住し困難な開拓を課せられた
『大東亜戦争』敗戦後の日本人の命運を描く日本映画でした。

最初は、題名から中国映画ないし日中合作映画と思っていたのですが
日本映画でした。

多くの日本人が敗戦後 中国大陸で『難民』と化し、無念の最期を迎えた
方々も多く、そう言う人々を描いている映画も有りますが、
この映画では、一家が無事日本に帰国できます。

その後の、日本での困難な生活を描いた映画でした。

昭和27年(私の生まれた年)の大阪の光景も描かれていて、
私の両親もこう言う環境で私を育ててくれたと言うことが
解り感銘を受けました。

映画の中で尾野真千子さんは、その頃の女性を演じていますが、
現代の、おそらく八十代を演じているのは、先日亡くなられた
野際陽子さんでした。

私は、そのことを知らないまま、この映画を見たものですから
多少驚きがありました。
当に遺作とも言えるのではないでしょうか?!

【 何日君再来 】公式サイトへのリンク

エンドクレジットの歌~何日君再来~の途中で、その歌手が
高畑充希さんであることが当にエンドクレジットで解りました。
いつもの高畑充希さんとは歌い方を変えて楽曲に合わせていました。

ユナイテッド・シネマによる作品紹介

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。綴られていたのは今まで知ることのなかった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった…。

監督:深川栄洋
原作:芦村朋子 (主役・向井理さんの実祖母)
主演:
尾野真千子/向井理/岸本加世子/駿河太郎/
イッセー尾形/成田偉心/野際陽子

関連記事

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック