観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



LGBT を二つの側面から真正面に捉えた映画!



2017年3月4日(土)

今日、午前中に始まる初回上映(11:15)で
「LGBT」を真面目に扱った映画 【彼らが本気で編むときは、】を
見てきました。

別のコメディー映画では(私は、この手の映画は見ませんが)
ヤクザ組織に入り込む潜入捜査官を男らしくド派手に演じていた
生田斗真さんが、男の子に生まれたが心は女性と言う性同一性障害で
『上も下も工事は終わって』 女性に成り切っている元男性を
演じ、これを支える男性として桐谷健太さんが演じていました。

この映画には伏線があり、子どもをネグレクトして勝手に出て行った
母親(ミムラ)に『捨てられた』小学生高学年の女子とその同級生の男子が
登場し、その男の子も実は性同一性障害で 悩んでいるが、母親(小池栄子)
は気付いていないと言う状況。

中々、真に迫った良い映画でした !

観客は十数名と、ちょっと寂しい上映でした。。

『彼らが本気で編むときは、』
ユナイテッド・シネマトリアス久山 トリアス
#uc_film
http://www.unitedcinemas.jp/hisayama/film.php?movie=5688&from=tw
 

*****************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は無し
 ESTA温泉(サウナも)のみ (-_-;)

 歩数計 : 3,300 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




 






関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック