観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」 1月10日発表
2017年1月13日(金)

 能年玲奈さんが主役・すずさんの声を務める
 「この世界の片隅に」がキネマ旬報ベスト・テンで1位を取った!

この映画の良い処は、声高に「反戦」を唱えるのではなく、
ごく普通のつましい生活をしていて
「戦争は何処でやっとるんじゃろう?」と思っている
国民が、次第に悲惨な状況に追い込まれて行くことを
表現している処でしょう。

映画前半の豊かではないが平穏な生活を表現することで
戦争の犠牲者が誰であり、その人たちが知らない内に
「ある日突然、戦争がおこり始める…」形で戦争に
引き込まれてしまう恐ろしさを
見た人々に感じさせるところに主眼があると思います。

そして、それが他人事では無く今進められていることを!

「君の名は。」を押しのけて、キネマ旬報と云う
プロの眼で、第1位に選ばれたのも其処でしょう!



ところが、能年玲奈さんを「あまちゃん」で世に出したはずの
NHKの記事では、能年玲奈さんの名前も写真も出さず!
キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」
 NHK - 2017年1月10日 17時50分
http://www3.nhk.or.jp/ne…/html/20170110/k10010834341000.html

私は見損ねたが、昨日のNHK【クローズアップ現代+】でも
「この世界の片隅に」が取り上げられ、こちらには のんさんが
出演して「しっかり話していた」とのこと。
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3916/index.html


日経や朝日新聞でも能年玲奈さんの名前も写真も出さず

「この世界の片隅に」日本映画1位 キネマ旬報
 日本経済新聞 - 2017/1/10 20:44
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10HAX_Q7A110C1CR8000/

キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」
 朝日新聞 - 2017年1月10日18時42分
http://www.asahi.com/articles/ASK1B4CJPK1BUCVL00Q.html 


HuffPost 記事だけが、能年玲奈さんの名前も写真も出している。

「この世界の片隅に」キネマ旬報で1位の快挙 アニメ映画で2度目
The Huffington Post | 執筆者: 泉谷由梨子
投稿日: 2017年01月10日 17時01分 JST
http://www.huffingtonpost.jp/…/01/10/konosekai_n_14074146.h…
キネマ旬報ベスト・テンとその他の受賞者は以下のとおり。

 HuffPost 記事より
【日本映画】
1:この世界の片隅に
2:シン・ゴジラ
3:淵に立つ
4:ディストラクション・ベイビーズ
5:永い言い訳
6:リップヴァンウィンクルの花嫁
7:湯を沸かすほどの熱い愛
8:クリーピー 偽りの隣人
9:オーバー・フェンス
10:怒り
外国映画
1:ハドソン川の奇跡
2:キャロル
3:ブリッジ・オブ・スパイ
4:トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
5:山河ノスタルジア
6:サウルの息子
7:スポットライト 世紀のスクープ
8:イレブン・ミニッツ
9:ブルックリン
10:ルーム
監督賞:片渕須直(「この世界の片隅に」)
脚本賞:庵野秀明(「シン・ゴジラ」)
主演女優賞:宮沢りえ(「湯を沸かすほどの熱い愛」)
主演男優賞:柳楽優弥(「ディストラクション・ベイビーズ」)
助演女優賞:杉咲花(「湯を沸かすほどの熱い愛」ほか)
助演男優賞:竹原ピストル(「永い言い訳」)
新人女優賞:小松菜奈(「溺れるナイフ」ほか)
新人男優賞:村上虹郎(「ディストラクション・ベイビーズ」ほか)
外国映画監督賞:クリント・イーストウッド(「ハドソン川の奇跡」)
関連記事

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック