観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



舞台劇・テレビドラマ・映画などで活躍されていた 平 幹二朗 さんが御逝去 82歳
2016年10月26日(水)

 特徴ある風貌と台詞回しで定評のあった俳優・平幹二朗さん
がお亡くなりになったとのこと。 享年82歳。

   Hira Mikijirou-01
         画像はネット検索で入手

 先だってお亡くなりになった蜷川幸雄さんの舞台にも出演していたし、
 今も自らの劇団を立ち上げて頑張っている浅利慶太さんの舞台にも出演。

 浅利慶太さんとの親交から【劇団四季】の舞台にも立ったことがあったが、
【劇団四季】の団員にはなっていなかったと思う。

     ***************

俳優の平幹二朗さん82歳 自宅で倒れる
 毎日新聞2016年10月24日 00時55分
 

 端正な容姿と朗々としたセリフ術で、「王女メディア」「近松心中物語」など戦後日本演劇界の第一線で活躍し、海外でも高く評価された俳優の平幹二朗(ひら・みきじろう)さんが死去した。82歳。警視庁などによると、23日夕、東京都世田谷区内の自宅の浴室で倒れているのを家族が発見したという。 

 広島市出身。子供のころから歌舞伎などの舞台を見て育ち、高校時代は演劇部で活躍した。
1953年に2度目の受験で俳優座養成所に合格。56年に俳優座座員となり、「貸間探し」で舞台デビューした。
66年劇団四季の浅利慶太さん演出による「アンドロマック」に出演。
2年後に俳優座を退団し、以降、浅利演出作品、蜷川幸雄演出作品などに次々と主演し、演劇界で確固たる地位を築いた。

 整った顔立ちにスラリとした長身。深みのある声、明瞭かつ重厚なセリフ術を武器に、空間を瞬く間に支配するダイナミックで緻密な演技は、他の追随をゆるさない存在感を放った。

 蜷川の海外初進出作品となった78年初演のギリシャ悲劇「王女メディア」では、異形の女形でメディアの怒りと悲しみを造形し、83年のアテネ公演では本場の観客らから絶賛を浴びた。
太地喜和子と共演した「近松心中物語」(蜷川演出)の忠兵衛、「NINAGAWAマクベス」(同)のマクベス、「リア王」のタイトルロールなど代表作多数。


 また自ら「幹の会」を主宰し、これまでシェークスピア作品を12本上演
また2012年から「王女メディア」(高瀬久男演出)に挑み、16年には「一世一代、ふたたび」として半年にわたり全国各地で公演した。

 映像では、NHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」「国盗り物語」での主演をはじめ、多くの映画、ドラマに出演。近年も山崎豊子原作の連続ドラマ「沈まぬ太陽」で重厚な演技を見せた。

 84年度芸術選奨文部大臣賞(「王女メディア」「タンゴ・冬の終わりに」)、98年紫綬褒章、05年旭日小綬章、14年毎日芸術賞(「唐版 滝の白糸」「鹿鳴館」)など受賞・章多数。

 70年に女優、佐久間良子さんと結婚し、男女の双子(長男は俳優の平岳大さん)をもうけたが84年に離婚した。

 今秋スタートしたフジテレビ系ドラマ「カインとアベル」に出演中だった。 



     ***************

平幹二朗さん急死、自宅浴槽で心肺停止 月9出演中
 日刊スポーツ - 2016年10月24日8時26分
 

 存在感ある重厚な演技と格調高いせりふ回しで知られる俳優の平幹二朗(ひら・みきじろう)さんが都内の自宅で急死していたことが23日、分かった。82歳だった。葬儀・告別式の日取りや喪主は未定。

 関係者によると、所属事務所スタッフがこの日、平さんと連絡を取ろうとしたが応答がないため、家族が午後6時半ごろ、東京都世田谷区内の自宅を訪れたところ、浴槽の中で倒れているのを発見して119番した。警視庁北沢署員が駆け付けたが、既に心肺停止状態だったという。詳しい死因などは不明。平さんは1人暮らし。同署は事件性はないとみている。

 訃報を受けてこの日深夜、都内の自宅周辺に取材陣が集まったが人の出入りはなく静まり返っていた。

 平さんは、今月9日まで上演された舞台「クレシダ」の大阪公演のステージにメインキャストとして立っていた。また放送中のフジテレビ系連続ドラマ「カインとアベル」(月曜午後9時)に出演中で、山田涼介と桐谷健太が演じる主人公兄弟の祖父役として先月29日に行った第2話の収録に参加していた。今後の収録スケジュールは未定だったが、同局関係者は「具合が悪い様子などはまったくなかった」と驚いている。関係者によると、来年3月に舞台に主演する予定もあった。

 高校卒業後、俳優座養成所を経て、56年に俳優座に入団。「ファウスト」などに出演して仲代達矢(83)とともに若手ホープと期待された。63年のフジテレビ系ドラマ「三匹の侍」で人気を獲得。
 68年にフリーになると、劇団四季「ハムレット」で高い評価を得た。
 さらに「樅ノ木は残った」「国盗り物語」などNHK大河ドラマで幅広い視聴者に支持され、国民的人気を集めた。

 舞台では76年以降、演出家の蜷川幸雄さん(享年80)と組んで数多くの作品に出演。「王女メディア」「近松心中物語」などでヒットを連発した。その後も「NINAGAWAマクベス」「オイディプス王」などに出演。蜷川作品に欠かせない俳優として知られた。

 過去に肺がん手術も受けたが回復。
 「ヴェニスの商人」「リア王」「オセロー」などシェークスピア作品に意欲的に取り組んだ。

 私生活では70年に女優佐久間良子(77)と結婚。1男1女をもうけたが、84年に離婚した。
 長男は俳優の平岳大(42)。

 98年に紫綬褒章、05年に旭日小綬章を受章した。

 ◆平幹二朗(ひら・みきじろう)
 1933年(昭8)11月21日、広島県生まれ。53年に俳優座養成所に5期生として入所。56年に俳優座入団したが、68年フリーに。
 浅利慶太氏演出「アンドロマック」「ハムレット」や
 蜷川幸雄氏演出「王女メディア」「近松心中物語」「NINAGAWAマクベス」などに主演。
 ドラマは「三匹の侍」で人気を得て、70年「樅ノ木は残った」や73年「国盗り物語」などNHK大河ドラマ主演。 




*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 には行かず。
 ESTA温泉(サウナも)のみ

 歩数計 : 2,200 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************




関連記事

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック