観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【アンナとアントワーヌ】(原題:UN+UNE)をKBCシネマで
2016年9月18日(日)

 今日の午後からKBCシネマに行ってフランス映画
【アンナとアントワーヌ】 愛のプレリュード
 (原題:UN+UNE)をみました。

 原題では、男性(UN)の方が先に女性(UNE)の方が後になっていて
謂わば「男と女」なのですが、邦題は Lady First となっているようです。





 有名な映画 【男と女】 を 同じ監督と作曲家の手で
50年ぶりに『新規リメイク』された新作映画だとのこと。

 クロード・ルルーシュ監督 と フランシス・レイによる音楽

 舞台は、インドのフランス大使館で、大使夫人・アンナ(UNE)と
作曲家・アントワ-ヌ(UN)の道ならぬ恋が主題!

 フランスとインドの合作映画制作課程が背景に有ります。
その劇中映画の題名は、「ジュリエットとロミオ」であり、
こちらは、Lady First !




 中年期の男女の『若々しく』も狂おしい恋愛を描いた映画!

 この二人の会話劇とも言えます!

 大使夫人はインドに来てスピリチュアルに開眼し魅了されていて、大使館で開催された
仏印合作映画のレセプションで初めて会った作曲家に『立て板に水』状態で話し続けます!
相手の関心にはお構い無しに、正にスピリチュアルに嵌まってしまっている状態。
 その機関銃のような話しぶりに、作曲家は辟易なようで、次第に惹かれて行きます。
映画の観客も、次第に引き込まれて行くようで・・・ あぶないあぶない!

 その大使夫人は、超絶美女ではないのですが、なぜか魅力的!


 そしてアンナは、インドでは生き神として尊敬崇拝されているアマンに会いに
アントワーヌを道連れに長旅(でも数日)に出掛けます!

 そのあたりはロード・ムービー的でもあり。

 しかし驚いたのは、どんな辺鄙な地域に出掛けても携帯電話が通じていること!
 インドの携帯インフラ畏るべし!

 内容的には、眠く成りそうですが、居眠りしませんでした。

   【アンナとアントワーヌ 愛のプレリュード】 公式サイト



   Movie Walker による作品紹介 

 『男と女』の巨匠、クロード・ルルーシュ監督による大人のラブストーリー。異国インドで出会った映画音楽作曲家とフランス大使の妻が、お互いにパートナーがいながらも、2日間の列車旅行を通して距離を縮めていくさまがつづられる。これまでにもルルーシュ監督とコンビを組んできたフランシス・レイによる音楽が物語を盛り上げる。

******************
 原 題 : UN+UNE
 製作年 : 2015年
 製作国 : フランス
 配 給 : ファントム・フィルム
 上映時間 : 114分
******************

【あらすじ】
 映画音楽家のアントワーヌ(ジャン・デュジャルダン)は、自分が作曲してきた映画の主人公のように飄々とユーモアにあふれた人生を謳歌していた。
 そんな折、ボリウッド版『ロミオとジュリエット』の製作のため、パリに恋人を残しインドを訪れたアントワーヌはフランス大使の妻アンナ(エルザ・ジルベルスタイン)と出会う。
 愛する夫との間に子供を授かりたいと願うアンナは、伝説の聖母アンマに会うためにインド南部の村まで旅に出ると言う。多忙なアントワーヌもしばしの休養を求め、アンナを追って2日間の旅に出ることを決める。
 ニューデリーからムンバイ、ケーララへ……。
 異国情緒あふれる美しい風景の中、やがて二人は惹かれ合い……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配 役
アントワーヌ : ジャン・デュジャルダン
アンナ : エルザ・ジルベルスタイン
Samuel Hamon : クリストファー・ランバート
Alice Hanel : アリス・ポル

監  督 : クロード・ルルーシュ
脚  本 : クロード・ルルーシュ
脚本協力 : ヴァレリー・ペラン
原  案 : クロード・ルルーシュ
音  楽 : フランシス・レイ









*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動は、無し

 歩数計 : 1,800 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
関連記事

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック