観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



映画【ニュースの真相】を KBCシネマに行ってみました。
2016年9月11日(日)

 今日は、KBCシネマに行ってアメリカ映画【ニュースの真相】(原題:TRUTH)を見ました。

2004年、大統領選を控えたブッシュ.Jr.が
若き頃にベトナム戦争に送られるのを怖れて
州兵にコネ採用してもらい、兵役逃れを行っていた!
と言うスクープを報道したCBSのニュースショーのネタが、
ガセネタではないか?とのブロガーの指摘から
大問題に発展すると言う実話が元に成っている話しで、
『STAP細胞』事件と似た構造の展開でした。




当時、大統領になるはるか以前の若かりしブッシュ氏が、
極めて危険なイラク・アフガニスタンの戦線に派兵されるのを避けるため
州兵にコネ採用してもらうに当たっての文章記録がTVニュース局に
寄せられたことをキッカケに、一応裏付けを取って報道。

しかし、そのコピーを繰り返された不鮮明な記録文書の活字(フォント)が
当時は、まだ世の中に無かった、マイクロソフトの『WORD』で使われている
【Times New Roman】と云う書体であり、尚且つ 次数を示す「th」などの
『上付き文字』書体も当時は存在しなかったことが発覚。




書体が当時は存在しないものである事を発見したのは、【STAP細胞問題】の
時のように、インターネットでのマニアによる調査でのこと。

TVスクープしたニューススタッフは、当時のニュースの縮刷版や
マイクロフィルムなど、膨大な資料を当たり、これらフォントが
使われていないか 見付けようとします。

そして、特注ではそのような書体も可能であり、
実際に使われていた事を発見はするのですが、
その証明は、余りにも取って付けたようなものなので、
当該の文書が後世の偽造であることは覆せず、
結局、人気があったキャスターは辞職せざるを得なくなる
と云う展開です。




元々の、兵役逃れ情報が、人気のあるキャスターたちを陥れるために
謀られたものらしいことも匂わせます。
謂わば、彼ら彼女らを追い落とすために「嵌められた」ようです。

そう言う展開を見ても、現在の日本日本にも通じる映画でした!




*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動は、無し

 歩数計 : 2,600 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

関連記事

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック