観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 2006年までgooで書いていた「観劇レビュー&旅行記」(リンクの1行目)をFC2に移転します。
私の旅行記や、観劇の感想や評論を気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



月イチ歌舞伎 今月は 【怪談≒喜劇 牡丹燈籠】
2016年8月22日(月)

 きのう中洲大洋で、松竹芸能が提供する映画
月イチ歌舞伎を見て来ました。

 今月の演目は、【怪談・牡丹燈籠】

Cinema-Kabuki_no09_botandoro_Poster.jpg


 本来は、相当怖い怪談なのですが、
脚本と演出の妙で、丸まる喜劇仕立てに!

 歌舞伎界の次世代を代表する『若手』 歌舞伎役者で、先に逝った
中村勘三郎と年も同じだったという坂東 三津五郎が「講談師」円朝を
演じています。

 舞台は、原作者(戯作者)三遊亭円朝が、観客に語る形で導入されます。
この本編への場面転換で、「紗幕」と「小迫り」がうまく使われていました。

 今回の台本は、文学座のために大西信行氏により書き下ろされたもので、
口語調で解り易いものでした。
 ウイットの聞いたセリフに、映画館だと云うのに観客の爆笑が何度も!

 怖い怪談では無くて、面白可笑しいもので、充分楽しめました!



【怪談・牡丹燈籠】 公式サイト 

原作:三遊亭円朝
脚本:大西信行
演出:戌井市郎


 三遊亭円朝の傑作『怪談 牡丹燈籠』は、明治25年(1892)に三世河竹新七の脚色により歌舞伎座で上演され、空前の大当たりとなりました。以来、人気演目として今日に至っていますが、シネマ歌舞伎にもなった中国の昆劇『牡丹亭』もその下敷きとなったと言われています。今回上映致しますのは、平成19年10月の歌舞伎座公演の舞台映像で、台本は、昭和49年(1974)年に大西信行氏が文学座のために書き下ろしたものです。言葉は口語に近く、人物像もより深く掘り下げられた、笑いどころも満載の、現代版『怪談 牡丹灯籠』になっています。

伴蔵とお峰は、18年ぶりに仁左衛門と玉三郎が演じ、イキの合った絶妙な夫婦のやりとりを見せています。そこに、萩原新三郎(愛之助)とお露(七之助)、宮野辺源次郎(錦之助)とお国(吉弥)の二組の男女の物語が重なり、幽霊よりも怖い人間の業の世界が展開してゆきます。カラン、コロンという下駄の音を響かせ牡丹燈籠を手に現れる、お露とお米(吉之丞)の二人の幽霊の怖さとおかしみも見どころです。また、この大西本は、原作者である円朝が舞台にも登場して高座で『牡丹燈籠』を「噺す」という趣向をとっており、こちらも三津五郎の力演によりたっぷりお楽しみいただけます。

出演 : 片岡 仁左衛門、坂東 三津五郎、片岡 愛之助、中村 七之助、中村 壱太郎、中村 吉之丞、上村 吉弥、坂東 竹三郎、中村 錦之助、坂東 玉三郎
 



*****************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動は、

 歩数計 : 1,700 歩


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  


関連記事

テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック