観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



きのうの日刊スポーツによる 志位共産党委員長密着記事 コピペ
2016年6月28日(火)

 きのうの日刊スポーツに紙面の半分近い大きなスペースを使って、
日本共産党の志位委員長への密着記事が掲載されていましたが、
今日はWeb記事で、ほぼ全文紹介されていましたのでコピペします。

 ただ、きのうこちらで紹介した私の印象では肝心な部分

 現在の野党共闘の状況を音楽に喩えると? と言う難しい質問に
     『二重フーガ』 と見事に回答。
 の処は掲載されていませんでした。

 なので、きのうの写メを再掲!




  以下、日刊スポーツの記事のコピペ

志位委員長、民共批判むしろ歓迎…躍進に手応え
 日刊スポーツ - 2016年6月28日9時42分
 

 <自公が戦々恐共>

最近の国政選挙で躍進を続ける日本共産党。今回も野党共闘が追い風となり、各メディアの議席予測では改選前の3議席から大きく議席を伸ばすとみられている。安倍政権も警戒感を強め、民進党との共闘を「野合」だと批判のトーンを強める。志位和夫委員長(61)が遊説移動中の新幹線でインタビューに応じ、「私たちは政権を目指している。野党を目指しているわけじゃないんです」と、躍進への手応えを語った。


<小沢氏頼もしい>

 民進党と共産党が手を組んで選挙戦に臨む。政治の構図を塗り替えるような“歴史的共闘”は、あの人物がキーマンとなった。

 志位氏は、小沢一郎共同代表(74=生活の党と山本太郎となかまたち)が道筋をつくった野党共闘の実現を感慨深げに語った。「私にとっては頼もしいことですよ。小沢さんは百戦錬磨。大変でした。みなさんの尽力で、自民党との一騎打ちというところまできました」。民進党などが抱いている共産党アレルギーを払拭(ふっしょく)させるプロセスには紆余(うよ)曲折があった。

<過去どうであれ>

 「小沢さんとは昔から散々言い合ってきたけど、今度ばかりは、日本の民主政治が壊れてしまうという認識が一致しました。過去がどうであれ、未来に向かって力を合わせようと」

 新潟長岡、金沢、高松…。野党共闘の重要選挙区で一緒に街頭演説する協力関係を築いた。

<演説に最高の人出>

 「前回の選挙と比べても、多くの人が足を止めてくださって、訴えが届いているなと感じますね。共闘の効果が出ている。残りの期間、もっと上を目指し結果を残したいと思います」

 選挙戦序盤、確かな手応えを感じている。事実、26日に名古屋市で行われた演説には、約6000人(党発表)が集まった。党関係者は「名古屋では過去最高の人出。ここまで集まるとは思わなかった」と驚きを隠さなかった。

<躍進手応え 「私たちは政権を目指している」>

 志位氏が挙げる争点は2つ。「1つは安保法制と憲法改定の問題。憲法違反の安保法制は廃止すべきです。(強行採決で)憲法破りの暴挙をやった政府に退場の審判を下したい。自民党への1票は9条を壊す1票なんだと訴えたい」。

 2つめは「アベノミクスの破綻がはっきりしている」と語気を強める。実質賃金が5年連続マイナスとなっていること、個人消費が2年連続マイナスとなっている例を挙げた。英国のEU離脱による為替や株式市場への打撃についても「海外から投機マネーを集めて株価をつり上げる虚構の経済だから。金融頼みの経済から実体経済、内需頼みの経済に切り替えていかないと」と目を細めた。

 政界のダークホースから、今や野党共闘の主役の一政党。その影響力には、安倍首相と公明党山口代表も警戒心を強める。「民共でいいのか!」。そんな“口撃”を受けても、志位氏はむしろ歓迎していた。

<民共批判むしろ歓迎 「つらいのは、無視されること」>

 「怖くてしょうがないんでしょう。共産党を攻撃すれば共闘の足が止まると思っているのかな。言われれば言われるほどやる気が出ます。真っ正面から受けます。一番つらいのは、無視されることですから」

 柔和な笑みがこぼれた。車窓の景色に目をやる表情にも自信の2文字が浮かんでいた。

  【聞き手=上岡豊】

<最近の国政選挙での共産党>

 ◆13年参院選 選挙区では東京、大阪、京都で議席を獲得。比例区は前回10年の356万票(6・10%)から515万票(9・68%)へ大きく得票を伸ばし、5議席を確保した。非改選3を合わせ、勢力は公示の6から11へ躍進した。

 ◆14年衆院選 沖縄1区でオール沖縄の統一候補として出馬した赤嶺政賢氏が当選。小選挙区では18年ぶりに議席を獲得した。比例区では20議席を獲得。勢力は公示前の8から21へ大躍進し、議案提出権を得た。 




******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 の月末休日に付き運動は無し
 
 歩数計 : 1,000 歩




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

関連記事

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック