観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



震度5 が当たり前になっている 『異常』
2016年4月29日(金・祝日)

 熊本県益城町・嘉島町などで、4月14日と16日に二度に渡る震度7(これより上は無い)
の激震が襲って以来、震度6強が2回、震度6弱が3回、震度5強が3回、震度5弱が7回
と相次いで襲っているので、今日大分を襲った震度5強は、当たり前になってきた。

 なので、報道もその事実を伝えるだけで、危機感は薄れている。

 しかし、震度7が2回連続で襲う前ならば、震度5は、大きな地震として取り上げられていた
はずのものだと思う。
 このレベルの強震が当たり前のことに成っていることが『異常事態』であるとの
認識(地球レベル地殻変動が起こっており、日本列島は地球レベルでは狭い範囲)は
あまり強調されていないようだ。

 川内・伊方原発の危機的状況が予想されるなかで、『当たり前』化が、恐ろしい!

【関連記事】

大分県で震度5強=気象庁
 時事通信 - 2016年4月29日(金)18時57分配信
 

 29日午後3時9分ごろ、大分県中部を震源とする地震があり、同県由布市で震度5強の揺れを観測した。



震源浅く局所的に強い揺れに…震度5強で気象庁
 読売新聞 - 2016年4月29日(金)20時3分配信
 

 大分県中部で29日午後3時9分頃、最大震度5強を記録する地震が発生し、一連の熊本地震で震度5強以上を観測した地震は計11回となった。

 ただ、今回の地震はマグニチュード(M)4・5で、11回の地震の中で最も小さい。震度5強は、震源のほぼ直上の1点だけで観測され、周辺は震度3~1だった。震度5弱や4の観測点はなかった。気象庁は「震源が深さ7キロ・メートルと浅く、局所的に強い揺れになった」とみている。

 同庁によると、今回の地震も、これまでの震源域の範囲内で起きた。大分周辺での今後の地震活動について、東京大地震研究所の古村孝志教授は「地震回数が増えるかどうかは分からない」としながらも、「M4程度なら、これからも起きる。浅い所で発生すれば、その上の地域は強く揺れるので、十分に警戒してほしい」と呼びかけている。



熊本県、仮設住宅建設着手…大分で29日も5強
 読売新聞 - 2016年4月29日(金)21時29分配信
 

 熊本県は29日、熊本地震で被災した住民向けに応急仮設住宅計100戸の建設に着手した。

 6月中旬の完成を目指す。九州自動車道は大型連休初日の同日、15日ぶりに全線開通し、生活再建や観光振興に向けた動きが進み始めたが、同日午後には由布院などの観光地を抱える大分県中部で震度5強の地震があり、気象庁は警戒を呼び掛けている。

 熊本県によると、仮設住宅は、用地が確保できた同県西原村と甲佐(こうさ)町で各50戸を先行的に整備する。1戸あたりの敷地面積は150平方メートルで、入居期間のめどは2年。県は第2期として、同村の村有地に300戸の増設も計画中だ。

 県によると、29日午後1時半現在、避難所に約3万人が身を寄せ、ほかに11市町村が仮設住宅の建設を要望している。県は2100戸分の費用を専決処分しており、建設を急ぐ。

 九州道は29日午前9時、植木インターチェンジ(IC)―嘉島ジャンクション(JCT)(約23キロ)で通行止めが解除され、全線開通した。崩落したのり面の修復工事が続く益城熊本空港IC―嘉島JCT間では上り線で対面通行を行うほか、一時停車や時速20キロの速度規制の措置をとる。

 九州では地震で大きな被害が出た熊本、大分県を中心に宿泊施設のキャンセルが続出している。地震後、少なくとも延べ約42万人分の予約が取り消され、29日は例年より客足が減った観光スポットもあった。

 一方、熊本県は「震災関連死」とみられる人が1人増え、計17人になったと発表した。県内主要医療機関(20病院)で肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で入院が必要と診断された患者は2人増え、計44人になった。

 29日午後3時9分頃、大分県中部を震源とする地震があり、同県由布市で震度5強、同県別府市などで震度3、大分市と熊本県阿蘇市などで震度2を観測した。気象庁によると、震源の深さは7キロで、地震の規模を示すマグニチュードは4・5と推定され、一連の地震の中で、大分県中部を震源とするものでは2番目の大きさだった。

 同庁によると、一連の地震で震度1以上の地震は、29日午後8時現在で1057回。同庁は「大型連休でボランティアをする際などには強い揺れへの備えを十分にしてほしい」と呼び掛けている。 






******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 の月末休日につき運動は・・・なし

 歩数計 : 4,600 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
関連記事

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック