FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



第31回 【日本アカデミー賞】
 ちょっと前の1週間前の話ではあるが、第31回日本アカデミー賞の受賞者発表があった。

生放送も行われていたが、ちょっと見ただけであった。

公式サイトは、ここをクリック

【優秀作品賞】 には、下記の5作品が選ばれた。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
「キサラギ」」
「それでもボクはやってない」
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
「眉山 -びざん-」


私は「きさらぎ」「東京タワー」以外の3作品を見た。

上記の中では、映画作品としては、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
社会へのメッセージとしては「それでもボクはやってない」
を私は推したい。

 【最優秀作品賞】 は、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」。
私は見ていないので論評できない。

   JapanAcademyTrophy.jpg


【優秀主演男優賞】 には、下記の5人が選ばれた。
阿部 サダヲ :「舞妓 Haaaan!!!」
オダギリ ジョー :「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
加瀬 亮 :「それでもボクはやってない」
役所 広司 :「象の背中」
吉岡 秀隆 :「ALWAYS 続・三丁目の夕日」


私は、ここでも「東京タワー 」以外の4作品を見た。

上記の中では、喜劇としては、阿部 サダヲ 
ヒューマン作品としては、役所 広司 を私は推したい。
しかし、吉岡 秀隆も捨てがたい。

  【最優秀主演男優賞】 は、吉岡 秀隆 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

【優秀主演女優賞】 には、下記の5人が選ばれた。
樹木 希林 :「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
寺島 しのぶ :「愛の流刑地」
中谷 美紀 :「自虐の詩」
仲間 由紀恵 :「大奥」
宮沢 りえ :「オリヲン座からの招待状」


上記の中では、ダントツで、宮沢 りえを私は推したい。
「愛の流刑地」は見たが寺島 しのぶは、単に『体当たりヌード演技』をしただけだと思う。
「自虐の詩」も見ていない。

  【最優秀主演女優賞】 は、樹木 希林 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」


【最優秀助演男優賞】 は、小林 薫 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

【最優秀助演女優賞】 は、もたい まさこ 「それでもボクはやってない」

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 は、見損ねたが、受賞記念に再演するであろうからその時に見たいと思う。

各賞は、続き 【... read more】 をお読みください。


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

【各賞 受賞者・受賞作品】

最優秀作品賞 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

最優秀アニメーション作品賞 鉄コン筋クリート

最優秀監督賞 松岡 錠司 :「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

最優秀脚本賞 松尾 スズキ :「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

最優秀主演男優賞 吉岡 秀隆 :「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

最優秀主演女優賞 樹木 希林 :「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

最優秀助演男優賞 小林 薫 :「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

最優秀助演女優賞 もたい まさこ :「それでもボクはやってない」

最優秀音楽賞 大島 ミチル :「眉山 -びざん-」

最優秀撮影賞 蔦井 孝洋 :「眉山 -びざん-」

最優秀照明賞 疋田 ヨシタケ :「眉山 -びざん-」

最優秀美術賞 部谷 京子 :「それでもボクはやってない」

最優秀録音賞 鶴巻 仁 :「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

最優秀編集賞 菊池 純一 :「それでもボクはやってない」

最優秀外国作品賞 硫黄島からの手紙 :LETTERS FROM IWO JIMA
                             / ワーナー・ブラザース映画
話題賞
(作品部門) 「キサラギ」
(俳優部門) 新垣 結衣 <対象作品>「恋空」

関連記事
テーマ:第80回アカデミー賞 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

日本人女優として35年ぶりにベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した女優、寺島しのぶ。

世界をうならせた決め手は、迫真の演技と脱ぎっぷりの良さだった。

ここまでやるか、というぐらいの激しい濡 れ 場。
現地の批評家たちも圧倒されていたらしく、こちらも是非動画でご覧になっていただきたい。


http://trsmsnbkp.blogspot.com/

【2010/02/23 14:05】 URL | 寺島しのぶ、世界をうならせたのは“脱ぎっぷり”だった #mPNCvl7I [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック