観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



菊川怜さんが参議院比例区に 『高森たきこ』 の名前で立候補を表明?!
2016年4月23日(土)

  『菊川怜』こと「高森たきこ」さんが参議院選挙比例代表区からの立候補だという!

 これは、JOKEか本心か?!

 タレント議員など、いまや呆れ飽きられているにも拘わらず、参議院選挙で
自民党が擁立を目指していた才媛(東京大学・建築学科卒) 菊川怜!



      (画像は、放送されたTV画面の写メ:笑)

 才識兼備の菊川怜さんは、ニュースキャスターも務めていたので、
擁立を目指していたのは、確か自民党だけでは無かったと思う!




 その菊川怜さんが、大きく手を振って有権者にアピール!



 右横で応援しているのはタレントのジュディ・オングさんではないか!



 さすがに作り笑顔も決まっている!

    『自由労働党』 公認だって! 


 【女性を美しく 日本を美しく】 何か聞き覚えのあるフレーズ!
    新党を作って比例で立候補したのか?!

     ******************

 と云う訳で、1週間前の2016年4月15日(金) TNC・テレビ西日本で放映された
松本清張スペシャル・ドラマ 【1年半待て】 のエンディングでした (^O^)
 
 もう1週間経ったので、あちこちで取り上げられており、
 『パロディ投稿』 しても許されるでしょう!

 しかし、このドラマ、女性の人権運動と殺人事件とが関わる松本清張らしいドラマ。
その上、ジェームス三木が脚本を書いているので、展開が絶妙。

 主人公(ヒロイン)高森たきこ(菊川怜)を参議院選挙へ出馬させようとする
政党を含む周りの人々の振る舞いは、まさに自民党のタレント擁立のパロディ!
 良く、参議院選挙直前にまた、北海道5区・京都3区 衆議院補欠選挙の
1週間前に放送できたものだ!

 このドラマの放送に関わったキャスト・スタッフに敬意を表します。

また自ら渦中にありながら、このドラマのヒロインを務めた
菊川怜さんの勇気にエールを送ります!見直しました!


******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・なし

 歩数計 : 4,100 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
ここをクリック
関連記事

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック