観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 2006年までgooで書いていた「観劇レビュー&旅行記」(リンクの1行目)をFC2に移転します。
私の旅行記や、観劇の感想や評論を気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



報道の自由度ランキング 日本は72位 デービッド・ケイ教授が記者会見
2016年4月20日(水)

 『特定機密保護法』 が制定されたこともあり、前回(61位)より11位後退して
 今年は、韓国より下の72位。 上位は北欧諸国!

日本の報道の自由度ランク72位、順位10以上後退
 The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom
 投稿日: 2016年04月20日 17時01分 JST

   Jouhoukoukai_Ranking.jpg

 国連人権理事会で表現の自由を担当する特別報告者で、
カリフォルニア大学教授のデービッド・ケイ氏の記者会見のニュースは
【報道ステーション】で取り上げていたが、NHKも昨日の夕方のニュースで
報道したようです。

「日本は報道の独立性の担保を」国連人権理事会担当者
 NHK - 2016年4月19日 16時10分


 もちろん生中継全編放送では無く、ニュースの中の短い報道だった。
 ケイ氏の取材に応じた日本の記者たちは、「匿名」が条件だったが、それこそが
 ジャーナリストや記者の報道・表現の自由が束縛されていることを示している
 とも発言されている。
  国民に真実を報道するべきジャーナリストが『匿名』でないと事実さへ
 表明できない日本の報道管制の酷さ!
 
  テレビ朝日【報道ステーション】では、概要を報道した。
 また、「表現の自由」に関する国連特別報告者のデービッド・ケイ氏
(米カリフォルニア大アーバイン校教授)の記者会見映像も流れた。
本人の声に日本語字幕だったが、「重大な問題」の「重大な」の部分を
字幕では省略していた。英語音声では「Significant」という表現であった。

 録画していた訳ではないので、字幕を正確に再現はできないが、
確かに「重大な」は、翻訳から落ちていた。

 それに何故気付いたかと言うと、日本のメディアが本人の発言を
視聴者には解らないだろうと意図的に『誤訳』したり、
異なるニュアンスの訳をつけたり、甚だしい場合は全く反対の意図を
伝えたりする傾向があるからである。
そういう操作をしていないか? と聞き耳を立てていたのである。

報道の自由、世界で低下 日本72位に後退 「国境なき記者団」報告
 AFP-BB News - 2016年04月20日 15:36 発信地:パリ/フランス


報道の自由度、日本の転落止まらず 海外から厳しい指摘
 朝日新聞 - 青田秀樹=パリ、乗京真知2016年4月20日20時17分

 

******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は・・・
 アクアビクス:30分
 水中歩行:300m

 歩数計 : 3,100 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
ここをクリック
 
日本の報道の自由度ランク72位、順位10以上後退
 The Huffington Post | 執筆者: HuffPost Newsroom
 投稿日: 2016年04月20日 17時01分 JST
 

日本の報道の自由度ランキングは世界72位。

国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は4月20日、同団体がまとめた世界各国の報道の自由度ランキング2016年版をインターネット上などで発表した。日本のランキングは前年の61位からさらに後退し、180カ国中72位となった。2014年時点では59位で、年々順位を下げている。

ランク後退の原因について、団体はウェブサイトで「日本のジャーナリストは厳格な法律によって『国家の秘密』の調査を自主規制させられている。『国家の秘密』には第一原発事故や皇室、国防などすべてが含まれる」と発表している。

発表に先立ち、同団体は4月11日の声明でも、国谷裕子さんや古舘伊知郎さん、岸井成格さんら人気ニュース番組のキャスターが一斉に降板した問題を取り上げ、「安倍晋三政権はメディア規制を強め、市民の知る権利を奪っている」と指摘していた。 




「日本は報道の独立性の担保を」国連人権理事会担当者
 NHK - 2016年4月19日 16時10分
 

 日本での表現の自由の状況を調査した国連人権理事会の特別報告者が19日、都内で記者会見を行い「ジャーナリストからは、日に日に圧力を感じているという声も挙がっていて、日本は報道の独立性を担保するために何らかの対応を取るべきだ」と述べました。
会見を行ったのは、国連人権理事会で表現の自由を担当する特別報告者で、カリフォルニア大学教授のデービッド・ケイ氏です。
調査は19日が最終日だということで、ケイ氏は「実際に調査を行って、報道の自由に関する懸念は強くなった。報道機関と政府の間に緊張感があることは健全ではあるが、ジャーナリストからは日に日に圧力を感じているという声も挙がっている。日本は報道の独立性を担保するために何らかの対応を取るべきだ」と指摘しました。
また、特定秘密保護法については「国民にとって関心の高いニュースが法律で機密として開示されないおそれがある。『秘密』という定義の幅が広く、政府は透明性が高い形で明確に定義する必要がある」と述べました。
ケイ氏は、来年、今回の調査内容や改善点を報告書にまとめて国連人権理事会に提出することにしています。 




報道の自由、世界で低下 日本72位に後退 「国境なき記者団」報告
 AFP-BB News - 2016年04月20日 15:36 発信地:パリ/フランス

【4月20日 AFP】(更新)
 仏パリ(Paris)に本部を置く国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(RSF)」は20日、2015年の世界での報道の自由に関する報告書を発表した。報道の自由は世界的に低下しており、とりわけ南米地域で損なわれたとしている。 

 RSFは、メディアの独立性や自己検閲、法の支配、透明性などを基準に世界180か国を評価する「世界報道の自由度ランキング(World Press Freedom Index)」を発表。日本は、安倍晋三(Shinzo Abe)首相に迎合する自己検閲が行われているとの理由で、前年の61位から72位へと後退した。

 最下位はエリトリアで、その次に低い179位には北朝鮮がつけた。中国は176位、シリアは177位だった。

 一方で最も報道の自由度が高い国にはフィンランドが6年連続で選ばれ、オランダ、ノルウェーが以下に続いた。

 RSFのクリストフ・ドロワール(Christophe Deloire)事務局長はAFPの取材に対し、「われわれは、新技術により(当局が)自分たちのメッセージや情報を低コストで意のままに流布することが可能となる、新たなプロパガンダの時代に突入している。一方でジャーナリストがその障壁の役割を果たしている」と述べた。

 報告書は、とりわけ南米の状況は深刻だと指摘。報道の自由への主要な障害として、ベネズエラやエクアドルでは「制度化された暴力」、ホンジュラスでは組織犯罪、コロンビアでは犯罪者の免責、ブラジルでは汚職、アルゼンチンではメディアの寡占化を挙げている。(c)AFP



  

関連記事
テーマ:テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック