観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



MET OPERA プッチーニ 【マノン・レスコー】 を見る
2016年4月3日(日)

 昨日から上映されている MET LIVE Viewing
   【マノン・レスコー】 を『中洲大洋劇場』で見ました。

ML_6462a.jpg

 ストーリーも 楽曲メロディも 初聴きのようでした。

 昨夜、寝不足ではないはずですが、度々ウトウト。

 自ら美人と自覚している18才の美女(マノン・レスコー)に
一目ぼれして翻弄される男とマノンを愛人として囲っている
(幕間のインタビューで "Kept Woman" と言ってました!)
色ボケの金持ち老人との三角関係・・・

 時代をナチス占領下のフランスに移動しての新演出。

 その美女を演じる クリスティーヌ・オポライス は、
オペラ歌手とは思えぬ「美魔女」!
 スタイルも良く、歌も超絶上手い! ピッタリの役。

 幕間のインタビューで、結構早口で話しているんですが、
ほとんど聞き取れました。 字幕より雰囲気が理解できたりして・・・


  クリスティーヌ・オポライス、ロベルト・アラーニャ (リハーサルより)

   公式サイトによる作品紹介 

プッチーニ 【マノン・レスコー】
 原題:Manon Lescaut ; Puccini

 上映期間:2016年4月2日(土)〜4月8日(金)

指揮:ファビオ・ルイージ 
演出:リチャード・エア (新演出)
出演:
 役  名  :  配  役
マノン・レスコー : クリスティーヌ・オポライス、
デ・グリュー : ロベルト・アラーニャ、
レスコーの兄 : マッシモ・カヴァレッティ、
色欲の老人 : ブリンドリー・シェラット
上映時間:3時間16分(休憩2回)[ MET上演日 2016年3月5日 ]
言語:イタリア語

【あらすじ】
 自堕落な美少女マノンに振り回される青年デ・グリューの破滅的な恋!〈ひとり寂しく〉など情熱的な音楽が迸るプッチーニの出世作を、旬のスターたちが熱演!美貌と美声を兼ね備えたプッチーニ歌いK・オポライスのマノンと、本役に初挑戦するスター・テノール R・アラーニャ扮するデ・グリューの恋の逃避行は必見!ヒット作を連発するR・エアの新演出、絶好調のMET首席指揮者F・ルイージの指揮と、全てが揃った期待のニュープロダクションだ。
18世紀(本演出では1940年代)のフランス、アミアンとパリ。修道院へ入るために旅していた美少女マノンは、アミアンの町で青年デ・グリューと恋に落ち、駆け落ちする。だが贅沢好きのマノンは、デ・グリューとの貧乏暮らしに耐えられなかった。裕福な貴族ジェロンテの庇護を得て豊かな生活を送るマノンのもとに現れたデ・グリューは、自分とともに来るようマノンを説得し、彼女も同意するが、そこへジェロンテが踏み込んで・・・。 



  公式サイトの詳細解説

******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 の運動は・・・ なし

 歩数計 : 4600 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
  公式サイトの詳細解説 

激情がほとばしる!女と男の愛の破滅物語《マノン・レスコー》みどころ
奥田佳道(音楽評論家)


激情がほとばしる!この上なく甘美な調べにも抱かれる。

これが、女と男の愛の破滅物語。内なる尽きせぬ想いが、もうこらえ切れなくなって、ついにあふれ出る趣。アレグロ・ブリランテ(輝かしく)と記された冒頭の楽想からメトロポリタン・オペラの首席指揮者ファビオ・ルイージのタクトが冴える。
プッチーニ(1858~1924)の出世作《マノン・レスコー》全4幕が初演されたのは、1893年2月1日、北イタリアのトリノ。その8日後に、トリノから130キロほど離れたミラノのスカラ座でヴェルディ(1813~1901)最後のオペラ《ファルスタッフ》が初演されている。イタリア・オペラの若獅子と老巨匠が織り成す、驚きの史実だ。

芸術的な覇気に満ちたプッチーニの《マノン・レスコー》を聴かずして、この作曲家の美質は語れない。



フランスの文豪アベ・プレヴォ(1697~1763)の自伝的長篇小説のオペラ化で、主役は享楽的に生きる美女マノン・レスコーと、ある意味邪気のない彼女を一途に愛する青年デ・グリュー。レスコー軍曹の妹マノンは大蔵大臣ジェロントの愛人となる。 ジェロントを怒らせ、憲兵らによって追放されるマノン。そんな彼女を、地の果てまで追いかけてゆくデ・グリュー。二人の運命は、さて。

魔性の女マノン・レスコー。今この役と言えば、美貌と強じんな声を合わせ持つ北欧ラトヴィア出身の歌姫クリスティーヌ ・オポライスだ。2013年にプッチーニの《つばめ》(マグダ役)でMETにデビューしたオポライスへの喝采は増すばかり。METが誇る、若き大輪の華だけに、愛人のもとで贅沢三昧をしつつも愛のない生活は退屈と歌う第2幕のアリア〈柔らかなレースに包まれても〉ほか、魅せ場は枚挙にいとまがない。  


いっぽう第1幕のアリア 〈僕は今まで、このように美しい乙女を見たことがない〉で客席の心を捉え、幕切れの絶唱〈ひとり寂しく〉で私たちを泣かせるデ・グリューには、ヨナス・カウフマンのピンチヒッターとして、切々と歌うロベルト・アラーニャが登場した。大物の代役に大物。これぞMETのプロデュース力である。オポライスと急遽招かれたアラーニャによる、第2幕の烈しくも長大な愛の二重唱 〈おお、私は一番きれいでしょう~あなた、いとしい方?〉が待ち遠しいというファンも多いのではないか。


このオペラの主題を「セックスと死」と捉え、舞台を1940年代前半のパリ、つまりナチス・ドイツ占領下のパリに置き換えたイギリスの大御所リチャード・エアの新演出が素晴らしい。愛に溺れる主人公の心情、それに群集心理を鮮やかに映し出す。人々が行き交うターミナル駅、マノンが暮らす豪邸、それに波止場に刑務所が鍵を握る、とお伝えしておこう。終幕がまた衝撃的だ。場面設定の置き換え、読み替えが全く嫌みにならないどころか、逆にオペラの彫りの深さを際立たせる──そんなエアの演出は、今METに欠かせない。 


作曲当時34歳 のプッチーニの才気がみなぎる《マノン・レスコー》。役者が揃ったようである。 




関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック