FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



マリア・カラス & オナシス
成金で女たらしのアリストテレス・オナシスに翻弄される世間知らずのマリアカラスを描いた映画。

CallasOnasys01.jpg
     こちらは映画の1シーン

オナシスの金にあかしたやりたい放題の「ドン・ファン」(イタリア語ではドン・ジョバンニ)ぶりには、男の目から見ても頭にくる!

最近どんな映画も英語が多い中で、映画は全面イタリア語で好感が持てた。
逆にニューヨークで米国人と石油利権の交渉をしている場面でアメリカ人もイタリア語で話しているのがちょっとおかしかった感じであるが。

あの、モーツァルトを描いた「アマデウス」も、ベートーヴェンを描いた「敬愛なるベートーヴェン」もみんな英語で話していて興ざめだったことを思えば、可愛らしいものだ。

マリア・カラスを演じるのは、イタリア・ナポリ出身のルイザ・ラニエリとのこと。
歌唱部分は当然口パク。
似ているとは言い難いが、舞台化粧をしたところはまずまずというところか。

ストーリーの展開とオペラのアリアの歌詞をリンクさせて歌わせるという構成と演出がなかなかである。

公式ページは、ここをクリック

こちらは、本物のマリア・カラスの写真
Maria Callas 03



************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************
関連記事

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック