観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 2006年までgooで書いていた「観劇レビュー&旅行記」(リンクの1行目)をFC2に移転します。
私の旅行記や、観劇の感想や評論を気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



AIDAprima 引き渡し 三菱重工からアイーダ社へ
2016年3月15日(火)

 三菱重工長崎造船所で建造していた カーニバル社傘下
 ドイツ・アイーダクルーゼズ社の新造船【アイーダ・プリマ】が竣工し、
 2016年3月14日の引渡し式をもってAIDA社に引き渡されたとのこと。

AIDAprima_14Marz2016_AIDA-L.jpg


 以下は、今日の西日本新聞から。












AIDAprima nimmt Kurs auf die Taufe des Jahres
 14 Marz 2016 - AIDA Cruises

AIDAprima_14Marz2016_AIDA.jpg


【関連記事】

豪華客船、苦難の末に完成
 三菱重 「次世代建造の課題克服」

 SankeiBiz 3月15日(火)8時15分配信

AIDAprima_Sankei20160315.jpg


大型客船、ようやく引き渡し。
 三菱重工は知見を次ぎに生かせるか

 ニュースイッチ 3月15日(火)8時20分配信

AIDAprima_Nikkan_20160315.jpg


客船「アイーダ」ドイツへ
 長崎新聞 3月15日(火)9時7分配信

AIDAprima_Nagasaki_20160315.jpg


【アイーダ・プリマ】諸元

船名(英語表記) : Vessel name (English) AIDA Prima
船名(日本語表記) : Vessel name (Japanese) アイーダプリマ
総トン数 : Gross tonnage 124,500 t
全長 : Length 300.0 m
全幅 : Width (beam) 37.5 m
竣工年 : Year built 2015
船舶種類 : Vessel type クルーズ客船 Cruise Vessel
推進機構 : Prolulsion mechanism ディーゼル・エレクトリック
乗組員数 : Maximum crew capacity
旅客定員 : Maximum passenger capacity 4500
登録港(母港) : Port of registry Genoa
登録国 : Country of registry イタリア Italy
運行会社 : Operator name  アイーダクルージズ (ドイツ) Aida Cruises (Germany)
所有会社1 : Owner 1 アイーダクルージズ (ドイツ) Aida Cruises (Germany)
所有会社2 : Owner 2 カーニバルコーポレーション & PLC (米国、英国)
Carnival Corporation & PLC (United States, United Kingdom)
建造所 : Builder 三菱重機械工業株式会社 (日本)
Mitsubishi Heavy Industries Co., Ltd. (Japan)  


******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は、入浴のみ

 歩数計 : 1300 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  

AIDAprima nimmt Kurs auf die Taufe des Jahres
 14 Marz 2016 - AIDA Cruises
 

 14. März 2016 – Endlich unterwegs! Wir freuen uns sehr, ein neues Mitglied in der AIDA Familie begrüßen zu dürfen: Herzlich willkommen, AIDAprima! Im Rahmen einer feierlichen Zeremonie haben wir heute unser neues Schiff von der Werft in Japan übernommen. AIDAprima nimmt nun Kurs auf ihre künftige Heimat Hamburg und auf die Taufe des Jahres! 



豪華客船、苦難の末に完成
 三菱重 「次世代建造の課題克服」

 SankeiBiz 3月15日(火)8時15分配信
 

 三菱重工業は14日、長崎造船所(長崎市)で建造していた豪華客船「アイーダ・プリマ」(約12万5000トン)が完成したと発表した。建造中に火災が相次いだほか、設計変更などで作業が遅れ、巨額の特別損失を計上したが、ようやく完成にこぎつけた。存続が危ぶまれていた造船事業だが、宮永俊一社長は「次世代客船の建造に伴う課題を克服した」とのコメントを発表した。
 引き渡し調印式を行った後、アイーダ・プリマは独ハンブルグ港に出航した。4月末から欧州各国をめぐる初航海に出る。
 三菱重工は2011年、米カーニバル傘下のアイーダ・クルーズから大型クルーズ船2隻の建造を受注。受注額は1000億円程度とみられる。一番船のアイーダ・プリマの客室数は1643室で、乗客数は約3300人。長さ約300メートル、幅37.6メートルと「洋上のホテル」と呼ばれる巨大客船だ。
 一番船の引き渡しは当初、15年3月を予定していたが、1年遅れとなった。
 特別損失は2隻の累計で1866億円に上る。 




大型客船、ようやく引き渡し。
 三菱重工は知見を次ぎに生かせるか

 ニュースイッチ 3月15日(火)8時20分配信
 

 三菱重工業は14日、長崎造船所香焼工場(長崎市)で建造していた欧アイーダ・クルーズ向け大型客船(約12万5000総トン、約3300人乗り)の1番船「アイーダ・プリマ」を引き渡したと発表した。当初2015年3月だった契約納期を3度延期。度重なる引き渡しの遅延で混乱した1番船の建造も、一段落を迎えた。ただ、3月を予定していた2番船の納期は継続協議中で、時期についての明言は避けた。
 同日に船上で引き渡し式を開き、船主側からはコスタ・グループのマイケル・タム社長らが参加したほか、三菱重工からは宮永俊一社長と鯨井洋一取締役副社長執行役員が出席。
 宮永社長は「かつてない多くの新機軸を搭載した次世代客船の建造に伴う課題を克服し完成した」と述べた。
 三菱重工は11年にアイーダから大型客船2隻を受注。受注額は1000億円規模とみられるが、設計変更などで大幅に建造が遅れた。15年10―12月期にも客船事業に関連し、221億円の特別損失を計上。損失は累計1800億円に達した。
 2番船は1番船の建造で得た知見やノウハウを活用。全体工程の最適化と工法の改善で建造を加速する。ただ、2番船の納期は当初3月からずれ込むのは濃厚。宮永社長も2月4日の決算説明会で「16年度内に(工事が)終わると思っている」としており、追加損失の可能性は依然としてくすぶる。 




客船「アイーダ」ドイツへ
 長崎新聞 3月15日(火)9時7分配信
 

 三菱重工業が長崎造船所(長崎市)で建造した大型客船アイーダ・プリマ(12万5千トン)の引き渡し式が14日、船内であった。ドイツ・ハンブルクに向け出航。4月末の欧州クルーズで営業運航を始める。
 クルーズ船会社コスタ・グループ(イタリア、マイケル・タム社長)が、傘下のアイーダ・クルーズ(ドイツ、フェリックス・アイヒホーン社長)向けに発注した2隻の1隻目。納期は設計変更などで1年遅れ、不審火も相次いだ。2隻の建造遅れで累計1900億円近い損失を出している。
 式は非公開。三菱重工によると、タム社長は「優れた設計に喜んでいる」、アイヒホーン社長は「多様でユニークなサービスで新たな顧客層が生まれると確信している」、三菱重工の宮永俊一社長は「最高の快適性、エンターテインメント性を備えた高い品質の船に仕上がった」と話した。
 長崎造船所で建造中の同型の2隻目「アイーダ・ペルラ」は2016年度中の引き渡しを目指す。三菱重工は「1隻目の知見と反省を生かし、工程の最適化と改善で建造を加速させる」としている。
長崎新聞社 


 
関連記事
テーマ:豪華客船の旅 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック