観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



昨年のベストミュージカルは劇団四季「アラジン」 (日刊スポーツ)
2016年3月13日(日)

 3月11日付けの日刊スポーツに、2015年の昨年のベストミュージカルが
劇団四季の 「アラジン」 であることが掲載されたようです。

男優部門・第2位に「エリザベート」でトートを演じた 井上芳雄
第4位に「アラジン」で、ランプの精・ジーニーを演じた 滝山久志
女優部門は、1位「エリザベート」の花總まり
宝塚勢はOGが花總ら5人、現役は2人と、ベスト10の7人を占めました。 
    (日刊スポーツ - 2016年3月11日付けより) 



Aladdin_img_3.jpg
     (画像は劇団四季 公式サイト から ; 以下同様)

昨年のベストミュージカルは劇団四季「アラジン」
 日刊スポーツ - 2016年3月11日14時9分
 

 「アラジン」はエンターテインメントに徹した舞台で、滝山をはじめ四季俳優陣の歌、
 ダンスが圧倒的でした。 2位以下を大きく引き離したのも当然の結果です。 



Aladdin_img_2.jpg
      ランプの精  『ジーニー』 の 滝山久志

【 男優は1位幸四郎、2位「エリザベート」の井上芳雄、3位「メンフィス」の山本耕史、
4位に滝山久志、5位に市村正親と鈴木壮麻、7位に城田優と中川晃教、
9位石丸幹二、10位屋良朝幸。
 滝山は「アラジン」のジーニー役で一躍注目された俳優で、
 ちなみに市村、鈴木、石丸ともに四季出身です。】
    (日刊スポーツ - 2016年3月11日付けより)

Aladdin_img_4.jpg


******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は、行かず。

 歩数計 : 1000 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
昨年のベストミュージカルは劇団四季「アラジン」
 日刊スポーツ - 2016年3月11日14時9分
 

  唯一のミュージカル誌である「月刊ミュージカル」最新号で2015年のベストミュージカルが発表されました。演劇評論家、演劇記者の投票で決定したもので、私も投票しました。

 初演作品を対象にしたベストテンの1位は劇団四季「アラジン」で、2位「メンフィス」、3位「デスノート」、4位「星逢一夜」、5位「ライムライト」、6位「HEAD UP!」、7位「タイタニック」、8位「パッション」、9位「TOP HAT」、10位「1789」。宝塚歌劇団作品は4位、9位、10位に3作入りました。

 再演作品は、松本幸四郎主演「ラ・マンチャの男」がトップでした。

 男優は1位幸四郎、2位「エリザベート」の井上芳雄、3位「メンフィス」の山本耕史、4位に滝山久志、5位に市村正親と鈴木壮麻、7位に城田優と中川晃教、9位石丸幹二、10位屋良朝幸。滝山は「アラジン」のジーニー役で一躍注目された俳優で、ちなみに市村、鈴木、石丸ともに四季出身です。

 女優部門は、1位「エリザベート」の花總まり、2位「メンフィス」の浜田めぐみ、3位が霧矢大夢とシルビア・グラブ。5位は安蘭けい・涼風真世・北翔海莉、8位高畑充希、9位湖月わたる、10位早霧せいな。宝塚勢はOGが花總ら5人、現役は2人と、ベスト10の7人を占めました。

 私は初演部門で「アラジン」、再演で「ラ・マンチャの男」、男優で幸四郎、女優で浜田を1位に推しました。「アラジン」はエンターテインメントに徹した舞台で、滝山をはじめ四季俳優陣の歌、ダンスが圧倒的でした。2位以下を大きく引き離したのも当然の結果です。「ラ・マンチャの男」はミュージカル草創期の1969年に初演され、幸四郎が主演し続けた最高峰の作品です。男優部門も幸四郎が1位ですが、昨年の芸術祭大賞も受賞しました。浜田は歌唱力に磨きがかかり、昨年の芸術選奨文部大臣賞に決まりました。

 1978年、森繁久弥「屋根の上のヴァイオリン弾き」を帝劇2階の最後方の席で見て以来、ミュージカルを見続け、毎年のようにブロードウェーに見に行きますが、日本のレベルも確実に上がっています。

 【林尚之】

 

関連記事
テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック