観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



N響 は完売で聴けず! 代わりに五代さま主演の 【NINJA THE MONSTER】を見る!
2016年2月22日(月)

 きのう、当日券狙いでアクロス福岡で公演されるNHK交響楽団の演奏会に行ったが、
チケット完売で、当日券の発行なし!

 代わりに・・・

 中洲大洋で、土曜日から上映中の五代友厚さまならぬディーン・フジオカ主演の映画
 【NINJA THE MONSTER】 を見ることに・・・

408720_615.jpg
    写真は【MovieWalker 2016年2月19日 10時36分 配信】 より

 今週1週間のみの特別里帰り上映だとのこと。 1500円均一で『シニア割引』も無し。

 台湾語かなんかと思っていたが、上映が始まると完全な日本語映画でした。

 ディーン・フジオカさんは日本ではNHK朝ドラ【あさが来た】 が殆ど初めての登場で、
多くの主婦を釘付けにし、五代友厚氏が亡くなったあとは、『五代ロス』と言われているが
台湾・シンガポールなどでは非常に人気のあるビッグネームだとのこと。

408795_615.jpg


 松竹がアジアでは有名なディーン・フジオカを起用して制作した海外市場向け
映画だったものを『逆輸入?』して、期限1週間で上映するもの。

 この映画でも、美味しいところをしっかり恰好良く演じていました。

 「NINJA THE MONSTER」 と云う表題から見ると忍者が怪物であるかのようですが、
元忍者である伝蔵(ディーン・フジオカ)が、村を襲う怪物「もののけ」と戦うという話しです。

408791_615.jpg

 その「もののけ」は、シュワルツェネッガー主演の「ターミネーター」シリーズで対戦相手の
液体金属の怪物のようなイメージで、おそらくこれのオマージュだと思います。
 こちらは、液体金属ではなく、水の怪物です。

 伝蔵は、江戸に向かう幸姫(森川葵)を護衛することを藩主である幸姫の父から
命じられ同行している。
 江戸に行くにはある山(噴火中)を超えなければならず、そこには「もののけ」が
居て、山に入った村人は誰も帰って来なかったと云う庄屋の話し。

408789_615.jpg

 一行は、庄屋の話を戯言と考え伝蔵の静止も振り切って山に向かってしまう。
藩主の命を受けている伝蔵は幸姫を護衛するためには同行せざるを得ず・・・

 結局「水のもののけ」(The Monster)と戦う羽目になるが、どちらかと言うと
姫を助けるために「もののけ」から逃げ回っているような描き方。
 
408721_615.jpg

 なお、江戸末期には忍者は禁止され、雇い主からも見放されて惨殺されたとのこと。
その惨殺され『さらし首』にされた様子なども回想シーンとして描かれています。
この辺は「るろうに剣心」 とも共通するテーマかも知れません。

 殆ど居眠りをすることもなく、娯楽映画としては楽しめました。

     ****************

  【NINJA THE MONSTER】 公式サイト



  Movie Walker の フォト・ギャラリー

    Movie Walker による作品紹介 

 NHK連続テレビ小説『あさが来た』のディーン・フジオカのブレイクを受け、松竹が海外市場向けに製作した作品を逆輸入公開。忍者禁止令が発布された時代。忍である伝蔵は自らの正体を隠し、江戸に向かう幸姫に同行するが突如謎の怪物が現れる。「超高速!参勤交代」の土橋章宏による脚本を「太秦ライムライト」の落合賢が監督。共演は「チョコリエッタ」の森川葵、「今日子と修一の場合」の和田聰宏。

***************
 製作年 : 2015年
 製作国 : 日本
 配 給 : 松竹メディア事業部
 上映時間 : 84分
***************


【あらすじ】
 忍びは脅威だと危険視され、幕府が「忍者禁止令」を発布。もはや忍は存在しないと思われていた時代。
 藩の救済を乞うため、幸姫(森川葵)ら長野藩の一行は江戸へと向かっていた。そこには、忍であることを伏せている伝蔵(ディーン・フジオカ)も同行。
 その道中、山へ入る一行の前に突如“もののけ”が現れ襲いかかる。伝蔵は、駕籠の中の幸姫を救い出すが、残りの一行は全滅。
 江戸へたどり着かなければ藩を取り潰されてしまう幸姫は、危険な山を越える命がけの旅を伝蔵とともに続けてゆく。だが、いつしか二人の間には特別な思いが芽生え始めていた……。 

【キャスト・スタッフ】
 配 役:ディーン・フジオカ,森川葵,和田聰宏,中島崇博,峰蘭太郎

 スタッフ
監 督 : 落合賢
脚 本 : 土橋章宏
製 作 : 高橋敏弘
プロデューサー : 秋田周平
キャラクターデザイン : 中島聖
撮 影 : クリス・フライリク
美 術 : 黒川通利
音 楽 : ヘンドリック・ウィレミンズ
VFXスーパーバイザー : 高井了治

     ***************

【補足解説】

“五代ロス”なる現象を巻き起こした朝ドラ「あさが来た」の五代友厚役や、ドS男を演じているドラマ「ダメな私に恋してください」が話題となり、目下大ブレーク中のディーン・フジオカ。そんなディーンの爆発的人気をきっかけに、1週間の期間限定公開が決まった彼の主演映画が『NINJA THE MONSTER』(2月20日公開)だ。今回は本作の気になる劇中写真を一気にご紹介!
Movie Walker の フォト・ギャラリー

「あさが来た」や「ダメ恋」では女性を虜にする“イイ男”を演じたディーンだが、本作では新たな顔を披露。彼が挑むキャラクターは“孤独な忍者”だ。幕府が発令した「忍者禁止令」によって、忍であることを隠しながら生きる伝蔵(ディーン)。江戸へ向かう幸姫(森川葵)の護衛を任された彼は、道中でもののけたちと遭遇…。伝蔵は幸姫を無事に送り届けるべく、命懸けの闘いに臨む。
 
腰に刀を差して毛皮などをまとい、まるで山賊のような装いで登場するディーン。口元にはヒゲを生やし、髪も結べるほど長いなど、その見た目はかなりワイルドだ。ニコリとも笑わない寡黙な表情はなんとも凛々しい!

さらに、ディーンは忍のアクションや殺陣にも挑戦。刀を華麗に振り、相手をなぎ倒していく刀さばきは圧巻。ディーン自身、中国武術やキックボクシングを得意としているとあって、その動きは本格的だ。彼の運動センスとアグレッシブな姿には、思わず見惚れてしまうはず。

松竹が若手の映画人を育成するために発足した「ブルーラインレーベル」で、初めて海外向けに製作された本作。ディーンの人気に伴い“逆輸入”する形で公開になったという。彼の新たな魅力に触れたい人はぜひチェックしておこう!【トライワークス】 


 
******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は、
 アクアビクス : 30分 (リズム & ウォーキング)
 水泳レッスン : 30分 (バタフライ)
 水中歩行 : 500m
 水泳 : 500m (バタフライ・平泳ぎ・背泳ぎ・クロール・平泳ぎ 各100m)
 入浴(サウナも)!

 歩数計 : 2100 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
関連記事

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック