観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



桃井かおり さんが ベルリン国際映画祭で「ハイナー・カーロウ賞」など2冠!
2016年2月21日(日)

 今日は、日刊スポーツの小さい記事を引用して手抜きと参ります。

 女優桃井かおり さんが出演した映画「フクシマ・モナムール」が
第66回ベルリン国際映画祭で「ハイナー・カーロウ賞」につづき、
「国際アートシアター連盟賞」を受賞した とのこと!
【原題:Fukushima, mon Amour】
 東日本大震災と福島原発事故の後の生活を描く映画らしい。




映画フクシマ・モナムールがベルリン映画祭で受賞
 日刊スポーツ - 2016年2月20日22時34分
 

 ドイツで開催中の第66回ベルリン国際映画祭で20日、東日本大震災後の福島を舞台にしたドイツ映画で女優の桃井かおり(63)が出演した「フクシマ・モナムール」が、幅広い作品を集めたパノラマ部門の国際アートシアター連盟賞を受賞した。

 映画は、福島に慰問で訪れた若いドイツの女性が、震災で弟子を亡くした年配の芸者と出会い、心を通わせていく物語。昨年春に福島県南相馬市の仮設住宅などで撮影され、桃井が芸者役を演じた。

 同賞は映画祭事務局とは別の組織が運営する賞。「フクシマ・モナムール」は社会的、政治的テーマを扱った優れたドイツ映画に贈られる「ハイナー・カーロウ賞」も受賞している。 



桃井かおり『フクシマ、モナムール』が
 ベルリン映画祭で受賞!【第66回ベルリン国際映画祭】

 シネマトゥデイ - 2016年2月21日 18時08分


桃井かおり出演作がベルリン国際映画祭で受賞
 震災後の福島描いたドイツ映画

 映画ナタリー 2016年2月20日 15:22


ベルリン国際映画祭 桃井 かおりさん主演映画が2つ目の受賞
 fnn News - 02/21 13:39



******************

【今日の運動】 
 今日は、スポーツクラブ 【ESTA】 は、
 入浴(サウナも)のみ!

 歩数計 : 4100 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
桃井かおり『フクシマ、モナムール』が
 ベルリン映画祭で受賞!【第66回ベルリン国際映画祭】

 シネマトゥデイ - 2016年2月21日 18時08分
 

 現地時間20日、第66回ベルリン国際映画祭インディペンデント賞授賞式が開催され、国際アートシアター連盟賞を桃井かおり出演のドリス・ドゥリー監督作『フクシマ、モナムール(英題) / Fukushima, mon Amour』が受賞した。

 本作は、ドイツから福島の東日本大震災仮設住宅慰問に応募した若い女性(ロザリー・トマス)と、そこに住む元芸者(桃井)の二人が織り成す物語。愛する人との別れから自分の全てを失ったように感じているドイツ人女性は、文字通り全てを失った元芸者と奇妙な友情を育む。全編白黒で、この世の者とあの世の者が出会う幻想的な場面を交えつつ人間ドラマが描かれる。

 国際アートシアター連盟賞は、質の高い映画を国際的なアートネットワークに送リ出すことを目的としたもので、「素晴らしいアート作品です。詩的で、高いスキルの白黒画面で物語ります」と受賞理由が述べられた。

 映画祭ディレクターのディーター・コスリックのあいさつで始まった授賞式には、ドゥリー監督はすでにベルリンを発ったとのことで欠席し、代理人が賞を受け取った。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi) 


関連記事
テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック