観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



【放射線を浴びた X年後 2】
2016年1月26日(火)

 今朝は、道路に積雪も無く、通常に通勤を始めたが、国道3号線に
出る前のローカルな道が大渋滞!

 通常は15分で通過できる処に1時間も掛かった!

 結局、会社まで通常は50分前後で通勤できる処を2時間掛かり、
会社を1時間弱遅刻してしまった。

 さて、今日は先週土曜日(1/23)に観た映画
  【放射線を浴びた X年後 2】 について・・・

X-Nengo-2.jpg

 タイトルから、福島原発事故に関するドキュメンタリーと思っていましたが、
映画が捉える対象は、南太平洋(ビキニ環礁など)での原爆・水爆
大気圏内実験と、死の灰や高度に放射能汚染された海水とマグロなどの食材に
晒された人々の60年後を描くものでした。

 映画終了後、監督によるお話がありました。

 当時は、日本政府と米国政府の密約により、「安全宣言」が発せられ、
その後は、核廃棄物並に汚染されたマグロや漁獲品が市場に流通し
殆どの日本人がこれを食べていたと云う恐ろしい話でした。

 水爆に被曝した『第五福竜丸』 と 久保山愛吉さんの死が象徴的に
取り上げられており有名ですが、この映画では数百隻の漁船をはじめ
数多くの輸送船・客船などが、この高度汚染地帯を通行していることを
教えてくれます。

 すなわち、私たちもその食材を食べた可能性がある訳です。
さすがに、マグロのような高級食材は殆ど食べていなかったとは
思いますが、この映画での放射能の拡散測定値(米国による)では、
日本列島はすっぽりと危険なレベルの放射能が降り注ぎ、
それは、米国にまで達しているのでした。
 そして、米国を超えて全世界に拡散。

 何しろ、数百回もの大気圏内核実験を行ったのですから!

 米国の犯罪性はすさまじいものです。
これにイギリスやフランスも追随して核実験するのですが・・・、

 これは、シミュレーションではなくて、過去に実際に行われ、
地球全体が汚染された事実を描く映画でした。

   【放射線を浴びた X年後 2】 公式サイト



   Movie Walker による作品紹介 

製作年 : 2015年
製作国 : 日本
配 給 : (協力:ウッキー・プロダクション)
上映時間 : 86分

監 督 : 伊東英朗
構 成 : 日笠昭彦 



   【制作者のことば】 へのリンク

    ******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は
 水泳レッスン : 30分 (背泳ぎ)
 水中歩行 : 500m
 水泳 : 800m (背泳ぎ・500m,バタフライ・平泳ぎ・クロール各100m)
 ESTA[温泉に入浴(サウナも)

 歩数計 :1700 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   
   公式サイトより 制作者のことば 

監督 伊東英朗

 取材を始めた12年前からずっと感じてきたが、室戸の海は見るたびに表情が違う。色も音も波の大きさも。ああ、瀬戸内海に面した地元愛媛とは違うなあ、と感じる。何しろ大らかで豪快だ。「おんちゃんたち」は、その海と隣り合わせに生きてきた。話は語れど、苦しいことや辛いことを饒舌に語ることはない。命に関わることも、人を助けたことも、体の異変も――。川口美砂さんのお父さんも、そんなマグロ漁師の一人だった。

 川口さんとは、2013年に室戸で元漁労長の山田勝利さんが上映した『放射線を浴びたX年後』を見て僕たちに連絡をくれたのがきっかけだった。都内のカフェで初めて会った川口さんは、お父さんは36歳で亡くなったと語った。愛媛に戻り調べたところ、お父さんが乗っていた船は、放射能で汚染した魚を廃棄していた。その後、高知県室戸市に年末年始で里帰りしていた川口さんと2015年正月、再会。早速、生存者の聞き取りが始まった。その後、10月までに、川口さんは70人近い生存者や遺族から聞き取った。その一部始終に立ち会い、カメラに収録することができた。

 広島、長崎の原爆投下からわずか10ヶ月後、マグロの漁場で始められた核実験。繰り返される核実験で漁場は激しく汚染。第五福竜丸の被ばく発覚後、放射能検査が行われ、延べ992隻もの被ばく船が見つかったにもかかわらず、政府は「すでに測定の必要がない」とし、その年の12月、わずか10か月で検査を打ち切った。『直ちに健康に影響がでない』ため、人々は少しずつ事件を忘れていった。10年後には東京オリンピックが開催され、日本は、さらに上を向いて歩み始めた。いつしか、事件は完全に忘れられ、「第五福竜丸」と「髪の毛がぬける」という言葉だけが脳裏に刻まれた。

 そして第五福竜丸の事件から57年後の2011年3月。福島で原発事故が起こり、放射能検査が始まった。そして12月、安全宣言がされた。事故からもうすぐ5年。放射能の影響があいまいなままだ。「いつまでも、悲しいことを考え続けるのはやめよう。前向きに生きようじゃないか」という声が聞こえてくる。奇しくも事故から9年後となる2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催される。ビキニ事件では、半世紀後、事件の記憶はほぼ消えていた。いま、新たなX年後に向けてカウントダウンが始まっている。半世紀後、日本人は、何を覚えているのだろうか。そしてその時、人体に何が起こっているのだろうか。

 36歳で亡くなった川口さんの父親や、45歳で亡くなった和気(大黒)さんの父親が受けた被ばくを医学的に裏付けることは難しい。しかし人体に重大な危害を加える危険な物質が蔓延する中で操業を続けたことは、船員手帳と厚生省の文書をつき合わせば事実であることは分かる。

 この事件に限らず、被ばく事件においては、被害者が『被ばくしていること』証明しなければならない。なんという矛盾だろう。本来ならば、加害側に立つ者が、激しく放射能汚染した漁場で働き、早く亡くなった乗組員の死が、100パーセント放射能によるものではないことを医学的に証明し、被害者や遺族に伝えるべきだろう。想像を絶する量の放射線を生み出し、アメリカ本土や日本列島が放射能汚染していることを、少なくとも1952年には把握しながら実験を続けた責任は重い。

 2004年に前作『放射線を浴びたX年後』のための取材を開始してから12年。これまで多くの方々に支えられて、ここまで来ることができた。これまで自分が倒れるまで一生追い続けていくものだ、と覚悟を決め、取材を続けてきた。『放射線を浴びたX年後2』が完成した今、ますますその思いは強くなっている。僕の旅はまだ終わっていない。これからも被災者と共にありたい。

 何があっても諦めないぞ!

     ************

監督 伊東英朗(いとう・ひであき/南海放送ディレクター)
 1960年9月15日生まれ、55歳。
愛媛県の公立幼稚園教諭として16年間勤務。
2001年から同県の民放放送局、南海放送でディレクターとして番組制作に関わる。
2004年から太平洋核実験の漁船被ばく問題の取材開始、関連するドキュメンタリー番組で石橋湛山早稲田ジャーナリズム大賞ほか受賞。その8年にわたる取材の蓄積を映画『放射線を浴びたX年後』としてまとめ、全国劇場公開、
自主上映は200カ所以上で取り組まれ、ギャラクシー賞、日本民間放送連盟賞、放送文化基金賞、日本記者クラブ賞特別賞、など数々の賞を受賞。
いまなお通常のディレクター業務の傍ら継続取材をおこなっている。
著書に、その継続取材の軌跡をまとめた「放射線を浴びたX年後」(講談社)。 


 


関連記事
テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック