観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



野坂昭如さん 死去 85才 (日刊スポーツ記事から)
2015年12月11日(金)

野坂昭如さん死去 酒好きで無頼派…85歳、心不全
 日刊スポーツ - 2015年12月11日9時56分



     きょうの 日刊スポーツ 1面TOP記事




野坂昭如さん「死の2日前」日本憂う手紙
 日刊スポーツ - 2015年12月11日9時56分 




          死の二日前に託した言葉(上記)が凄い!





野坂昭如さん戦後ニッポンを怒り愛し暴れ回った
 日刊スポーツ - 2015年12月11日9時56分
 





    ******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は
 YOGA : 60分, 
 Free Style Dance : 60分
 ZUMBA : 50分

 ESTA 温泉にて入浴
 
 歩数計 :  7300 歩 (ダンスやズンバ含む)



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   

野坂昭如さん「死の2日前」日本憂う手紙
 日刊スポーツ - 2015年12月11日9時56分 
 

 <7日にラジオ放送された野坂さん最後の手紙(原文ママ)>

 はや、師走である。

 町は、クリスマスのイルミネーションに、

 さぞ華やかに賑やかなことだろう。

 ぼくは、そんな華やかさとは無縁。

 風邪やら何やら、ややこしいのが流行っている。

 ウイルスに冒されぬよう、

 ひたすら閉じこもっている。

 賑わうのは結構なこと。

 そんな世間の様子とは裏腹に、

 ぼくは、

 日本がひとつの瀬戸際にさしかかっているような

 気がしてならない。

 明日は12月8日である。

 昭和16年のこの日、

 日本が真珠湾を攻撃した。

 8日の朝、

 米英と戦う宣戦布告の詔勅が出された。

 戦争が始まった日である。

 ハワイを攻撃することで、

 当時、

 日本の行き詰まりを打破せんとした結果、

 戦争に突っ走った。

 当面の安穏な生活が保障されるならばと

 身を合わせているうちに、

 近頃、かなり物騒な世の中となってきた。

 戦後の日本は平和国家だというが、

 たった1日で平和国家に生まれ変わったのだから、

 同じく、たった1日で、

 その平和とやらを守るという名目で、

 軍事国家、つまり、

 戦争をする事にだってなりかねない。

 気付いた時、二者択一など言ってられない。

 明日にでも、

 たったひとつの選択しか許されない世の中に

 なってしまうのではないか。

 昭和16年の12月8日を知る人が、

 ごくわずかになった今、

 また、ヒョイと

 あの時代に戻ってしまいそうな気がしてならない。 

関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック