観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【新語・流行語大賞】 日刊スポーツの大きな記事から
2015年12月2日(水)

 きょうの【日刊スポーツ】

  『アベ政治を許さない』『SEALDs』 を大きく取り上げてました!



政権への怒りの言葉が流行語大賞2語トップテン入り
 日刊スポーツ 【中山知子】 - 2015年12月2日9時57分
 

  「2015ユーキャン新語・流行語大賞」(自由国民社主催)の上位10語が1日、都内で発表され、安倍政権が強引に進めた安全保障関連法の審議に対する、国民の怒りを示した「アベ政治を許さない」「SEALDs」の2語が、ランクイン。選考委員からは「華やかな言葉が少なく、政治の色が強かった」の声も。
安保法に振り回された今年の日本政治を象徴する、内容になった。 




    ******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は
 水泳レッスン : クロール(30分)
 水中歩行 : 300m
 水泳 : バタフライ100m・平泳ぎ100m・クロール100m
 入浴サウナはパスしてシャワーのみ
 歩数計 : 僅かに 1600 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   


政権への怒りの言葉が流行語大賞2語トップテン入り
 日刊スポーツ 【中山知子】 - 2015年12月2日9時57分
 

 「2015ユーキャン新語・流行語大賞」(自由国民社主催)の上位10語が1日、都内で発表され、安倍政権が強引に進めた安全保障関連法の審議に対する、国民の怒りを示した「アベ政治を許さない」「SEALDs」の2語が、ランクイン。選考委員からは「華やかな言葉が少なく、政治の色が強かった」の声も。
安保法に振り回された今年の日本政治を象徴する、内容になった。

 昨年の年間大賞「集団的自衛権」に続き、安保関連の2語が上位10語に入った。ノミネートされた50語中、政治関連は15語。例年以上に多く、選考委員からも「今年は政治の季節だった」の声が出た。選ばれたのは安保関連法の審議で生まれた、安倍政権への国民の批判を表した言葉だった。

 俳人の金子兜太さんが揮毫(きごう)した「アベ政治を許さない」の書を掲げ、国会前での反対集会に参加した作家の沢地久枝さんは、「びっくりしたが、うれしい。今では世界中でこの言葉が掲げられ、同じ思いの人がいると感じている」と、あいさつした。

 また、国民の政治参加スタイルを変えた学生団体「SEALDs」のメンバー、奥田愛基氏は「十数人で始めたことが、ここまでくるとは思わなかった」と振り返る半面、「この言葉が流行語になっていいのかとも思う」とも述べた。「来年は参院選もある。若者だけではなく、大人も(投票行動が)問われる。主権者が我々であることは変わらず、この国の民主主義を諦めない」と主張。「政治には全然いいニュースがない。それなら自分たちが動こうと思う」と話した。

 国民の反対の中、9月に法案が成立。あれから2カ月。臨時国会も開かれず、議論は封印されたままだ。上位10語には安倍晋三首相肝いりの「一億総活躍社会」も入ったが、首相は外遊中。特にコメントも寄せられなかった。【中山知子】 

関連記事
テーマ:今日のニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック