観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【図書館戦争】 言論の自由を描くのに内戦状態まで必要か?
2015年10月13日(火)

 今日は、おととい見た映画

  【図書館戦争 THE LAST MISSION】 について 

Libraly-War03_Top.jpg

 言論の自由を守るのに命を掛けられるか? を問いたいのだろう!

 有害図書を銃器で武装し実力で排除する国家機関である『良化隊』 に対して
地方自治体が自衛のため専守防衛部隊として創設し、同じく銃器で武装した『図書隊』
が戦闘行為を行い(いわば内戦を行い)多数の重軽傷者を出すと云う不条理劇。

 全身に多数の発砲を受け、生きているはずがないのに主人公は不死身で生還。
 結局、映画上では誰も戦死しない設定のようだ。

 原作がコミックだけに実写となると『ツッコミ処』満載!

 あれだけ機関銃を発砲され被弾しているのに戦死者が出ないはずがないだろう。
結局、「戦闘行為があってもめったなことでは死なない」と見る者を洗脳するのでは!

 エンドクレジットを見ていると、防衛省・自衛隊が全面協力している!

 やっぱり、言論の自由を守る装いの「戦意高揚映画」だったのだ!

 「危険な任務にも意気高く志願する」格好良い榮倉奈々が売り!

事情を知らない青少年を「危険な任務に志願する」ように仕向けたもの!


 話し変わって、舞台となる図書館の光景の主要なシーンは北九州市立図書館でした!

 人気若手を多数使い、熟練の石坂浩二などまで配役した仕掛けが大仰な映画
の割には、内容的には戦闘場面が大半を占めるオゾマシイ “B級戦争映画” でした!
 

     ****************

    【図書館戦争 THE LAST MISSION】  公式サイト 

Libraly-War03_Chart.jpg

    定番の Movie Walker による作品紹介 

 武力による検閲から本を守る防衛組織、図書隊の活躍を描く、人気作家・有川浩のベストセラー小説の実写映画化第2弾。ヒロインの郁を榮倉奈々、上官の堂上を岡田准一が演じるなど、前作のキャストが再登板。松坂桃李が演じる図書隊壊滅を目論む男の陰謀に立ち向かう。監督は前作に引き続き、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。

*******************
作品データ
 製作年 2015年
 製作国 日本
 配給 東宝
 上映時間 120分
*******************


【あらすじ】
 近未来の日本。国家による思想検閲やメディア規制が広まるのに対抗し、読書の自由を守るために図書館の自衛組織・図書隊が結成される。読みたい本を取り上げられそうになったところを図書隊隊員に助けてもらった笠原郁(榮倉奈々)は、その隊員に憧れ自ら図書隊に入隊。特殊部隊タスクフォースに所属され、非常に厳しい教官・堂上篤(岡田准一)や上官の小牧幹久(田中圭)、手塚光(福士蒼汰)や柴崎麻子(栗山千明)といった同期の仲間らとともに過酷な訓練と図書館業務にあたっていた。ある日堂上らのもとに、1冊しか現存していない自由の象徴である『図書館法規要覧』が展示される『芸術の祭典』の会場警備をするよう指令が下る。しかしこれは図書隊を解散させ社会を正そうとする手塚の兄・慧(松坂桃李)が仕組んだ罠で、検閲実行部隊『良化隊』による急襲を受けたタスクフォースは窮地に陥る……。

【キャスト・スタッフ】 
 役  名 : 配  役
堂上篤 : 岡田准一
笠原郁 : 榮倉奈々
小牧幹久 : 田中圭
手塚光 : 福士蒼汰
折口マキ : 西田尚美
玄田竜助 : 橋本じゅん
中澤毬江 : 土屋太鳳
手塚慧 : 松坂桃李
朝比奈修二 : 中村蒼
仁科厳 : 石坂浩二
尾井谷元 : 相島一之
柴崎麻子 : 栗山千明

監 督 : 佐藤信介
脚 本 : 野木亜紀子
原 作 : 有川浩
音 楽 : 高見優


 



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

 
関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック