観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



梶田隆章氏が物理学賞 大村智氏が医学生理学賞 ノーベル連賞
2015年10月8日(木)

 ノーベル賞の 『W受賞』 については、もっと早く書くべきでしたが、

まだ、全ての発表が終わっていなかったので、待っていました。

 化学賞も有力視されていたようですが受賞ならず。

 文学賞は、今夜発表と云うことで、何度も『エントリー』されている
村上春樹さんに『降臨する』かどうか・・・

 まずは、大村智さん,梶田隆章さん おめでとうございます。

 受賞内容は、ニュースに詳しいので、ここでは書きません。





     ****************
 追記:村上春樹さんは、今回も受賞できなかったようです。 残念!

村上春樹氏、ノーベル文学賞受賞ならず
 日刊スポーツ - 2015年10月8日20時6分
 

 今年のノーベル文学賞で受賞できるかどうか注目されていた村上春樹氏は、受賞を逃した。今年のノーベル文学賞はベラルーシの作家、スベトラーナ・アレクシエービッチ氏が選ばれた。 



ノーベル文学賞にスベトラーナ・アレクシエービッチ氏
 日刊スポーツ - 2015年10月8日20時39分


     ****************

大村智・北里大特別栄誉教授にノーベル医学生理学賞
 日刊スポーツ - 2015年10月5日20時11分



梶田隆章氏にノーベル物理学賞 ニュートリノに質量
 日刊スポーツ - 2015年10月6日19時7分



梶田隆章氏が物理学賞 大村智氏に続くノーベル連賞
 日刊スポーツ - 2015年10月7日9時36分



ノーベル化学賞に米英の3氏 日本人3日連続ならず
 日刊スポーツ - 2015年10月7日19時34分




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

 
大村智・北里大特別栄誉教授にノーベル医学生理学賞
 日刊スポーツ(共同) - 2015年10月5日20時11分
 

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学生理学賞を、アフリカなどの感染症に大きな治療効果を挙げている薬剤「イベルメクチン」を開発した大村智・北里大特別栄誉教授(80)に授与すると発表した。年間2億人に使われ、多くの命を救う発明が、最高の栄誉に輝いた。

 日本人のノーベル賞受賞は2年連続で23人目。医学生理学賞は12年の山中伸弥京都大教授以来となる3人目の快挙で、日本オリジナルの研究成果が高く評価された。

 受賞が決まったのは、大村氏とアイルランド出身の男性、中国の女性の計3人。大村氏とアイルランド出身の男性は同じテーマの研究で共同受賞した。

 大村氏は、日本の土壌で発見した細菌の作り出す物質が、寄生虫に効果があることを発見。1973年からの米メルク社との共同研究でイベルメクチンを開発した。この薬は、線虫類やダニ、ウジなどの寄生虫に高い効果があり動物用の薬として普及した。

 動物だけでなく人にも有効と判明。失明することもある熱帯病のオンコセルカ症(河川盲目症)や、リンパ系フィラリア症(象皮症)の特効薬となった。世界保健機関(WHO)は、この薬のおかげで2020年代にいずれの病気も撲滅できると見込んでいる。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約1億2000万円)が大村氏ら3氏に贈られる。(共同) 




梶田隆章氏にノーベル物理学賞 ニュートリノに質量
 日刊スポーツ(共同) - 2015年10月6日19時7分
 

 スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、質量がゼロと思われていた素粒子ニュートリノに質量があることを見つけた梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)ら2人に授与すると発表した。

 5日に医学生理学賞に決まった大村智北里大特別栄誉教授(80)に続く連日の受賞ラッシュ。日本人受賞者は計24人となる。物理学賞は、青色LEDを開発した赤崎勇名城大終身教授(86)ら3人が独占した昨年からの連続受賞で、日本の物理学の実力を示す快挙となった。

 梶田氏は、02年に物理学賞を受賞した小柴昌俊東京大特別栄誉教授(89)の教え子で、一つの研究チームから2度の受賞は日本で初めて。宇宙の謎の解明に挑む日本のニュートリノ研究が、再び最高の栄誉に輝いた。

 ニュートリノは、宇宙に存在する最も基本的な粒子の一つで、どんな物質もすり抜ける。梶田氏は、岐阜県飛騨市の地下にある観測装置スーパーカミオカンデで、3種類あるニュートリノが違う種類に変身する「振動」という現象を発見し、ニュートリノの質量の存在を確かめた。理論に修正を迫る歴史的な成果と評価された。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約1億2千万円)が2氏に贈られる。

 ◆梶田隆章氏(かじた・たかあき)59年3月9日、埼玉県生まれ。県立川越高、埼玉大卒。81年、東京大大学院の小柴昌俊氏の研究室に進み、カミオカンデ実験に加わった。86年大学院博士課程修了。東京大理学部助手、東京大宇宙線研究所の助手、助教授を経て99年教授。スーパーカミオカンデの建設に携わり、観測時はデータ解析責任者として日米の研究者を率いた。98年6月、岐阜県高山市の国際会議で「ニュートリノ振動の発見」を発表した。08年4月から東京大宇宙線研究所所長。99年仁科記念賞。56歳。(共同) 




梶田隆章氏が物理学賞 大村智氏に続くノーベル連賞
 日刊スポーツ 【上岡豊、松尾幸之介】 - 2015年10月7日9時36分
 

 宇宙の謎に挑み続けた実験屋が最高の栄誉に輝いた。スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を、重さがないと考えられていた素粒子「ニュートリノ」に質量があることを見つけた梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)ら2人に授与すると発表。日本のニュートリノ研究が、認められた。5日に医学生理学賞に決まった大村智・北里大特別栄誉教授(80)に続く連夜の受賞ラッシュ。日本人受賞者は計24人となった。

 「非常に光栄なことで、頭が真っ白。何を話していいか分からない状況です」。黒のストライプの入ったスーツに水玉模様のネクタイ姿。梶田さんは安倍首相から祝福の電話を受けながら会見場に姿を現した。

 急ぎのメールを書いている途中に、受賞の連絡を受けた。「携帯がブルブル震えだしたので何だろうと。変な番号でびっくりしました。(連絡を)受けた後は、足が震えているような感じでした」と明かした。

 02年に物理学賞を受賞した小柴昌俊東京大特別栄誉教授(89)の教え子で、1つの研究チームから2度受賞は日本で初めての快挙。受賞報告は、いの一番で「私を導いてくれた」という恩師に伝えた。「喜んでくれましたので、良かったと思います」と笑顔で語った。小柴教授も、報告を受け「おめでとう。いずれはもらうと思っていたけど」とたたえた。

 妻美智子さんにも報告し、「研究ばかりやっていたのですけど、それを我慢して許してくれたので、それが支えとなった」と、感謝の気持ちを言葉にした。

 ニュートリノは、宇宙に存在する最も基本的な粒子の1つで、どんな物質もすり抜けるため謎が多い。岐阜県飛騨市の観測装置スーパーカミオカンデで「大気ニュートリノ」を観測。3種類あるニュートリノが飛行中に別の種類に変身する「振動」の現象を見つけ、1998年に発表した。

 振動現象はニュートリノに質量がある証拠で、長年の理論に修正を迫る歴史的な成果と評価されている。「1人でできるものではない。100人を超えるチームが1つの目標に向かう。受賞はその結果」と話すと、それまで上ずっていた声に力がこもった。

 同時受賞は、カナダの鉱山で同様の実験をしたカナダ・クイーンズ大のアーサー・マクドナルド名誉教授(72)。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約1億2000万円)を2氏で分ける。【上岡豊、松尾幸之介】

 ◆梶田隆章(かじた・たかあき)1959年(昭34)3月9日、埼玉県東松山市生まれ。県立川越高から埼玉大理学部物理学科、東大大学院博士課程修了。99年東大宇宙線研究所教授、08年から同研究所所長。家族は妻と1男1女。 




ノーベル化学賞に米英の3氏 日本人3日連続ならず
 日刊スポーツ(共同) - 2015年10月7日19時34分
 

 スウェーデンの王立科学アカデミーは7日、2015年のノーベル化学賞を、細胞内のDNA修復機構の研究で成果を挙げた英国のトーマス・リンダール氏と米国の2氏の計3人に授与すると発表した。新しいがん治療法の開発につながっている。

 授賞理由は「DNAの修復メカニズムの研究」。日本人の3日連続の受賞はならなかった。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約1億2000万円)を3氏で等分する。(共同) 




ノーベル文学賞にスベトラーナ・アレクシエービッチ氏
 日刊スポーツ(共同) - 2015年10月8日20時39分

 スウェーデン・アカデミーは8日、2015年のノーベル文学賞を、チェルノブイリ原発事故で被害を受けた人々の証言を集めたノンフィクション作品「チェルノブイリの祈り」などで知られるベラルーシの作家でジャーナリスト、スベトラーナ・アレクシエービッチさん(67)に授与すると発表した。

 新聞や文芸誌の記者を経て、第2次大戦で従軍したソ連の女性たちの証言を集めた「戦争は女の顔をしていない」で作家としてデビュー。多くの人々への取材を積み重ね、証言の集積をそのまま作品化し、社会の深層を描いてきた。(共同)

主な著作は「チェルノブイリの祈り」など/略歴
 ◆スベトラーナ・アレクシエービッチ
 1948年5月31日、ウクライナ生まれ。
父親の故郷であるベラルーシで育つ。ベラルーシの大学でジャーナリズムを学んだ後、記者に。作家としてのデビュー作は85年の「戦争は女の顔をしていない」。86年のチェルノブイリ原発事故で、苦しむ人々の声を集めた「チェルノブイリの祈り」などの作品が邦訳されている。著作はこれまでに約20カ国で出版された。(共同)



*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

 
関連記事
テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック