観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



阿蘇山が噴火 噴煙2千メートル レベル3に引き上げ
2015年09月14日(月)

 九州の中心 熊本県の阿蘇山中岳が結構規模の大きい噴火をして

黒煙を吐き 上空2千メートルに達したとみられる。

 火山灰を撒き散らすだけではなく、火山弾や火砕流の発生も考えられるという。

NHK-GTV_20150914_Aso-01.jpg
    画像は、全てNHKニュースから

 NHKなどのニュースによると 

噴火は阿蘇中岳第一火口と発表 気象庁
 NHK - 9月14日 10時04分
 今回の阿蘇山の噴火について、気象庁は、噴火速報を発表する前の午前9時43分の段階で「噴火が始まったのは阿蘇中岳第一火口で1000メートルの高さまで噴煙が上がっている。噴煙は北西の方向に流れている」と発表しています。
このあとも噴煙は上がり続けていて、気象庁は詳しい状況を調べています。 

      とのこと。

NHK-GTV_20150914_Aso-02.jpg
   NHK - 9月15日配信分

阿蘇山が噴火 噴煙2千メートル 
 レベル3に引き上げ 火口4キロを入山規制

 西日本新聞  - 2015年09月14日12時35分 (更新 09月14日 14時56分)
 

 



阿蘇山で噴火発生 警戒レベル3に引き上げ
 NHK総合TV - 2015年9月14日 12時06分


NHK-GTV_20150914_Aso-03.jpg


阿蘇噴火 県内でも降灰確認
 NHK福岡放送局 - 2015年09月15日 07時18分 : 追記


NHK-FK_20150914_Aso-01.jpg




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   



阿蘇山が噴火 噴煙2千メートル 
 レベル3に引き上げ 火口4キロを入山規制

 西日本新聞  - 2015年09月14日12時35分 (更新 09月14日 14時56分)
 

 14日午前9時43分ごろ、熊本県・阿蘇山の中岳第1火口(1506メートル)が噴火した。気象庁によると、噴煙が火口から高さ2千メートルまで上がり、大きな噴石が飛散するのを確認した。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、周辺自治体などでつくる「阿蘇火山防災会議協議会」は火口から半径約4キロを立ち入り禁止とした。熊本県によると、けが人は確認されていない。
 熊本県などによると、火口から約1キロにある阿蘇山ロープウエーの乗り場付近には観光客十数人がいたが、従業員も含めて全員が避難を完了。他の観光施設にいた観光客も下山した。現在のところ、建物被害の情報もない。立ち入り禁止区域に住宅はなく、周辺の阿蘇市、南阿蘇村、高森町は避難勧告などを出していない。
 気象庁によると、2千メートル級の噴煙は1994年12月以来。火砕流が発生した可能性もあるという。午後4時ごろにかけて、南阿蘇村と高森町などで多量の降灰が予想され、熊本市内でも降灰が見込まれるという。
 今後も同規模の噴火の可能性があり、火口から2キロ以内で噴石や火砕流の影響が及ぶ恐れがある。風下側では小さな火山れきにも注意が必要で、気象庁は警戒を呼び掛けている。
 気象庁は、従来の規模を上回る噴火時などに発表する「噴火速報」を8月の運用開始以来、初めて出した。阿蘇山が噴火警戒レベル3に引き上げられるのは、レベルの運用を始めた2007年以来初めて。
 政府は、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。山谷えり子防災担当相は「安全確保に万全を期すようにしてほしい」と述べた。
 阿蘇山は、小規模な噴火を受けて昨年8月に噴火警戒レベルが2に引き上げられ、火口から半径1キロが立ち入り禁止になっていた。昨年11月25日には21年ぶりにマグマ噴火を起こし、高さ千メートルを超える噴煙が続くなど、活動が活発化していた。マグマの移動に伴う山体膨張は3月ごろから停滞していたが、火山性地震などが多くなっていた。

=2015/09/14付 西日本新聞夕刊= 




阿蘇山で噴火発生 警戒レベル3に引き上げ
 NHK総合TV - 2015年9月14日 12時06分
 

 14日午前、熊本県の阿蘇山で噴火が発生し、噴煙が火口から2000メートルまで上がり、火口周辺で大きな噴石が飛んだのが確認されました。気象庁は「火口周辺警報」を発表して噴火警戒レベルをレベル2から入山規制を示すレベル3に引き上げるとともに、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、14日午前9時43分ごろ、阿蘇山の中岳第一火口で噴火が発生し、噴煙の高さが火口から2000メートルまで上がり、火口周辺に大きな噴石が飛んだのが確認されました。
気象庁は午前9時50分に噴火速報を発表するとともに、今後も同じ規模の噴火が発生する可能性があるとして、午前10時10分に火口周辺警報を発表して噴火警戒レベルをレベル2から入山規制を示すレベル3に引き上げました。そのうえで、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけるとともに、風下では火山灰や小さな噴石に注意するよう呼びかけています。
阿蘇山では、その後も噴火が連続して発生していて、午後3時まで噴火が続いた場合、阿蘇市と南阿蘇村で多量の降灰が予想されているほか、高森町でやや多量の火山灰が予想されています。
気象庁は午前11時半から記者会見し、「今回の噴火では噴煙が水平方向にも広がっていて、火砕流が発生した可能性がある。阿蘇山では今後も同じような規模の噴火が発生するおそれがあり、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するとともに、風下では火山灰や小さな噴石に注意してほしい」と呼びかけています。
熊本県の阿蘇山は複数の山からなる活火山で、最も高い高岳は標高が1592メートルです。去年11月に中岳第一火口でマグマ噴火が起きて以降、活発な噴火活動をくり返し、ことし5月末に噴火はいったん停止しましたが、先月8日に再びごく小規模な噴火が発生し、今月も3日と10日、それに11日にごく小規模な噴火が発生していました。
専門家 昭和54年の噴火以来の規模
阿蘇山の噴火について、京都大学の石原和弘名誉教授は「今回の噴火は火口周辺の堆積物が何らかの原因で一気に噴出したとみられる。阿蘇山としては昭和54年の噴火以来の規模で映像から見るかぎり、黒煙が火口からかなり広い範囲に及んでいて、火砕流も発生している可能性があると考えられる」と話しています。
また、阿蘇火山博物館の須藤靖明学術顧問は、「阿蘇山では、今月11日に小規模な噴火が発生して以降、火山性微動の振幅が大きくなっていた。火山灰などを確認しないと詳しいことは言えないが、今回の噴火にはマグマが関与した可能性がある」と話していました。




阿蘇噴火 福岡県内でも降灰確認
 NHK福岡放送局 - 2015年09月15日 07時18分 : 追記
 

 14日の阿蘇山の噴火で火口から60キロ以上離れた筑後市や八女市でも噴火による火山灰が降ったことがわかりました。
熊本県の阿蘇山は14日午前9時43分に中岳第一火口が噴火し、噴煙が一時2000メートルまで上がりました。福岡管区気象台によりますと、上空からヘリコプターで観測した結果、火口から
▽南東におよそ1点3キロ、
▽北東におよそ1キロの範囲で
火山れきや火山灰が積もっているのが確認されました。
その後、気象台が周辺の自治体で現地調査や聞き取りを行ったところ、火口の西側を中心に広い範囲で火山灰が降ったことが確認され、福岡県内でも、
▽北西におよそ60キロ離れた
 八女市星野村や
▽北西に60キロ以上離れた
 筑後市でも灰が降ったことが
 わかりました。
火口周辺の上空1500メートルの風向きは15日午前9時には
南東の風1メートルと予想されていて、火口から離れた地域でも
灰が降るおそれがあるとしています。阿蘇山ではその後も連続して噴火が発生していて、気象台は
今後も同じ規模の噴火が発生するおそれがあるとして中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では
大きな噴石や火砕流に警戒するとともに、風下では火山灰や小さな噴石に注意するよう呼びかけています。






音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   
関連記事
テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック