観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



太宰治:「芥川賞」泣訴の書簡見つかる 佐藤春夫宛て巻紙4m(毎日)
2015年9月8日(火)

 今日は、特に身近なニュースが無いので、昨日大きな話題となった太宰治の

『芥川賞を俺にくれ~-- !』 の巻紙4メートル超の佐藤春夫当てた手紙の件。

Mainichi-20150907_001.jpg
   佐藤春夫に宛てた太宰治の手紙。「伏して懇願申しあげます」
   と悲痛な願いがつづられている = 竹内幹撮影
   毎日新聞 - 2015年09月07日

 この毎日新聞によると・・・ 

 毛筆で<第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、伏して懇願申しあげます><佐藤さん、私を忘れないで下さい。私を見殺しにしないで下さい>などと書かれ、芥川賞を切望しながら受賞できなかった太宰が、佐藤に泣訴する様子が生々しく読み取れる。

      とのこと。

 ちょうど、この9月から NHK-ETVの『100分 de 名著』 が 【太宰治・斜陽】 を
取り上げていて、テキストも購入し、先日の第1回目を録画で見た処。

       100punDazai.jpg

 この最終回には、芥川賞を受賞した太宰治オタクの又吉直樹さんもゲストで出る!

 既に収録が終わっていたら、この手紙の話題は出ないかも知れないが、まだだったら
この手紙をネタに大きく話題が広がるかも知れない。 

『100分 de 名著』 NHK - Eテレ(教育)
第4回 「太宰治」の中にはすべてが入っている 
【放送時間】
 2015年9月23日(水)午後10:00~10:25/Eテレ(教育)
【再放送】
 2015年9月30日(水)午前6:00~6:25/Eテレ(教育)
 2015年9月30日(水)午後0:00~0:25/Eテレ(教育)
【ゲスト講師】
 高橋源一郎 … 作家、明治学院大学教授。
  代表作「さようなら、ギャングたち」「優雅で感傷的な日本野球」など。
【朗読】
 伊勢佳世 … 俳優。映画「プライド」、ドラマ「チームバチスタ3」等に出演。
【ナレーション】
 加藤有生子
【スペシャルゲスト】
 又吉直樹(お笑いタレント) … 小説「火花」で第153回芥川賞受賞。



【関連記事】

太宰治:「芥川賞」泣訴の書簡見つかる 佐藤春夫宛て
 巻紙4メートル 「私を見殺しにしないで」

 毎日新聞 - 2015年9月7日(月) 


太宰治:自信と焦燥、必死の太宰
 芥川賞切望の手紙 安藤宏・東京大教授の話

 毎日新聞 - 2015年9月7日(月) 


太宰治:佐藤春夫への初の手紙「バンザイ口から出さうで」
 毎日新聞 - 2015年9月7日(月) 14時02分 


太宰治:芥川賞切望の手紙 自信と焦燥、必死の太宰
 佳い作家に成れます/いのちをおまかせ申しあげます

 毎日新聞 - 2015年9月7日(月) 


ことば:芥川賞事件
 毎日新聞 - 2015年9月7日(月) 
 

 ◇芥川賞事件

 第1回の芥川賞に落選した太宰治は、選考委員の川端康成の選評に対して「刺す。そうも思った」と思い詰めた心情で反論し、その後も佐藤春夫との芥川賞を巡るやりとりを一方的に暴露するなどした。
 太宰は、佐藤から芥川賞を「おまえほしいか」と問われたとの一文を書いたが、佐藤は実名小説を通じて太宰のこの行いを「妄想」だと断じた。
 太宰の芥川賞への執着が文壇を巻き込んで引き起こした事態は、のちに「芥川賞事件」と呼ばれるようになった。




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   
太宰治:「芥川賞」泣訴の書簡見つかる 佐藤春夫宛て
 巻紙4メートル 「私を見殺しにしないで」

 毎日新聞 - 2015年9月7日(月) 
 

 作家、太宰治(1909〜48年)が、当時芥川賞選考委員の一人で師弟関係にあった作家の佐藤春夫(1892〜1964年)に、芥川賞の授賞を懇願していた手紙が見つかった。

 長さ4・1メートルに及ぶ巻紙には、毛筆で<第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、伏して懇願申しあげます><佐藤さん、私を忘れないで下さい。私を見殺しにしないで下さい>などと書かれ、芥川賞を切望しながら受賞できなかった太宰が、佐藤に泣訴する様子が生々しく読み取れる。第一級の資料が約80年間、人目に触れず保存されていたことに、専門家からは驚きの声が上がっている。

 佐藤の遺品を整理していた河野龍也・実践女子大准教授(日本近代文学)が発見、確認した。佐藤は実名小説「芥川賞」(36年)のなかで、この手紙の一文<……伏して懇願……>を引用していた。だが、文面があまりに直接的で手紙の現物が見つかっていなかったため、存在は研究者の間でも疑問視されてきた。一部で佐藤のフィクションとみられていた逸話が、事実として裏付けられた。

 太宰から佐藤へ芥川賞を請うた書簡としてはこれまで、今回の手紙の8日後に出した<芥川賞をもらへば、私は人の情に泣くでせう>と書いたものが広く知られていた。

 この頃の太宰は、文壇デビューを果たしていたものの自殺未遂を起こし、東大も中退。パビナール(鎮痛剤)中毒で借金もかさむ不安定な精神状態にあった。

 手紙は36年1月28日付。当時太宰は26歳。佐藤は43歳にして大家だった。太宰は前年の第1回芥川賞の候補になりながら落選、第2回の選考会が目前に迫っていた。太宰は前年、佐藤に才能を評価されて以降、親密な関係を続けていた。

 河野准教授は手紙の発見を「文学史上、欠けていた重要な部分が埋められた」と位置づけ、「太宰が相当に切羽詰まっていたことがよく分かる。プライドの高い太宰がここまですがるのは、2人の信頼関係の証しとも言える」と話している。また、太宰から佐藤に宛てた別の書簡2通も今回、新たに発見された。

 見つかった書簡の全文は、10月発売の「佐藤春夫読本」(勉誠出版)に掲載される。また11月には佐藤春夫記念館(和歌山県新宮市)での展示が予定されている。【棚部秀行】





音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   
関連記事
テーマ:芥川賞受賞作 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック