観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



映画 【ビリギャル】 を見ました! 【蟹工船】や「ブラック企業」 も出てきて!
2015年5月30日(土)

 JR博多シティのT-JOYで 映画 【ビリギャル】 を見ました!

 それほど期待して見に行った訳ではなかったのですが、
 中々良い映画でした。 是非御覧ください!

Birigal-Top.jpg

 エスカレーター式・私立高校で全く勉強せず、遊び回っていたビリギャルが、
母(吉田羊)や予備校の超プラス思考の講師(伊藤淳史)に励まされて、
慶應義塾大学を目指すと云う話し。

 吉田羊さんは、NHK朝ドラ【純と愛】 でのホテル上司役以来、ドラマ・
CM・映画などに大活躍! 先日見た【脳内ポイズンバリー】 でも重要な役!
この映画でも、主人公(ビリギャル)を信じて支える熱い母親を演じてます。

 主人公の工藤さやか に扮するのは NHK朝ドラ 【あまちゃん】 で
母親・天野春子の少女時代を演じて脇役ながら注目された 有村架純

Birigal-Intro-1.jpg

 コミックが原作のようなので、実際にあった話か希望的創作かは
私は知りませんが、教育とは何か?! を問う良い作品でした。

 この種のコミックでは、東大入試の傾向と対策&テクニックを
紹介した 【ドラゴン桜】 が有名ですが、切り口は相当違う!

 【ビリギャル】 では、テクニックを教えるより学ぶ喜びを教えると云う
側面が重視され、より『教育的』であったと思います。

 その上、脚本に社会派的側面も。

 主人公・工藤さやか が読書に目覚めて読んでいる本が
小林多喜二の 【蟹工船・党生活者】
 そしてプロレタリアートの闘いに感銘を受け、講師の坪田義孝に
感動を語ります。

 また、講師の坪田が慶應義塾大学入試にある「論文試験」に向けて
ニュースも目を向けておくよう促すと、「ブラック企業」 問題に目を向け
学んだ実態を語ります。
 表向き良いものを安く売っていて社会貢献で評価されている
『優良企業』 が、実は 「ブラック企業」 であったことを熱烈に
話すのです。

 そこで、講師の坪田が教える内容が凄い!(要旨)
「ニュースは、どこを切り取って報道するかで世論は大きく変わる
 いろんな意見を良く聞いて判断しなければならない」
 (録音していた訳ではないので、一字一句そのままではありません)

 ビリギャルの学んだ本が 【蟹工船・党生活者】であり、
見たニュースが、、「ブラック企業」 問題であると云うのは
偶然ではなく、当然脚本家や監督の思い入れだと思います。

 そういう側面でも優れた映画でした。

 観客数は、80名前後に見えました (数えた訳ではありません)。
 5月1日初日からほぼ1ヶ月過ぎているのに 『結構な入り』 でした。 



   Movie Walker による作品紹介 

 学年ビリのギャルがたった1年で偏差値を40も上げて慶應大学に現役合格した実話をつづり、ベストセラーとなった書籍 を 『ストロボ・エッジ』 の有村架純主演で映画化した青春ストーリー。
 素行不良で何度も停学を経験したヒロインが塾の講師と運命的な出会いを果たし、仲間に支えられながら、慶應大学合格という大きな目標に挑む姿が描かれる。 
⇒ 引用者注 : 実話だったんですね! 

*************
 製作年 : 2015年
 製作国 : 日本
 配 給 : 東宝
 上映時間 : 117分
*************

【ビリギャル】 公式サイト

【あらすじ】
 名古屋の女子高に通う工藤さやか(有村架純)は、勉強は一切せず友達と朝まで遊びながら過ごす毎日。
 このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃん(吉田羊)は、さやかに塾へ通うことを提案する。
 金髪パーマ、厚化粧、耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しルックというギャル全開の姿で入塾面接に現れたさやかに一瞬面食らう教師の坪田(伊藤淳史)。しかし、見た目は派手でも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、慶應大学への受験合格を約束するのだった。
 ところが当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、高校2年生にして小学4年生の学力しかない。
 そんな彼女の教室大爆笑の珍解答の連続にも「君の発想は天才級だね」と坪田は褒めるのだった。
 どうやって生きてきたのか理解できないほど知識の欠如を抱えるさやかであったが、坪田だけはこの愛すべきアホぶりの中に凄い可能性が秘められていると踏んだのだ。
 当初はノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやかは、当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たる。だがやがて自分のために必死になる坪田の姿を見てガッカリさせないために、そして愛情を注ぎ応援してくれる母のために、さやかファンの不良少年・森玲司(野村周平)の励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていく……。

【キャスト・スタッフ】
 役 名 (続柄) : 配  役
工藤さやか(主役) : 有村架純
工藤龍太(弟) : 大内田悠平
工藤まゆみ(妹):  奥田こころ
工藤あかり(母) : 吉田羊
工藤 徹(父) : 田中哲司

峯岸 誠(塾長) : あがた森魚
坪田義孝(塾講師) : 伊藤淳史
森 玲司(塾生) : 野村周平
本田美果 : 松井愛莉

西村 隆(高校教師) : 安田顕
岡崎結衣 : 阿部菜渚美
香川真紀 : 蔵下穂波

監 督 : 土井裕泰
脚 本 : 橋本裕志
原 作 : 坪田信貴
エグゼクティブプロデューサー : 渡辺正一
プロデューサー : 那須田淳 、 進藤淳一
撮 影 : 花村也寸志
美 術 : 五辻圭
装 飾 : 折戸美由紀
音 楽 : 瀬川英史 、 瀬川英史
主題歌 : サンボマスター

 


 下の写真は映画と関係ない、今夜の晩御飯。



    JR博多シティB1F 日本料理 『かじ』 の 玄海膳(梅) 1008円(税込)



    JR博多シティ に改装前の旧・名店街からの老舗らしい!

 晩御飯後、もう一本映画を見て、午後9時過ぎに映画館を出たら
小笠原諸島を震源とする M-8.5 の強くて大きな地震が発生したと云う
ニュースが流れていてビックリした!

 人命被害は今の処 出ていないようですが、エレベーターや高層階に
取り残された人々は、東京・横浜などで相当出たとか・・・

【地震情報】小笠原や神奈川県東部で震度5強 M-8.5
 JUNSKYblog2015 - 2015年5月30日(土) 




音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

 

 
関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック