観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



映画 【駆け込み女 と 駆け出し男】 を見ました!
2015年5月23日(土)

 井上ひさしさんの遺作ともなったと云う 「東慶時 花だより」を原作とし
原田眞人監督が脚本も手掛けた

時代コメディ映画 【駆け込み女 と 駆け出し男】 を見ました!

kakekomi-movie_Top.jpg

 さすがに、井上ひさしさん、時代考証や裏付け調査など綿密に行われている
ように思われる話の展開でした!

 東慶時で離婚成立までの2年間の年季奉公をするかどうか決まる
『判決』 が出る前に宿舎となる御用宿では、働かなくてはならないのですが
支度金の額によって、『お姫様扱い』 から下働きまで階層があるというのも
リアルな話でした。
 主人公の二人、じょご(戸田恵梨香)は、下働き。
お吟(満島ひかり)は軽作業だけの『お姫様扱い』。 
 それでも心で支えあって生活する二人でした。

 水野忠邦と、その手下・鳥居耀蔵による庶民文化を大弾圧した「天保の改革」
で洒落本や戯作本の 『焚書』 も描かれていました。

 中々良い作品でした。 お勧めします。

 東慶時(尼寺)の住職(院代)・法秀尼を演じる美形の女優さんが誰だろうか?
と思案していましたが、エンドクレジットで 陽月華さんであることが判りました。 
宝塚の娘役TOPだった方です。
 娘役の時の可愛いいイメージとは全く変わって、凛とした美しさでした! 
 キャスト一覧を見ると、同じく宝塚の娘役TOPだった 大鳥れい さんも
出演されていたようですが、気付きませんでした (^_^;)

kakekomi-movie_ChartM.jpg

   【駆け込み女 と 駆け出し男】 公式サイト



   Movie Walker による作品紹介 

 井上ひさしの時代小説を原案にした、江戸時代の離婚事情をつづる、大泉洋主演のコミカルな時代劇。幕府公認の駆込み寺・東慶寺にある御用宿で離婚を懇願する女たちから聞き取り調査を行う男たちと、さまざまな事情を抱えた女たちとのユニークなやりとりが描かれる。戸田恵梨香や満島ひかりが“駆込み女”を演じる。
予告編動画を見る

**********
 製作年 2015年
 製作国 日本
 配給 松竹
 上映時間 143分
**********

【あらすじ】
 鎌倉にある東慶寺は、江戸幕府公認の駆込み寺だった。離縁を望む妻がここに駆け込めば問題解決に向け動く拠り所だった。駆け込んだからといってすぐには入れず、まずは御用宿で仔細の聞き取りがされる。御用宿の柏屋に居候する医者見習い兼駆出しの戯作者・信次郎(大泉洋)は柏屋の主人・源兵衛(樹木希林)とともに、様々な事情を抱えた男女のもつれをほどき、女たちの再出発を支えていく。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
中村信次郎 : 大泉洋
じょご : 戸田恵梨香
お吟 : 満島ひかり
戸賀崎ゆう:  内山理名
法秀尼 : 陽月華
お勝 : キムラ緑子
利平 : 木場勝己
おゆき : 神野三鈴
重藏 : 武田真治
鳥居 : 北村有起哉
近江屋三八 : 橋本じゅん
石井与八 : 山崎一
情拙 : 麿赤兒
風の金兵衛 : 中村嘉葎雄
源兵衛 : 樹木希林
堀切屋三郎衛門 : 堤真一
曲亭馬琴 : 山崎努
おせん : 玄里
おゆき : 神野三鈴
法鈴尼 : 赤間麻里子
法光尼 : 大島れい
為永春水 : でんでん
鼻山人 : 井之上隆志
渓斎英泉 : 山路和弘
玉虫 : 宮本裕子
お種 : 松本若菜
田の中勘助 : 松岡哲永
老中・水野忠邦 : 中村育二

監督 : 原田眞人
脚本 : 原田眞人
原案 : 井上ひさし
撮影 : 柴主高秀
美術 : 原田哲男
音楽 : 富貴晴美
録音 : 鶴巻仁
照明 : 牛場賢二
編集 : 原田遊人
衣裳デザイン : 宮本まさ江 

 

kakekomi-movie_Chart.jpg
 


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************

 

 

関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック